資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

調剤事務横浜市西区の講座一覧

調剤事務の通学講座を横浜市西区内で探すならBrushUP学びがとても便利です!通いやすい学校や教室がどこにあるのか一目でわかるマップと費用や期間が比較しやすい講座一覧が特徴です。現在横浜市西区内で受講できる3件の調剤事務講座を資料請求できます。

[ 続きを読む ]

横浜市西区の調剤事務の受講料金は、29,000円~。標準学習期間は、1ヶ月~です。
横浜市西区は、神奈川県横浜市のほぼ中央に位置し、横浜市の神奈川区・中区・南区・保土ケ谷区などに接しています。人口は96,753人で、全国418位(2013年3月時点。政令指定都市・特別区は、区ごとにカウント)。横浜市を構成する18の行政区の一つです。市内では東に位置するが、中区から分離した際に中区の西にあることから「西区」と命名されました。横浜市18区の中で面積が最も小さい区です。 横浜市西区以外の神奈川県にある調剤事務講座をお探しの場合は、下部のリンクから希望のエリアを選択してください。

調剤事務 横浜市西区

[ 神奈川県 ]

横浜駅 新高島駅 高島町駅

  • 3

調剤薬局事務のすべてが分かります!

【説明会参加で受講料10%OFF】調剤薬局事務講座説明会

  • 日本医療事務協会
  • 費用: 0
  • 期間:約0ヶ月
  • 土日開講 夜間開講
[横浜市西区]【説明会参加で受講料10%OFF】調剤薬局事務講座説明会の講座イメージ
  • エリア:横浜市西区(横浜,新高島,高島町)

日本医療事務協会では、調剤薬局事務のすべてが分かる無料説明会を開催しています。
説明会に参加すると、説明会割引が適用され、受講料が10%OFFになります。

【当日の内容】
○調剤薬局事務の仕事と魅力:人気急上昇の調剤薬局事務のお仕事。女性の注目を集める理由は?
○講座の特長:わずか3日で確実な資格取得ができる!医療系専門スクールならではのカリキュラムをご紹介します。
○合格保証制度:1年間は授業受け放題!急な用事や体調不良などのアクシデントがあっても安心です。
○就職サポート:3つの就職支援制 ...

検定合格率90.8%の大人気講座

【わずか3日で資格取得!】調剤薬局事務講座 通学コース

  • 日本医療事務協会
  • 費用: 41,800
  • 期間:約0.5ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講 就職支援
[横浜市西区]【わずか3日で資格取得!】調剤薬局事務講座 通学コースの講座イメージ
  • 資格:【調剤報酬請求事務技能検定試験】 30年以上の歴史があり、調剤薬局での請求事務業務に必要な知識と ...
  • エリア:横浜市西区(横浜,新高島,高島町)

★超高齢社会を迎え、調剤薬局事務の知識を身に付けた人材が医療の現場から広く求められています★
人口の4人に1人が65歳以上という超高齢社会を迎え、医療機関にかかる患者様数がますます増えています。
そんな中、厚生労働省が国の方針として「診療は病院で、薬の提供は調剤薬局で」といった「医薬分業」を推進することにより調剤薬局の数が増え、私たちの暮らす街でも多くの調剤薬局を目にするようになりました。
そこで欠かせない調剤報酬請求事務を担う「調剤薬局事務スタッフ」の必要性が高まっています。

3日間でかなえ ...

月々3,200円で学んで資格取得!保険調剤薬局での業務に即したカリキュラムで、効率的に学習!

調剤薬局事務講座

  • ニチイ/通学
  • 費用: 45,049
  • 期間:約2ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講
[横浜市西区]調剤薬局事務講座の講座イメージ
  • 資格:調剤報酬請求事務技能認定
  • エリア:横浜市西区(横浜)

保険調剤薬局での業務に即したカリキュラムで学習!!
保険調剤薬局の窓口(受付・会計)で必要な、受付応対と会計および保険請求事務の知識を習得し、調剤報酬請求事務技能認定資格を取得するコースです。
調剤薬局の事務はパート勤務も多いため、ライフスタイルにあわせて働け、子育て・家事と両立して仕事に出たい主婦の方にも最適です。

テキストでは、調剤報酬点数表を分かりやすく解説し、頻出される点数を点数マスターとしてまとめているので、効率よく学習を進めることが可能。
また、項目ごとの演習問題が掲載したマイベス ...

