資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

フラワーデザイン・アレンジメント

フラワーデザイン・アレンジメント

ホテルやレストラン、デパートなど、人々が集うアメニティー空間をフラワーアレンジメントで心地よく演出する仕事です。必ずしも資格が必要ではありませんが、資格があればフラワーデザインの基礎があるとみなされて有利です。

フラワーデザイン・アレンジメント資格ガイド どんな仕事・資格?

ホテルやレストラン、デパートなど、人々が集うアメニティー空間をフラワーアレンジメントで心地よく演出する仕事です。必ずしも資格が必要ではありませんが、資格があればフラワーデザインの基礎があるとみなされて有利です。民間の団体が認定する資格は多数あります。初心者から段階的に受験できるのはフラワーデザイナー資格検定試験です。実務経験のある人には、各県の職業能力開発協会が検定するフラワー装飾技能士の資格があります。

活躍の場

フラワーショップでは花のアレンジセンスが売り上げを大きく左右するので確かな技術をもつことが証明できれば就職にも有利でしょう。お店によっては昇級につながる場合もあります。その他、ホテルやレストラン、ショップのディスプレイ、結婚式や各種イベントなど、活躍の場は多岐にわたります。能力次第ではフリーのフラワーデザイナーやフラワーコーディネーターとして独立したり、フラワーインストラクターとして教室を開くことも可能です。

こんな人が向いています

初心者がフラワーデザイナー1級を取得するには、早くても3、4年はかかります。スクールに通いながら1級取得を目指しましょう。就職先はフローリストはもちろん、将来の独立も視野に入ります。1990年開催「国際花と緑の博覧会」以来、フラワーデザイナーは一気にスポットライトを浴びた感がありますが、まだまだ参入の余地はあります。安く、品種も増えたフラワービジネスの現場では、デザインが大きな付加価値となっているのです。

試験データ

項目 内容
資格・試験名 フラワー装飾(フラワー装飾作業)技能検定
試験区分 国家資格
主催団体 中央職業能力開発協会
受験資格 受検する職種での仕事の経験年数(実務経験年数)によって受検できる等級が異なります。
1級:7年以上、2級:2年以上、3級:6ヶ月以上
合格率 -
出題内容・形式 実技試験と学科試験により行われ、両方の試験に合格することが必要です。
 ※実技試験か学科試験のどちらか片方のみ合格した方は、次回以降は不合格となった試験のみを受検し、合格することで、技能士となることができます。
出題内容
■実技試験
(1) 花束及びリボンの製作作業を行う。(試験時間35分)
(2) バスケットアレンジメントの製作作業を行う。(試験時間30分)
(3) ブートニアの製作作業を行う。(試験時間20分)
■学科試験
フラワー装飾一般、フラワー装飾作業法、材料、植物一般、安全衛生
検定料 学科試験受検手数料:3,100円
実技試験受検手数料:16,500円
問い合わせ先 中央職業能力開発協会
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html
〒160-8327
東京都新宿区西新宿7-5-25
西新宿木村屋ビルディング11階
(制度全般)TEL:03-6758-2859・2862
(受検申請受付)最寄りの職業能力開発協会まで

フラワーデザイン・アレンジメントの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート