資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

ガイドヘルパー(移動介護従事者)宮城県の講座一覧

ガイドヘルパー(移動介護従事者)の通学講座を宮城県で探すならBrushUP学びがとても便利です!今開講しているおすすめ講座を一覧で比較しており、現在2件のガイドヘルパー講座を資料請求できます。費用や開講日程だけでなく、夜間・土日の対応、分割払いについて、教育訓練給付金の有無なども併せて確認するとよいでしょう。

[ 続きを読む ]

宮城県のガイドヘルパーの受講料金は、20,000円~。標準学習期間は、2日間~です。
宮城県は、東北地方の中心として発展し、岩手県・秋田県・山形県・福島県と接しています。人口は233万人 全国第14位で、県庁所在地は仙台市。人口は東北地方で最も多いです。ササニシキやひとめぼれなどの稲作や、大豆の生産が盛んです。漁業では石巻・気仙沼・塩釜などの漁港があり、全国上位の水揚げ量を誇ります。政令指定都市である仙台市内は、夏の平均気温が30℃以下、また冬の降雪量が少なく住みやすい気候になっています。 宮城県にあるガイドヘルパー(移動介護従事者)講座をお探しの場合は、下部のリンクから希望のエリアを選択してください。

ガイドヘルパー 宮城県

[ 他の都道府県を選択 ]

仙台市青葉区

  • 2

視覚障害の方の外出支援のプロに!

同行援護従業者養成研修(一般課程)(応用課程)

  • EDC医療福祉学院
  • 費用: 50,000
  • 期間:約1ヶ月
  • 土日開講 就職支援
[宮城県]同行援護従業者養成研修(一般課程)(応用課程)の講座イメージ
  • 資格:同行援護従業者(一般課程)(応用課程)修了証明書
  • エリア:宮城県(仙台市青葉区)

 視覚障害により、移動に著しい困難を有する障害者等に対して、外出時に、障害者等に同行して、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護、排泄及び食事その他の必要な援護に関する知識や技術を学びます。

 本研修では移動支援としての必要な知識や技術を基礎からしっかり身につけます。特に応用課程では地下鉄、バスの乗降体験や買い物、食事支援や階段やエスカレータの昇降を体験学習していただきます。

一般課程のみ、応用課程のみの受講も可能ですが、一般+応用課程で一体的に学んでいただくことがお薦めです。

全身性障害者の外出支援のプロに!

全身性障害者移動介護従事者養成研修

  • EDC医療福祉学院
  • 費用: 25,000
  • 期間:約1ヶ月
  • 土日開講 就職支援
[宮城県]全身性障害者移動介護従事者養成研修の講座イメージ
  • 資格:全身性障害者移動介護従業者課程修了証明書
  • エリア:宮城県(仙台市青葉区)

障害者総合支援法の制定により、身体に障害をお持ちの方が、自立的な社会生活を送ることができるように、より一層のヘルプサービスが求められるようになりました。

本研修では全身障害者ガイドヘルパーとして必要な知識や技術を短時間で身に付け、現場で活かすことを目的としてます。地下鉄の乗降体験や車椅子での街中への外出や買い物、階段やエレベーターの昇降等を体験的に学習し知識を深めます。

所定のカリキュラムをすべて履修すればわずか2日間で無試験にて宮城県知事指定修了証明書が交付されます。

  • 2

ガイドヘルパー(移動介護従事者)関連エリア・ジャンル

市区町村
北海道・東北エリア
関連ジャンル

ガイドヘルパー(移動介護従事者)の関連資格 × 宮城県

宮城県でガイドヘルパー(移動介護従事者)の講座数が多い市区町村ランキング

ガイドヘルパー(移動介護従事者)の資料請求者属性データ

性別 男:21.22%   女:78.78%  

年齢 19歳以下:1.45%   20-24歳:7.40%   25-29歳:5.79%   30-34歳:8.52%   35-39歳:9.16%   40-44歳:13.02%   45-49歳:14.31%   50-54歳:17.04%   55-59歳:12.86%   60-64歳:6.43%   65歳以上:4.02%  

職業 会社員:18.97%   公務員:0.00%   教員・団体職員:0.64%   自営業:3.22%   アルバイト・パート:16.72%   派遣・契約社員:3.86%   専業主婦:9.49%   高校生:0.32%   専門学校生:0.80%   短大生:0.00%   大学生/大学院生:5.31%   無職:4.02%   その他:7.56%   回答なし:29.10%  

地域 北海道・東北:4.34%   関東:66.24%   甲信越:0.64%   北陸:0.96%   東海:11.41%   近畿:9.00%   中国:0.96%   四国:0.16%   九州・沖縄:6.27%