資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

チャイルドマインダーってどんな資格?

チャイルドマインダー

イギリスで生まれたチャイルドマインダーは、100年近い歴史を誇る少人数保育のスペシャリスト。忙しい両親に代わって、必要な時間だけ自宅や訪問先の家庭で、子どもを預かり保育する仕事です。

チャイルドマインダーってどんな資格? チャイルドマインダーになるには資格が必須

家庭的保育のスペシャリストであるチャイルドマインダーになるには、チャイルドマインダー資格をとる必要があります。資格をとるには、特別な学歴は必要ありません。チャイルドマインダー資格がとれる通学講座または通信講座を受け、検定試験や認定試験に合格することがチャイルドマインダーへの第一歩です。実技講習やスクーリングを受ける必要もあります。講座の内容としては、チャイルドマインダーの概要から、年齢別の子供の発達について、またしつけや遊びについてや病気・けがについての学びを深めることができるものになっています。講座修了後に会員になることで開業のための準備をサポートしてくれるスクールもあります。

通信講座と通学講座

通信講座でもスクーリングに通う必要があります。長期間ではないので、住んでいる地域になければ泊まりでスクーリングを受けに行くということが可能でしょう。それさえクリアすれば、通信講座は働きながら、また家事・育児をしながら勉強したい人にとっては都合がいいと言えます。通学講座は、仲間と一緒に勉強でき、困った時はいつでも講師に質問できるという点がメリットとなります。まとまった時間がとれなくても、土曜日コースや日曜日コースがある講座もあるので、働きながらでも受講が可能です。ただし、通学講座は、全国どこでも開催されているというわけではないです。必要ならば通信講座も利用しながら資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

資格取得後の開業

チャイルドマインダーは、個人で開業し自宅を保育場所として、家庭的雰囲気の中で保育する「在宅保育」を行うのが一般的です。株式会社エヌシーエムエージャパンのチャイルドマインダー講座の場合、資格取得後のサポートとして万が一事故など起きた場合の補償制度に加入できる、また自治体への届け出のサポートをしてくれるなどの特典があるので、開業を考えている人にはおすすめです。またこの他にも、依頼者の家庭を訪問し1対1の個別保育を行う「訪問保育」や、企業内託児所などでも活躍するケースも少なくありません。

チャイルドマインダーの仕事内容 どんな仕事?

チャイルドマインダーは、英国生まれの家庭保育に関してのスペシャリスト資格です。仕事内容としては、様々な事情で子供をみることができない時間がある親などの依頼者にかわって、子供を自宅や訪問先で預かります。対象の子供は0歳から12歳までです。イギリスでは100年以上この制度があり、国家資格となっています。イギリスでは、家庭以外での保育を必要としている家庭の70%以上がこの「チャイルドマインダー」に子供を預けています。チャイルドマインダー一人につき、年齢によって1〜3人の子供を預かることができます。ベビーシッターと同じように、一人一人の子供にじっくりと向き合えることが特徴の保育スタイルです。

チャイルドマインダーの役割

チャイルドマインダーは、子育てをしながらも仕事があったり依頼者自身の病気や兄弟・姉妹の病気などで一時的または定期的に子供を他者に預けなくてはならない人のために子供を預かります。その他、大人数制の一般的な保育よりも少人数制できめ細やかな保育を子供に受けさせたいという親などの依頼者の要望にもこたえます。 まずは安全第一に子供をみることが求められますが、子供一人一人に関わって密度の濃い保育をすることも求められています。また、保育園不足が社会問題となっている現代社会において、チャイルドマインダーは、保育士の資格を持たなくても責任を持って子供をみることができる資格として注目を集めています。

チャイルドマインダーのやりがい

保育士と違い、少人数で保育するスタイルのチャイルドマインダーは、一人一人をじっくりみることができます。その点が、保育士からチャイルドマインダーへ転身する人も多い理由でしょう。子供が自分といることで楽しんでくれる時、依頼者に再度指名される時、チャイルドマインダーはやりがいを感じるでしょう。子供の成長を間近で見届けることができるのというやりがいもあります。それは、ベビーシッター、保育士、幼稚園教諭などと共通して言えることでもあります。子供の命を預かるということは、責任重大でありながら、喜びややりがいも充分な仕事です。

チャイルドマインダーの将来性

東京都は、株式会社エヌシーエムエージャパンのチャイルドマインダー講座修了者かつ検定試験合格者を、保育する人一人で乳児・幼児を預かる認可外保育所を開設できる者として認めています。保育士不足が叫ばれるなか、認可外保育所に対する需要も増えていますので、保育士資格をとることなくこうした保育の現場に携われるチャイルドマインダーの資格への期待度も増しています。また、例えば株式会社エヌシーエムエージャパンのチャイルドマインダー講座で資格を取得し会員になると、「安心保育予約申込サイト『子ごころ』」への登録が可能になり、このサイトを通して仕事を探すこともできます。年齢制限もないので、いつまでも働くことが可能です。

