資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

演劇

演劇

演劇は多くの人がかかわる総合芸術ですから、演出・脚本・役者・音響・美術・大道具・小道具・照明など、多くの役割があります。演劇を志す人は小劇団や地方の演劇サークルに所属して活動します。

演劇資格ガイド 学べること・学び方

演劇は多くの人がかかわる総合芸術ですから、演出・脚本・役者・音響・美術・大道具・小道具・照明など、多くの役割があります。演劇を志す人は小劇団や地方の演劇サークルに所属して活動します。未経験者は、初心者向けの演劇ワークショップに参加したり、カルチャースクールの演技講座を受講するのも良いでしょう。舞台での発表を目標に、ボイストレーニングで発声を鍛え、ダンスやさまざまな身体表現の技を磨きます。

はじめるにあたって

練習では演技やダンスの振り付けをしますので、トレーニングウエアやジョギングシューズなど動きやすいものを用意します。本番の衣装は劇団で揃えるのが普通ですが、自分で用意する場合もあります。お金はスタジオ代、発声やダンス講師への謝礼、劇団の維持費などが必要です。また、公演当日に仕事の都合で役者が休んでしまっては一大事。舞台に穴など空けぬよう、仕事の日程をきちんと調節します。

こんな人がハマっています

学生時代に演劇部で活動していた人や、演劇を数多く観るうちに自分でも演じてみたくなった人、お気に入りの劇団のスタッフとして働きたい人などが劇団の門を叩きます。10代、20代はもちろん、比較的高い年齢層まで演劇を志す人口は広がっています。演劇人口は、若い層では女性が多く、主要メンバーが女性のみという劇団もあります。近年はプロを目指すというより、自己の表現として演劇を選ぶ人が増えているようです。

演劇の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
都道府県から探す 関東

おすすめスクールレポート