  • 3

通信

【通信】調剤薬局事務講座

  • ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』
  • 費用: 33,600
  • 期間:約2ヶ月
  • 分割 就職支援
【通信】調剤薬局事務講座講座イメージ
  • 資格:医療保険調剤報酬事務士  (※医療保険学院認定))

調剤事務スタッフは、受付けはもちろん薬剤・調剤料の算定、調剤報酬明細書を作成するなど幅広い業務を行います。確実に明細書を作成することが病院や薬局の安定に繋がる大事な仕事。
全国どこでも働け、勤務スタイルも柔軟、一生モノの資格・仕事として人気です。チーム医療が注目されつつある昨今、調剤報酬請求のノウハウはもちろん、さまざまな医療従事者とコミュニケーションできる実務に即した知識を習得します。

★POINT・1★調剤事務ソフト
ほとんどの調剤薬局で導入されている調剤コンピュータ。現場で使用されてい ...

通信

調剤薬局事務講座

  • ニチイ/通信
  • 費用: 36,667
  • 期間:約4ヶ月
  • 分割
調剤薬局事務講座講座イメージ
  • 資格:調剤報酬請求事務技能認定

保険調剤薬局での業務に即したカリキュラムで学習!!
保険調剤薬局の窓口(受付・会計)で必要な、受付応対と会計および保険請求事務の知識を習得し、調剤報酬請求事務技能認定資格を取得するコースです。
調剤薬局の事務はパート勤務も多いため、ライフスタイルにあわせて働け、子育て・家事と両立して仕事に出たい主婦の方にも最適です。

テキストでは、調剤報酬点数表を分かりやすく解説し、頻出される点数を点数マスターとしてまとめているので、効率よく学習を進めることが可能。
また、項目ごとの演習問題が掲載したマイベス ...

通信

テキストを見ながら自宅で受験できる!調剤薬局事務講座[6Q]

  • 生涯学習のユーキャン
  • 費用: 39,000
  • 期間:約3ヶ月
  • 分割
テキストを見ながら自宅で受験できる!調剤薬局事務講座[6Q]講座イメージ
  • 資格:調剤事務管理士(R)

――――――――――
★人気資格を3ヵ月で取得!
――――――――――
調剤薬局事務は、調剤薬局への就・転職に活かせる専門技能でありながら、試験の難易度が低く資格取得を狙いやすいのが特徴。家事や育児と両立しやすく、特に女性に人気です。当講座なら、ポイントを絞った速修カリキュラムで、わずか3ヵ月で資格取得を目指せます。

――――――――――
★試験は自宅でOK!
――――――――――
試験は在宅で受験できます。しかも試験は毎月実施!受講期間中に実施される試験であれば、お好きな試験月を選んで在宅受 ...

通信

【通信】調剤薬局事務+調剤事務コンピュータ講座

  • ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』
  • 費用: 39,700
  • 期間:約3ヶ月
  • 分割 就職支援
【通信】調剤薬局事務+調剤事務コンピュータ講座講座イメージ
  • 資格:医療保険調剤報酬事務士

「分かりやすい」、「習得しやすい」ところから学習をスタートするので、初心者の方でも安心。充実の添削課題で「医療保険調剤報酬事務士」合格までナビゲートする講座です。

調剤事務は、学習の要領さえつかめばそれほど難しくなく、初心者の方でも比較的早く実務担当になることができるお薦めのお仕事です。医療機関は、人間が生きる上で必要不可欠な施設ですので、好不況にあまり影響を受けません。 現在、調剤薬局の数は着実に増え続けています。また高齢化が進む現在、1人あたりの病医院や診療所の利用頻度もより高くなって ...

調剤事務関連エリア・ジャンル

市区町村
関東エリア
関連ジャンル

調剤事務の関連資格 × 横浜市西区

人気資格ランキング トップ3

1
これから介護のお仕事を始める方へ!

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)

介護の入門資格「初任者研修」を取得するなら、就職まで意識して安心できるスクールを選びたいですよね。BrushUP学びでは、スタッフが現地に足を運び、自信をもって紹介できる学校のみを紹介しています。選ばれたスクールの中から「最短で」「費用の安い」講座を探しましょう!

2
2013年スタート!介護福祉士受験に必須の新資格

実務者研修(介護福祉士養成)

実務者研修(介護福祉士養成)

実務者研修とは、幅広い利用者に対する基本的な介護提供能力の修得に加え、医療的ケアに関する知識及び技能の習得を目的として、2013年度に新たにスタートした研修です。

2017年1月試験より介護福祉士の受験資格に「実務者研修の修了」が追加され、介護業界で働いている・これから目指す方にとって、必須の資格になりました。

3
一般医薬品販売のプロ

登録販売者

登録販売者

登録販売者とは、2009年6月の薬事法改正によって誕生した、一般用医薬品の販売などを行うための資格です。医薬品全般を取り扱う薬剤師とは異なり、一般用薬品の中でも、第2類・第3類に限定して販売ができるのが登録販売者です。ドラッグストアや薬局にて、薬剤師が不在であっても情報提供を行えるように、という意味合いがこめられており、身近な専門家としての活躍が期待されています。また、近年コンビニエンスストアでの一般用医薬品販売も始まっていることから、今後さらにニーズが高まる資格と言えるでしょう。