資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

フィットネストレーナー

フィットネストレーナー

フィットネストレーナーは、スポーツジムやフィットネスクラブなどで科学的な根拠に基づいて適切な運動指導、ならびに一人ひとりの体力や年齢、目的に合わせた運動プログラムの開発などを行います。

フィットネストレーナー資格ガイド どんな資格・スキル

フィットネストレーナーは、スポーツジムやフィットネスクラブなどで科学的な根拠に基づいて適切な運動指導、ならびに一人ひとりの体力や年齢、目的に合わせた運動プログラムの開発などを行います。
スポーツインストラクターの指導対象がアスリートであるのに対し、フィットネストレーナーは一般の、しかも幅広い年齢層の人々の運動指導をするのが特徴です。

活躍の場

民間のスポーツジムやフィットネスクラブ、公共の運動施設などに就職し、そこのスタッフとして運動指導に携わるのが一般的な活動スタイルです。
フィットネストレーナーになるのに特に資格は必要ありませんが、商業スポーツ施設への就職を目指す場合は「スポーツプログラマー」(文部科学大臣認定資格)や、ウェイトトレーニングやサーキットトレーニングの指導力・施設管理力を認定する「トレーニング指導士」(民間資格)などがあると有利でしょう。
近年では健康志向の高まりとともに個人のお客様と直接契約を交わし運動メニューの作成や指導にあたる「パーソナルトレーナー」として活躍する人も増えてきています。

こんな人が向いています

健康や運動全般に興味がある人、あるいは人と接したり人にものを教えたりするのが好きな人は、この仕事に向いているといえそうです。
プロのフィットネストレーナーとして活躍するには、健康指導を行うための知識とスキルが必須です。具体的には健康・栄養・運動などに関する知識、基本的なトレーニング理論、インストラクションスキル、コーチングスキルなどがあげられます。
またパーソナルトレーナーを目指す場合は、これらに加えて新しい顧客を開拓するマーケティングスキルや顧客を維持するコミュニケーションスキルも必要となります。

試験データ

項目 内容
資格・試験名 NESTA-PFT(NESTA公認パーソナルフィットネストレーナー)
試験区分 民間資格
主催団体 NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナーズ協会)
受験資格 ・NESTA JAPAN(あるいは医学映像教育センター)にてPFTテキストを購入済みであること
・CPR・AEDの技能に関して定期的なトレーニングを積んでいること
・次の(1)~(4)のうち、1つ以上の項目に該当すること
(1) 1年以上のパーソナルトレーナー・インストラクターなどの実務経験がある
(2) 1年以上の運動部指導、フィットネス企業勤務経験がある
(3) 体育系の大学・専門学校を卒業している
(4) NESTAの認定する養成講座、養成コースを受講済みである
合格率 50~60%
出題内容・形式 筆記試験のみ
120分 4択の選択式 全125問

▽試験範囲(NESTA PFT テキスト目次より)
NESTAパーソナルトレーニングシステム /運動生理学/キネオロジー(運動機能学)と機能解剖学/生体力学/柔軟性/栄養と代謝/特別な集団/評価/プログラム設計/エクササイズ実践/安全管理・けがの予防と救急措置/パーソナルトレーニングのビジネス/売上とNESTAシステム/成功の秘訣/
検定料 【認定試験を直接受験する場合】70,000円
【所定の講習を受講して受験する場合】118,000円/166,000円(※)
【E-Mail通信教育を受講して受験する場合】105,000円
○料金はテキスト代、事前講習受講料、資格登録手数料等込み
(※)受講する講習によって料金が異なります。
問い合わせ先 NESTA JAPAN
http://www.nesta-gfj.com/
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-10-10-2F
03-5289-7565

フィットネストレーナーの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート