資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

脚本家(シナリオライター)

脚本家(シナリオライター)

主に映画や演劇などの脚本を執筆する仕事。脚本のできが作品の善し悪しを左右すると言われるほど、映像制作において重要なカギを握る仕事です。脚本は、既存の小説や漫画を脚色するケースと、自作のストーリーを執筆するケースがあります。

脚本家(シナリオライター)資格ガイド どんな仕事?

主に映画や演劇などの脚本を執筆する仕事。脚本というのは、俳優の台詞からカット割り、照明やカメラワークまで、制作過程で必要なあらゆるものを網羅した映像制作のベースとなるもの。脚本のできが作品の善し悪しを左右すると言われるほど、映像制作において重要なカギを握る仕事です。脚本は、既存の小説や漫画を脚色するケースと、自作のストーリーを執筆するケースがあります。

活躍の場

脚本家と言っても、執筆する脚本の対象はさまざまです。映画やドラマ、ビデオ、ゲーム、舞台など、世に流れている映像や演劇と呼ばれるものには、ほとんどの場合脚本が存在します。そのため活躍の場も、さまざま。映像制作会社やテレビ局、劇団、またフリーランスで仕事をしている人も少なくありません。また自ら劇団を旗揚げしたり、事務所を立ち上げて、主宰として、脚本家として活躍している人もいます。

必要な知識とスキル

脚本家に、資格や学歴は必要ありません。なにより視聴者や観客を魅了する構想力・表現力・文章力が必要です。脚本家になった人たちは、大学や専門学校の演劇映像学科、専門養成スクールを経てという人が少なくありません。しかし、デビューのきっかけは、脚本をシナリオコンテストなどに応募し、入賞したことという人が多いようです。見聞を広め、書き続けることと共に、コンテストなどの情報収集を常に行うことも大切です。

脚本家(シナリオライター)の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート