資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

地方公務員上級

地方公務員上級

地方公務員上級試験は都道府県や政令指定都市など、地方公共団体の発展を担う幹部候補を採用する試験です。各都道府県によって試験内容が異なりますが、試験区分は、行政などの事務系と、電気・建築などの技術系に分かれているのが一般的。

関連特集

地方公務員上級資格ガイド どんな資格

地方公務員上級試験は都道府県や政令指定都市など、地方公共団体の発展を担う幹部候補を採用する試験です。地方公務員は、各都道府県によって試験内容が異なりますが、試験区分は、行政などの事務系と、電気・建築などの技術系に分かれているのが一般的です。また、試験の範囲が似ていることから、国家公務員II種と併願して受験する人が多いのも特徴です。一般的には地方上級試験の方が国家公務員II種より難しいとされています。

資格の活かし方

各都道府県や市町村の役所で一般事務に従事する以外に、公立学校の学校事務や県警察の本部・各署での警察事務などで勤務することもできます。不況が続く中、やはり注目されるのは福利厚生面での待遇の良さ。共済組合が支給する短期給付金や格安で住める公務員宿舎が用意されているなど、うらやましい話も少なくありません。若いうちは、3~4年ごとに転勤となるケースも多いですが、地方公共団体の管区内での異動となるため大掛かりな引越しにはなりません。

気になる将来は?

加速する地方分権や不況下の就職難を背景として、地方公務員上級試験には優秀な人材が殺到しています。学生だけでなく、社会人からの転職組みが増えているのが最近の傾向。また近年は、ある一定の年数以上(各自治体によって異なりますが、5年以上が一般的)、民間企業で勤務した人を対象に行われる募集制度、「民間経験者採用」もスタートしました。これからの公務員には、専門分野の知識・技術に加え、民間並の発想の柔軟性や経営感覚をもった人材が求められていくでしょう。

試験データ

項目 内容
資格・試験名 地方公務員上級
試験区分 国家資格
主催団体 各都道府県庁
受験資格 ※地域によって異なりますので、詳しくは受験する都道府県・政令指定都市にてご確認ください。
(1)22~29歳に設定している自治体が多い。一部自治体によっては34歳まで受験を認めている。
(2)受験時に大学卒業または卒業見込みの者。学歴は不問だが大学卒業程度の学力を有する者。
(3)以下に該当する場合は受験不可。
日本国籍がない者(職種により受験できる自治体もある)/禁治産者または準禁治産者/禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで、またはその執行を受けることがなくなるまでの者/当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過していない者
合格率 -
出題内容・形式 各地方自治体によって異なります。
【東京都職員】平成25年度採用試験
大卒程度試験:I類B採用試験 行政(一般方式)
第1次試験
・教養試験: 一般教養についての五枝択一式(40題必須解答)
・専門試験: 職務に必要な専門知識についての記述式(10題中3題選択解答)
・論文: 課題式(1題必須解答)

第2次試験 (第1次試験合格者対象)
・口述試験:主として人物についての個別面接
第3次試験 (第2次試験合格者対象)
・口述試験:主として人物についての個別面接
検定料 なし
問い合わせ先 ※東京都の場合
東京都人事委員会事務局試験室
http://www.saiyou.metro.tokyo.jp
〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1東京都庁第一庁舎N塔38F
TEL:03-5320-6952

地方公務員上級の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート