資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

Webライターの資格ガイド!仕事や働き方、収入などについてご紹介します!

Webライター

雑誌や新聞などのメディアに文章を書くライターと呼ばれる仕事のうち、Web媒体上でのライティングに特化した仕事です。
与えられたテーマ・目的に沿って取材やリサーチを行い、Web上で見られやすいよう構成・執筆して記事に仕上げます。

更新日:2021-02-25(公開日:2021-02-25)

Webライターとはどのような仕事?

Web媒体で執筆を行う仕事

企業などからの依頼をもとにWeb媒体へ掲載するための文章を執筆、記事に仕上げる仕事です。
作成された記事は企業のホームページやニュースサイトなど、Web上のさまざまな場所へ掲載されます。

さまざまな内容の記事作成を行う
依頼される記事の内容は多岐に渡り、テーマ・目的に沿って取材やリサーチを行う必要がある場合や、自身の専門分野を活かした執筆を求められる場合もあります。

Webライター講座・スクール比較

Webライターの働き方とは?

フリーランスとして働くケースが多い

Webライターは企業に雇用される場合もありますが、多くの方がフリーランスとして活躍しています。
案件はクラウドソーシングサイトなどを通して受注することができるので、初心者でも始めやすい仕事といえるでしょう。

場所や時間を問わずに働ける
Webライターの仕事はパソコンなどがあればどこでも行えるため、在宅ワークとしても人気が高まっています。
クライアントとのやりとりもメールやチャットツールを利用することが多く、場所も時間も選ばず働くことができます。

Webライター講座・スクール比較

Webライターの収入はどのくらい?

文字量や記事数によって異なる

Webライターの報酬は「1文字につき1円」などの文字単価制や「1記事につき5,000円」などの記事単価制となっている場合が多く、作成した文章量や記事の数によって収入も大きく変動します。

評価されれば単価アップの可能性も
月収はこなした記事の数や実力によって、数千円から数十万円まで多岐に渡るようです。
また、Webライターとしての実績を積むことで企業からの評価を受け、単価が上昇することも多いようです。

Webライター講座・スクール比較

Webライターに資格は必要?

資格がなくても問題ないが、実力を証明できる資格も

Webライターは資格がないとできない仕事ではなく、環境があればどなたでも始められる仕事です。
ですが、「WEBライティング実務士」など、Webライターとしての実力を証明できる資格もあります。

資格取得のメリット
・文章能力やSEOの知識などのスキルを習得できる
・クライアントからの信頼も獲得できるため仕事を依頼されやすくなる

以上のような大きなメリットがあります。
特に高収入を目指したい方は、スクール通学や通信講座などでWebライティングのスキルを身につけることをおすすめします。

Webライター講座・スクール比較

Webライターの資料請求

通信講座から探す

さらに詳しく

Webライターの関連資格
DTPデザイナー Webデザイナー WEBディレクター Dreamweaver(ドリームウィーバー) Fireworks Adobe Photoshop(フォトショップ) Adobe Illustrator 携帯、iPhone、スマートフォン サイト制作 InDesign・電子書籍 Webライター

関連特集

Webライター学校の一覧

おすすめスクールレポート