資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

演劇

演劇

演劇は多くの人がかかわる総合芸術ですから、演出・脚本・役者・音響・美術・大道具・小道具・照明など、多くの役割があります。演劇を志す人は小劇団や地方の演劇サークルに所属して活動します。

  

更新日:2021-05-08 (公開日:2017-09-04)

演劇資格ガイド

学べること・学び方

演劇は多くの人がかかわる総合芸術ですから、演出・脚本・役者・音響・美術・大道具・小道具・照明など、多くの役割があります。演劇を志す人は小劇団や地方の演劇サークルに所属して活動します。未経験者は、初心者向けの演劇ワークショップに参加したり、カルチャースクールの演技講座を受講するのも良いでしょう。舞台での発表を目標に、ボイストレーニングで発声を鍛え、ダンスやさまざまな身体表現の技を磨きます。

はじめるにあたって

練習では演技やダンスの振り付けをしますので、トレーニングウエアやジョギングシューズなど動きやすいものを用意します。本番の衣装は劇団で揃えるのが普通ですが、自分で用意する場合もあります。お金はスタジオ代、発声やダンス講師への謝礼、劇団の維持費などが必要です。また、公演当日に仕事の都合で役者が休んでしまっては一大事。舞台に穴など空けぬよう、仕事の日程をきちんと調節します。

こんな人がハマっています

学生時代に演劇部で活動していた人や、演劇を数多く観るうちに自分でも演じてみたくなった人、お気に入りの劇団のスタッフとして働きたい人などが劇団の門を叩きます。10代、20代はもちろん、比較的高い年齢層まで演劇を志す人口は広がっています。演劇人口は、若い層では女性が多く、主要メンバーが女性のみという劇団もあります。近年はプロを目指すというより、自己の表現として演劇を選ぶ人が増えているようです。

演劇の資料請求

都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
関東
演劇の関連資格
ピアノ ギター ボーカル 演劇 その他楽器 作詞・作曲 ピアノ調律師

おすすめスクールレポート

シカク情報部新着記事一覧
日本語教師として海外で就職するには?働くための制度を説明します/情報提供:KEC日本語学院様 日本語教師として海外で就職するには?働くための制度を説明します/情報提供:KEC日本語学院様 2021年05月07日
ドンピシャ!に気持ちいい 音とカラダが完全一致!リズムで鍛える、カラダと向き合う。 STRONG NATION™ ドンピシャ!に気持ちいい 音とカラダが完全一致!リズムで鍛える、カラダと向き合う。 STRONG NATION™ 2021年05月01日
世界で最も取得されているNASM™パーソナルトレーナーライセンスで、トレーナーになろう!! 世界で最も取得されているNASM™パーソナルトレーナーライセンスで、トレーナーになろう!! 2021年05月01日
マタニティマッサージやアロマを学んで、サロンで活躍できるセラピストに! マタニティマッサージやアロマを学んで、サロンで活躍できるセラピストに! 2021年04月28日
今すぐ始められる!日本語教育能力検定試験に必要な基礎知識を身につけよう!(e-ラーニング/通年) 今すぐ始められる!日本語教育能力検定試験に必要な基礎知識を身につけよう!(e-ラーニング/通年) 2021年04月28日

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:9時から21時

生徒募集にお悩みですか?
BrushUP学びオリジナル適職診断&おすすめ資格
BrushUP学び 学び・キャリア相談サービス