資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

スポーツビジネス

スポーツビジネス

スポーツに関わる仕事には、スポーツ用品の企画・営業を担当するスポーツメーカースタッフ、ショップで商品販売を行うスポーツショップスタッフ、アスリートのトレーニング指導を行うスポーツトレーナーなど、さまざまな職種があります。

スポーツビジネス資格ガイド どんな資格・スキル

スポーツに関わる仕事には、スポーツ用品の企画・営業・マーケティングを担当するスポーツメーカースタッフ、ショップで商品販売を行うスポーツショップスタッフ、アスリートのトレーニング指導やコンディション管理を行うスポーツトレーナー、スポーツイベントの企画・運営を行うイベントプロデューサーなど、さまざまな職種があります。
スポーツでトップを目指す人、スポーツで健康増進を願う人、スポーツを見て楽しむ人。どの人をサポートしたいと思うかで、目標の定め方や活躍の仕方が変わってきます。

活躍の場

スポーツ用品の企画・営業・マーケティングを行うスタッフの活躍の場は、ずばりスポーツ用品メーカー。バイヤーや販売員の場合は、スポーツショップや輸入代理店。スポーツトレーナーは、スポーツクラブや体育専門学校の他、整骨院や鍼灸治療院などに籍を置き特定のスポーツ選手と契約して活躍することもあります。イベントスタッフは、スポーツ専門のイベント会社かスポーツ用品メーカーの企画部門での仕事が一般的です。

こんな人が向いています

スポーツビジネスに関わる人全てに求められるのは、やはりスポーツを愛する気持ち。「スポーツの楽しみや喜び、勝利の感動を分かち合いたい」という気持ちがこのビジネスを支えているからです。また、ルールや道具などスポーツ全般に関する知識、基本的な運動生理学や栄養学などの知識も必要です。
その上で、スポーツメーカースタッフには担当スポーツに関するより深い知識やトレンド分析力、トレーナーには予防医学やトレーニング理論に関する知識や指導技術、イベントスタッフには魅力的なイベントを立案・運営する企画力や交渉力などが求められます。

スポーツビジネスの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート