資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーは、特殊加工を施し、水やりが不要で長期間保存可能という特長を持つフラワーアートです。最近では、花屋さんでも生花同様に販売されており、数多くの教室や通信講座も開かれ、女性を中心に人気を集めています。

プリザーブドフラワー資格ガイド 学べること・学び方

プリザーブドフラワー (preserved flower)は、特殊加工を施し、水やりが不要で長期間保存可能という特長を持つフラワーアートです。ドライフラワーとは異なり、生花のようなみずみずしさと色鮮やかさを保ったまま生き続けるので、ブーケやインテリアとして楽しむことができ、プレゼントとしても喜ばれます。最近では、花屋さんでも生花同様に販売されており、数多くの教室や通信講座も開かれ、女性を中心に人気を集めています。

はじめるにあたって

とにかく水気に弱いので、湿気のあるところは避けておきましょう。また紫外線によって褪色することがあるので、直射日光の当たらないところがベストです。プリザーブドフラワーの加工に使う特殊な保存溶液は、食用の着色料などを使用しているので身体に害はなく安全です。加工用溶液などは、花屋や通信販売などで購入することができます。初心者向けキットなども市販されているので、トライしてみてはいかがでしょうか。

豆知識

プリザーブドフラワーは、1991年フランスのヴェルモント社で生まれました。水やりが不要で、長期保存が可能なこの技術に注目したフラワーデザイナーが、作品に取り入れたことから世界に広まったと言われています。そして現在、様々な色を用いることができる保存溶液により、生花では不可能と言われる「青いバラ」を生み出すことをも可能にしました。また生花と違って、花粉アレルギーの心配がないという点でも注目されています。

試験データ

項目 内容
資格・試験名 フラワー装飾(フラワー装飾作業)技能検定
試験区分 国家資格
主催団体 中央職業能力開発協会
受験資格 受検する職種での仕事の経験年数(実務経験年数)によって受検できる等級が異なります。
1級:7年以上、2級:2年以上、3級:6ヶ月以上
合格率 -
出題内容・形式 実技試験と学科試験により行われ、両方の試験に合格することが必要です。
 ※実技試験か学科試験のどちらか片方のみ合格した方は、次回以降は不合格となった試験のみを受検し、合格することで、技能士となることができます。
出題内容
■実技試験
(1) 花束及びリボンの製作作業を行う。(試験時間35分)
(2) バスケットアレンジメントの製作作業を行う。(試験時間30分)
(3) ブートニアの製作作業を行う。(試験時間20分)
■学科試験
フラワー装飾一般、フラワー装飾作業法、材料、植物一般、安全衛生
検定料 学科試験受検手数料:3,100円
実技試験受検手数料:16,500円
問い合わせ先 中央職業能力開発協会
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html
〒160-8327
東京都新宿区西新宿7-5-25
西新宿木村屋ビルディング11階
(制度全般)TEL:03-6758-2859・2862
(受検申請受付)最寄りの職業能力開発協会まで

プリザーブドフラワーの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 九州・沖縄

おすすめスクールレポート