資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

Linux(リナックス)

Linux(リナックス)

Linuxは近年注目を集めているオープンソースのOS。安価に高性能のシステムを構築できるために、大手ベンダーでも商品として続々と採用されています。Linux+はLinux関連業務に従事する技術者に必須の技術知識、スキル、問題解決能力を問うものです。

Linux(リナックス)資格ガイド どんな資格

Linuxは近年注目を集めているオープンソースのOS。UNIXの資産を受け継いでおり、安価に高性能のシステムを構築できるために、IBMなどの大手ベンダーでも商品として続々と採用されています。
Linuxに関する資格はLPIC(Linux Professional Institute Certification)というLinux技術者認定試験があります。LPICは世界共通の国際認定制度であり、公正なLinuxスキルの判断基準として国際的に認められています。 2009年5月末には全世界で22万人以上が受験し、7万人以上のLPIC認定者が生まれています。日本でもLinuxビジネスの活性化に伴い受験者が急増しています。

資格の活かし方

Linuxに関する高いスキルをつけることができ、自分のスキルを証明することができるようになります。今後もシェアの拡大が予想されるオープンソースOS、Linuxの技術レベルを評価する世界共通の資格なため、企業へのアピールにも有効です。

気になる将来は?

Linuxは政府や自治体の公共システムでの利用が決定したり、既存のシステムをLinuxに切り替えることを検討している企業も多く、今後も需要はさらに高まると思われます。また数多くのITベンダーが力を入れており、さまざまなサービスが展開されています。クライアントからの要望も大きく、Linux技術者は、ITベンダーや企業のシステム部門、通信関連企業などでニーズが高く、引く手あまたの状態です。

試験データ

項目 内容
資格・試験名 Linux技術者認定試験(LPIC)
試験区分 民間資格
主催団体 特定非営利活動法人 エルピーアイジャパン
受験資格 特にありません。※上位レベルに認定されるためには、 下位レベルの認定が必須です。
合格率 非公開
出題内容・形式 試験方式:コンピュータベーストテスト(CBT)です。
マウスによる選択方式がほとんどですが、キーボード入力問題も多少出題があります。

■LPIC1:101試験
・出題範囲:1)システムアーキテクチャ、2)Linuxのインストールとパッケージ管理、3)GNUとUnixコマンド、4)デバイス、Linuxファイルシステム、ファイルシステム階層標準

■LPIC1:102試験
・出題範囲:1)シェル、スクリプト、およびデータ管理、2)ユーザインターフェイスとデスクトップ、3)管理業務、4)重要なシステムサービス、5)ネットワークの基礎、6)セキュリティ

※ レベル1を取得するには101試験と102試験の2試験に合格する必要があります。

■LPIC2:201試験
・出題範囲:1)Linuxカーネル、2)システムの起動、3)ファイルシステムとデバイス、4)高度なストレージ管理、5)ネットワーク構成、6)システムの保守、7)ドメインネームサーバー

■LPIC2:202試験
・出題範囲:1)Webサービス、2)ファイル共有、3)ネットワーククライアントの管理、
4)電子メールサービス、5)システムのセキュリティ、6)トラブルシューティング

※ レベル2を取得するには201試験と202試験の2試験に合格する必要があります。

■LPIC3:301 Core Exam
・出題範囲:1)概念、アーキテクチャおよび設計、2)インストールおよび開発、3)設定、4)使用法、5)統合と移行、6)キャパシティプランニング

■LPIC3:302 Mixed Environment Exam
・出題範囲:1)概念、アーキテクチャおよび設計、2)Sambaのコンパイルとインストール、3)Sambaの設定と使用法、4)ユーザとグループの管理、5)CIFS、NetBIOS、およびActive Directoryとの連携、6)セキュリティとパフォーマンス

■LPIC3:303 No.303 Security
・出題範囲:1)暗号化、2)アクセス制御、3)アプリケーションセキュリティ、4)操作のセキュリティ、5)ネットワークセキュリティ

■LPIC3:304 Virtualization & High Availability Exam
・出題範囲:1)仮想化、2)ロードバランシング(負荷分散)、3)クラスタ管理、4)クラスタストレージ

※302〜304は専門家レベルの「Specialty」認定になります。「Specialty」認定を受けるには、LPICレベル3「Core」の認定を有している必要があります。
例)301と302に合格すると LPI-302 Mixed Environmentに認定されます。
検定料 LPIC1〜2:1試験あたり15,750円
LPIC3(301):1試験あたり31,500円
LPICレベル3(302〜304):1試験あたり21,000円
問い合わせ先 LPI-Japan事務局
http://www.lpi.or.jp/
〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-9 CR神谷町ビル 7F
03-3568-4482

Linux(リナックス)の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート