お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

精神保健福祉士資格取得の最短ルートは?

> > 精神保健福祉士資格取得の最短ルートは?

2016.02.29
更新

精神保健福祉士資格取得の最短ルートは?

精神保健福祉士の資格を取得するには、国家試験に合格する必要があります。また、受験資格やルートもさまざまです。ここでは、一般大学卒と高卒の場合、福祉系大学卒もしくは社会福祉士資格を既に持っている場合に分けて受験資格を得られる最短ルートについて紹介します。

通信講座を探す

精神保健福祉士資格取得の最短ルートは?

一般大学卒の場合

保健福祉系ではない一般の大学を卒業したけれども、社会人になってから精神保健福祉士になりたいと思いはじめた人も多いでしょう。そのような人が精神保健福祉士になるためには、1年以上の一般養成施設等に通って国家試験を受けるのが最短ルートです。通信講座もありますので、働きながら精神保健福祉士の受験資格を得ることもできます。通学コースだと昼間部と夜間部があります。
どんな養成施設に通うのかは資料を取り寄せて比較検討してみるのがおすすめです。

また、一般大学に2年在籍、もしくは短期大学を卒業した実績があれば、保健福祉系の大学の通信部に3年次編入をすると、受験資格が得られる場合もあります。この場合は最低でも2年はかかりますが、同時に社会福祉士の受験資格が得られたり、養護教諭一種免許状・高等学校教諭一種免許状などもとれたりするため、このコースを選ぶ人もいます。金額も様々ですので、自分に合ったコースを比較検討するのがおすすめです。

高卒の場合

高卒で精神保健福祉士を目指す場合、保健福祉系の大学で指定科目を履修して卒業するのが国家試験を受けられる最短ルートです。順調に卒業できれば4年で受験資格が得られます。通信講座もありますので、社会人でも挑戦が可能です。相談援助の実務経験を4年経験して、一般養成施設等で1年以上受講することにより受験資格が得られる場合もあります。
その他、福祉系の短期大学を卒業して、更に2年の実務経験を積んでから半年以上の短期養成施設等を修了することで受験資格をとる方法もあります。この場合は、最低でも4年半かかります。短期大学が福祉系ではない場合、養成講座は1年以上受けなくてはなりませんので、最低でも5年かかります。

実務経験が積めるかどうかは不確実ですので、確実な方法をとるならば保健福祉系の大学に入学した方がいいでしょう。保健福祉系の大学を卒業すれば、社会福祉士の受験資格を一緒にとれたり、養護教諭一種免許状・高等学校教諭一種免許状がとれたりする場合もあります。

福祉系大学卒、社会福祉士の資格保有者の場合

保健福祉系の大学で指定科目を履修し卒業した場合、すでに国家試験の受験資格があります。その場合は、独学で受験勉強をするか、もしくは合格対策講座を受講して合格を目指すという方法があります。
通学コースの中には、2ヶ月のカリキュラムを組んでいるコースもあります。曜日もいろいろあるので、社会人でも受講が可能な場合が多いです。夜間に勉強できる通学コースもあります。

社会福祉士の資格を持っている方の場合は、6ヶ月以上の短期養成施設に通えば受験資格が得られます。なぜなら、社会福祉士の有資格者はすでに相談や援助についての専門知識を持っていると見なされるからです。社会福祉士と精神保健福祉士については、仕事の幅を広げるためにダブルで資格をとりたいという方も多いです。すでに社会福祉士の資格がある方には、精神保健福祉士の受験時に免除される科目があります。また、それらの科目はこの2つの資格共通のものですので、ダブル受験が可能になっていると言えます。

通信講座を探す

精神保健福祉士関連情報

スクールイベント情報
【平成29年度入学】 全国会場説明会開催!!学校法人藤仁館学園 専門学校高崎福祉医療カレッジ
通信講座を探す

給付金対応講座

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.