資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

プログラマ

プログラマ

システム設計書に基づき、プログラミング言語を用い、実際にプログラムを作り上げるのがプログラマの仕事です。作成したプログラムが正常に作動するかを検証し、テスト作業をくり返し行い、完成させるまでのプロセスを担います。

プログラマの仕事内容は? どんな仕事?

システムエンジニアが作成したシステム設計書に基づき、プログラミング言語を用い、実際にプログラムを作り上げるのがプログラマの仕事です。作成したプログラムが正常に作動するかを検証し、テスト作業をくり返し行い、完成させるまでのプロセスを担います。設計書はひとつでも、そのプログラムの書き方は三者三様。実行速度や利便性、メンテナンスのしやすいプログラムか否か、センスが問われる仕事でもあります。

活躍の場

専門学校や大学などで基礎知識を身につけた後、まずは、コンピューターシステムやソフトウェア開発会社などに正社員として勤めるのが一般的。未経験での採用も少なくありません。経験を積んだ後、派遣や契約社員として働く人、フリーや独立開業して仕事を請けおう人、更にキャリアアップして、システムエンジニアを目指すという人もいます。IT関連だけでなく、金融や流通、メーカーなどさまざまな業界で求められる人材です。

必要な知識とスキル

プログラミング言語を習熟していることは必須。言語によって、プログラミングする対象物も変わってくるので、どんな分野で活躍したいのかを考え、選択するとよいでしょう。必須の資格はありませんが、「基本処理技術者」、高度なプログラムやコンピューター関連の知識と技術を問われる「ソフトウェア開発技術者試験」などを取得していれば、強みになるでしょう。細かい作業をコツコツと行う仕事ですので何より根気が必要です。

給料・年収分析 プログラマの平均年収

厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」の結果、プログラマの平均年齢は、正社員の場合で32.7歳で、勤続年数が6.2年であることがわかりました。そして平均年収は、408万3500円で、年間ボーナスの平均は、49万4300円でした。国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円だったので、プログラマの年収は、日本人の平均所得に、近いことがわかります。ただし、プログラマの平均年齢は、30代前半です。同調査の発表では、30歳〜34歳のサラリーマンの平均年収は392万円でした。このことからプログラマの所得は、同世代の水準から見れば、やや高いことがわかります。

【正社員】
平均年齢 32.7歳
勤続年数 6.2年
労働時間 162時間/月
残業時間 17時間/月
平均月収 299,100円
賞与   494,300円
平均年収 4,083,500円
労働者数 83,790人

【パート】
平均年齢 40.1歳
勤続年数 6.5年
実労働日数 16.2日/月
1日の平均労働時間 6.1時間/日
平均時給 1,398円

出典:「平成27年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)
※平均年収については本統計データを加工して作成(きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額)

パートでプログラマとして働く

プログラマとしてパート勤務する場合、時給は1398円です。平成28年3月度の時点で、三大都市圏(首都圏・東海・関西)の平均時給は977円でした。時給が最も高い首都圏でも1019円なので、プログラマのパート勤務は、一般な仕事よりも高い時給が得られます。 プログラマの1日の平均勤務時間が6.1時間で、1ヶ月の平均勤務日数は16.2日です。平均的な勤務日数・時間で働いたとすると、13万8150円の月収になります。年収は、165万7804円です。パート勤務者の平均年齢が40.1歳と、正社員よりも年齢層が上がることから、家庭や子育て、親の介護、または別の仕事と両立しているプログラマが多いと考えられます。正社員の場合は、残業がありますが、パート勤務だと決まった時間内で働くことが可能です。また、自分のペースで働き続けることが出来ます。

キャリアパスについて

若手のうちから、プログラマとして、どのような経験を積んでいくかプランニングが必要です。というのも、プログラマの仕事は、会社にもよりますが作業量や負担が多く、どうしても若手社員が中心になります。またIT系の仕事で見ると、プログラマの収入は、システム・エンジニアやプロジェクト・マネージャーに比べると、低い水準となる場合も多くあります。このような背景により、プログラマから、システム・エンジニアやプロジェクト・マネージャー、コンサルタントに進む方も少なくありません。しかし、設計や営業、マネジメントではなく、プログラムの実装業務を専門的にしたい場合は、大手企業や外資系企業、または興味ある企業への転職が、更なる可能性を広げます。中堅以降、どのようなキャリアを積みたいのか。そのために必要な能力を、早期からどのように習得するのかを、一度考えてみましょう。

プログラマ講座・スクール比較

プログラマ学校の一覧

  • ヒューマンアカデミー/通学

    ヒューマンアカデミー/通学

  • オモドック・スクール

    オモドック・スクール

  • 東京ゲームデザイナー学院

    東京ゲームデザイナー学院

  • デジハリ・オンラインスクール

    デジハリ・オンラインスクール

  • パソコンスクール ISA

    パソコンスクール ISA

  • リカレントリナックスアカデミー

    リカレントリナックスアカデミー

  • システムアーキテクチュアナレッジ

    システムアーキテクチュアナレッジ

  • 全国展開のWinスクール:仕事と資格に強いパソコン教室

    全国展開のWinスクール:仕事と資格に強いパソコン教室

  • 総合学園ヒューマンアカデミー

    総合学園ヒューマンアカデミー

  • 新宿情報ビジネス専門学校

    新宿情報ビジネス専門学校

  • ITスクールAxiZ

    ITスクールAxiZ

  • 静岡キャリアアップスクール

    静岡キャリアアップスクール

  • 総合学園ヒューマンアカデミー大学部

    総合学園ヒューマンアカデミー大学部

  • 北海道情報大学 通信教育部

    北海道情報大学 通信教育部

  • KECコンピュータ学院

    KECコンピュータ学院

  • パソコンスクール アビバ

    パソコンスクール アビバ

  • KEN スクール

    KEN スクール

  • 神田ITスクール

    神田ITスクール

  • WEB塾 超現場主義

    WEB塾 超現場主義

  • ティップスパソコンスクール

    ティップスパソコンスクール

  • プログラマ講座の資料請求

プログラマの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート