資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

PHP

PHP

PHPは、WEBシステムを構築する上で必要不可欠なプログラミング言語の一種、スクリプト言語です。Perl同様、テキストベースでプログラムを構築でき、簡単に動的なWEBコンテンツを作ることが可能。

PHP資格ガイド どんな仕事?

PHPは、WEBシステムを構築する上で必要不可欠なプログラミング言語の一種、スクリプト言語です。ブログや掲示板、検索システムの他、グループウェアなどを開発するために必要な言語。Perl同様、テキストベースでプログラムを構築でき、簡単に動的なWEBコンテンツを作ることが可能。商用サイトでも広く採用され、注目を集めています。またオープンソースで、入手も利用も無料、初心者にもトライしやすい言語と言えるでしょう。

活躍の場

WEB開発の場は、WEB制作企画会社だけではなく、規模の大小に関わらず一般企業にまで広まっています。特にPHPを使ったシステムは、一般的なWEBサイト上で活用できるものが多く、独自のWEBサイトを開発し、運用している企業でも広く活用され、その担い手であるWEBプログラマーに対するニーズは高まっています。求人数も多く、その採用条件としてPHPスキルを求められることも少なくありません。

必要な知識とスキル

PHPは、基本的にHTMLに埋め込む言語です。HTMLに関する知識やスキルは必須と言えるでしょう。そして、Linuxをプラットフォームに、UNIX系OSやWindowsで動作する高機能WEBサーバーのApache、世界中でも需要が高いデータベース管理システムMySQLと組み合わせて、システム開発を行うことが多く、これらについての知識とスキルがあれば、さらに仕事の幅は広がるでしょう。

試験データ

項目 内容
資格・試験名 PHP技術者認定試験
試験区分 民間資格
主催団体 特定非営利活動任意団体PHP技術者認定機構 
受験資格 特になし
合格率 上級:11.8%、初級:67.3%
試験開始より平成24年3月までの受験生の累計から算出
出題内容・形式 ■初級
・出題形式:選択式(複数または単一選択)
・出題内容:『初めてのPHP5』を主教材とし、一般的な知識やPHPオンラインマニュアルなどからも出題します。
教材の1章~ 14章までと、付録B、付録D、 追加1.、追加2.、追加3.が出題範囲となっています。
1章オリエンテーションと始めの一歩、2章テキストと数の操作、3章判定と繰り返しについて、4章配列の操作、5章関数、6章Webフォームの作成、7章データベースに情報を保存、8章クッキーとセッションでユーザを記憶、9章日付と時刻の取り扱い、10章ファイルの操作、11章XMLのパースと生成、12章デバッギング、13.8 クラスとオブジェクト(クラス定数も含む)、付録B 正規表現の基本、付録D PHP5.1とPDO、追加1.セキュリティ(各章からのポイントの集約や一般的な知識など)、追加2.出力バッファ(エラー処理。各章からのポイントも含む)、追加3.定数・予約語


■上級
・出題形式:選択式(複数または単一選択)
・出題内容:『プログラミングPHP 第2版』を主教材とし、一般的な知識やPHPオンラインマニュアルなどからも出題します。
教材の1章~15章、追加1~7が出題範囲となっています。
1章PHPについて、2章PHP言語の基本、3章関数、4章文字列、5章配列、6章オブジェクト、7章ウェブに関するテクニック、8章データベース、9章グラフィック、10章PDF、11章XML(&XML系で追加された関数)、12章セキュリティ、13章アプリケーションに関するテクニック、14章PHPの拡張、15章WindowsでのPHP、追加1(SPL(Standard PHP Library)、日付クラス、PEAR(管理系のコマンドなど))、追加2(名前空間、クロージャー、リフレクション、Late Static Binding)、追加3(JSON)、追加4(PDOとネイティブモジュールの違い、mysqlndドライバについて)、追加5(正規表現(pcre, posix, mbstring))、追加6(APD/Xdebug、memcache)、追加7(フィルター)
検定料 初級:12,000円、上級:15,000円
問い合わせ先 特定非営利活動任意団体PHP技術者認定機構 
http://www.phpexam.jp/


PHPの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート