資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

ピアノ

ピアノ

子供が習うイメージの強いピアノですが、大人になってから趣味としてはじめる人も多い、たいへんポピュラーな楽器です。上達すれば、音楽教室が開催する発表会での演奏だけでなく、コンテストなどにも参加が可能になります。

ピアノ資格ガイド 学べること・学び方

子供が習うイメージの強いピアノですが、大人になってから趣味としてはじめる人も多い、たいへんポピュラーな楽器です。ピアノ教室に通って学ぶのが一般的で、教室によって個人レッスン、グループレッスンがあり、さらに初級・中級・上級というようにいくつもの段階に分かれて学ぶのが特徴です。上達すれば、音楽教室が開催する発表会での演奏だけでなく、コンテストなどにも参加が可能に。プロ奏者には80歳以上という方もいる、息の長い楽器でもあります。

はじめるにあたって

ピアノの価格はその種類によって差があります。目安として、グランドピアノであれば100万円前後、アップライトピアノであれば40〜70万程度、電子ピアノであれば5〜20万程度の価格となります。また自宅にピアノを置くスペースがあるか、ピアノを弾いても迷惑にならない環境か、という点も重要です。最近はピアノ教室ではグランドピアノを弾き、自宅での練習では消音のできる電子ピアノを使う、という人も増えているようです。

豆知識

ピアノは購入後も適切な管理が必要となる楽器です。温度・湿度の変化によって金属の弦が延びれば音程は低く下がり、反対に弦が縮めば高くなります。木やフェルト部品に湿気が多く含まれれば音色はこもり、反対に乾燥すれば硬くかわいた響きになります。常に変わらない音を求めるのであれば、室内の温度・湿気には十分気を配りましょう。調律師が行う調律には1回2万円前後の費用がかかりますが、その際に管理状況を相談するのも良いでしょう。

ピアノの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
都道府県から探す 関東 九州・沖縄

おすすめスクールレポート