資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

知的財産管理技能検定

知的財産管理技能検定

形は無くとも、価値ある創造物、例えば発明、著作物、意匠などを総称して知的財産と呼びます。それら知的財産の管理を行う技能と知識を有していることを認定する資格試験が「知的財産管理技能検定」です。

知的財産管理技能検定資格ガイド どんな仕事・資格?

形は無くとも、価値ある創造物、例えば発明、著作物、意匠などを総称して知的財産と呼びます。それら知的財産の管理を行う技能と知識を有していることを認定する資格試験が「知的財産管理技能検定」です。2004年から実施されてきた民間試験「知的財産検定」が2008年7月に国家試験へと移行され、名称も新しくなりました。知的財産権を他から侵害されないよう保護すること、そして逆に他の権利を侵害しないよう管理する仕事です。

活躍の場

知的財産管理技能検定は、知的財産に関する技能があることを認定する資格試験で、弁理士のように業務独占資格ではありません。しかし、企業や団体の中には、特許業務をはじめとする知的財産管理を内部法務部や知的財産部で行っており、そのような部署で、必要とされる人材です。音楽やゲーム、ソフトウェア開発業界、発明や技術開発を行うメーカーなどの業種の他、農業においても知的財産は存在し、活躍の場は多種多様です。

気になる将来は?

物質資源の少ない日本にとって、人々のアイディアや研究から生まれる創造物、すなわち「知的財産」は、何よりの資源です。2002年、日本は知的財産を国際社会における国家戦略として積極的に取り組み、施策を講じると発表。知的財産を生み出す人材の育成をはじめとする推進化計画を現在も行っている最中です。国内の企業および団体も知的財産について見直す時期にきており、その技能や知識を持った人材に対する期待は高まっています。

試験データ

項目 内容
資格・試験名 知的財産管理技能検定
試験区分 国家資格
主催団体 一般社団法人 知的財産教育協会
受験資格 各等級ごとに、受検資格が設けられています。
いずれか1つに該当すればよいものとします。

【3級】
・知的財産に関する業務に従事している者または従事しようとしている者

【2級】
・知的財産に関する業務について2年以上の実務経験を有する者
・3級技能検定の合格者(※前々年度までの合格者が対象)
・大学または大学院で検定職種に関する科目について10単位以上を修得した者
・ビジネス著作権検定上級の合格者(※前々年度までの合格者が対象)

【1級】
・知的財産に関する業務について4年以上の実務経験を有する者
・2級技能検定の合格者で、知的財産に関する業務について1年以上の実務経験を有する者(※前々年度までの合格者が対象)
・3級技能検定の合格者で、知的財産に関する業務について2年以上の実務経験を有する者(※前々年度までの合格者が対象)
・大学または大学院で検定職種(1級)に関する科目について10単位以上を修得した者で、知的財産に関する業務について1年以上の実務経験を有する者
・ビジネス著作権検定上級の合格者で、知的財産に関する業務について1年以上の実務経験を有する者(※前々年度までの合格者が対象)
合格率 3級:学科60~70%程度、実技55~75%程度
2級:学科35~55%程度、実技30~60%程度
1級:学科10%前後、実技45~90%程度
出題内容・形式 【3級】
学科・実技試験
ブランド保護、技術保護、コンテンツ保護、デザイン保護、契約、エンフォースメント、関連法規
検定料 1級 学科試験 8,900円(非課税)
  実技試験 23,000円(非課税)
2級 学科試験 7,500円(非課税)
  実技試験 7,500円(非課税)
3級 学科試験 5,500円(非課税)
  実技試験 5,500円(非課税)
問い合わせ先 一般社団法人 知的財産教育協会
http://www.kentei-info-ip-edu.org/

試験に関するお問い合わせは協会HPの「お問い合わせフォーム」からのみ受付

知的財産管理技能検定の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 関東 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄
知的財産管理技能検定の関連資格
気象予報士 消費生活アドバイザー 知的財産管理技能検定 環境プランナー 社会起業家

おすすめスクールレポート