ベビーシッター、保育士との違い

ベビーシッターは、基本的には派遣会社に登録して派遣先のお宅で仕事をしますが、チャイルドマインダーは、自宅を保育室にしたり、訪問するチャイルドマインダーとして開業したりといったことを視野に入れている人が多いです。また、保育士は、保育園に勤務する場合一人で数十人の子供をみることもありますが、チェイルドマインダーがみる子供の数は1〜3人と少人数です。保育士が国家資格なのに比べ、チャイルドマインダーは民間資格です。国家資格ではないとはいえ、チャイルドマインダーと名乗るには資格が必要ですので、資格はとっておくことが必須です。ベビーシッター、保育士、チャイルドマインダーのどれをとっても、子供に関する仕事ですので、子供が好きであるなどの必要な資質はあまり変わりません。

チャイルドマインダーに向いている人とは 子供への興味

チャイルドマインダーの仕事をするには、子供に興味がある・子供が好きであるということがまず第一の条件でしょう。一人の子供を相手にするというのは、相当な忍耐力・精神力を必要とします。子供好きである人は、子供のペースに合わせてあげられますので、仕事がスムーズにいくでしょう。子供が好きそうな遊びを知っている人にも向いています。チャイルドマインダーは、一人一人にじっくりと向き合って仕事ができる環境なので、大人数を相手にして保育をする保育士からそんな環境を求めて転身する人もいます。 また、子育て経験がプラスに働く仕事ですので、子育て世代や子育てが終わった世代にも向いている仕事です。

子供を預かるための体力

子供の命を預かる仕事ですから、子供の安全を第一に注意しなくてはなりません。子供が危険なことをしようとした時、走っていってとめるというシチュエーションも考えられます。また、まだ歩けない子供の場合は、寝かしつけの時、泣いた時など抱っこの機会もとても多いでしょう。そういう場合に、体力があると仕事のしやすさがだいぶ違います。元気な子供を相手にするのですから、自分自身が元気であることはこの仕事をする上で武器になります。笑顔でいる人が子供は好きですから、いつも笑顔でいられるよう自分自身の体調管理をしっかりとできる人もチャイルドマインダーには向いています。ベビーシッター・保育士などとの共通点でもありますが、食事や睡眠など健康管理について見直しておくのはおすすめです。

コミュニケーション能力

子供を預かるためには、依頼者である親などの要望をしっかりと聞けるコミュニケーション能力も必要です。子供のアレルギーの有無、また好きな遊びについて、その他子供の特徴をしっかりと共有しておくことは安全な育児に必要なことです。また、その日にあったことを報告する時に、しっかりとしたコミュニケーション能力で依頼者に安心してもらえるような人もチャイルドマインダーに向いています。もちろん、子供を保育するというのは、子供とのコミュニケーション能力を常に活かせる仕事です。今子供が何を求めているのか、また子供に何をさせてあげれば成長を促すことができるのか、常に子供と関わりながら考えていけるという点で、コミュニケーション能力がある人にはやりがいの大きい仕事です。

子供を預かる責任感力

子供一人の命を預かるというのは、責任重大な仕事です。子供は次に何をするのか予想がつかない存在なので、あらかじめ部屋の中に危ないものはないかなどの対策を講じることが必要なのです。部屋の問題をクリアしたとしても、おもちゃを飲み込まないか、またものを投げたり危険な遊びをしていないかなども注意しながら子供をみることが必要です。また、しつけの面においても、危険なことをしようとしたときに適切に叱ることができる能力などもあった方がいいでしょう。子供を安全に預かるためにも、資格試験の勉強を通して、子供の健康やしつけについてなどをしっかりと学んでおくのがおすすめです。

チャイルドマインダー講座・スクール比較

チャイルドマインダー学校の一覧

試験データ

項目 内容
資格・試験名 チャイルドマインダー
試験区分 民間資格
主催団体
受験資格 「チャイルドマインダー養成講座」を受講した者
合格率 70%
チャイルドマインダー試験で合格できなかった方は「追試」の受験が可能です。
出題内容・形式 試験の内容は、各団体によって異なりますが、どの試験もチャイルドマインダー養成講座で学んだ内容から出題されます。筆記試験のみです。

講義や実習などを通して学んだ、子どもの躾や発育、情操教育などの保育全般について、また食事と栄養、病気やケガなどの応急処置など、0〜12歳くらいの子供に関する保育知識についてです。
試験日、試験の詳細は、各スクールによって違います。
試験自体は40分〜60分。
試験は使用するテキストの範囲内から出題されます。
合格者には「チャイルドマインダー認定証」が授与されます。
検定料 NCMAジャパン:15,750円
チャイルドマインダージャパン:10,500円
問い合わせ先 各団体



チャイルドマインダーの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート