資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

幼稚園教諭になるには

幼稚園教諭

子どもたちと接することが好きな人に根強い人気を誇る幼稚園教諭。この職業に就くために必要になるのが幼稚園教諭免許状です。免許状には、二種免許状、一種免許状、専修免許状の3種類があります。

資格取得の最短ルートは? 幼稚園の先生になるには?

幼稚園の先生になるには、幼稚園教諭免許状(国家資格)の取得をしたうえで、幼稚園の採用試験に合格する必要があります。幼稚園教諭免許状を取得するには、高校卒業後、大学の教育学部や短大の幼児教育学科などに入学し、幼稚園教諭の教職課程を履修して卒業する方法が一般的です。学位によって専修、一種、二種と種類が異なりますが、先生になるだけならどれでも問題ありません。初等教育関連の学科だと小学校教諭と幼稚園教諭をどちらも取得してしまう方も多いようです。自分がどちらに向いているか見極めるためにも、余裕があればお勧めします。

幼稚園教諭の資格取得ルート

4年制大学・短大・専門学校・通信制大学で卒業と同時に資格取得できます。

イメージ

幼稚園教諭免許状は「教育職員免許法」に基づき短大・大学等の課程で所定の単位を習得、卒業後各都道府県教育委員会に申請し免許状が授与されます。一種免許状・二種免許状ともに通信制大学でも卒業と同時に取得できます。実務経験や資格のない社会人や主婦の方でも、国家試験を受けることなく取得できるのも特徴です。

短期大学・専門学校なら2年で取得可能

文部科学省が認定した大学・短期大学・専門学校のカリキュラムを修了する方法だと2年で取得可能です。カリキュラムには英語などの語学から憲法や心理学などの座学からスポーツや音楽表現を学ぶ実技まで、幅広い内容が網羅されています。 必要なカリキュラムを修了し、修了試験や卒業試験をクリアすれば、晴れて幼稚園教諭免許状取得となります。

ただし、4年制大学を卒業していたほうが、短期大学や専門学校卒に比べて就職後の収入が高くなるというケースも多いようです。

1種と2種、専修免許の違いって?

幼稚園教諭免許状には「1種」「2種」「専修」の3種類があります。1種は4年制大学を卒業した人、2種は短期大学・専門学校を卒業した人、専修は大学院を修了した人に発行される免許状ですが、内容に違いはあるのでしょうか。 結論から言うと、それぞれの免許状の認定内容に差があるということはありません。2種に比べて1種や専修のほうが免許状取得までの学習期間は長いものの、それによって就職しやすくなるということもないようです。実際に、幼稚園の先生として働いている人の過半数が2種免許状を取得した人たちです。ただし月収については、1種や専修免許状の取得者のほうが2種免許状の取得者に比べて高い傾向にあります。また、他のクラス担任の先生たちを管理・指導する立場を任される機会も、比較的多いようです。 将来のキャリアイメージや自分にとっての優先事項をよく考えたうえで、取得する免許状の種類を決めると後悔がないと思います。

教員資格認定試験を受ける方法

高卒・20歳以上かつ、保育士として3年以上の実務経験者であれば、教員資格認定試験に合格することで、二種免許を取得できます。また、教員資格認定試験とは別に保育士向けの幼稚園免許取得の特例制度もあるので、保育士の方はこちらも検討の余地があります。特例制度を利用した場合、学士の学位があれば一種の取得も可能です。

特例制度とは? イメージ

保育士資格保有者または幼稚園免許状を持っている方が、それぞれもう一方の資格を取得しやすくなる制度です。保育士として一定の在職経験がある方は、指定された5科目8単位を取得後に都道府県教育委員会に申請すると、幼稚園教諭の一種または二種免許状が授与されます。 通信講座でも免許状を取得できるので、働いている方でも無理なく資格のW取得が目指せます。

幼稚園教諭講座・スクール比較 幼稚園教諭の仕事内容は? 活躍の場

公私立幼稚園で、幼児の指導・教育に従事する以外に、民間の保育所や幼児教室、児童福祉施設などに就業するケースも増えてきています。

@ 公私立の幼稚園。
A 民間の保育所(企業内保育・院内保育・保育ママなど)。
B幼児教室・児童福祉施設・訪問型保育。

保育所と児童福祉施設に関して言えば、保育士資格を必要とするところも多く、幼稚園教諭と保育士、両方の資格を取得することで活躍の場はさらに広がると言えるでしょう。幼稚園教諭の採用試験の受験資格として、両方の資格を持っていることを条件としている地方自治体もあるようです。

園児たちの教育がメインの仕事

幼稚園の先生のメインの仕事は、もちろん園児たちへの教育です。ここでいう「園児」とは、満3歳から小学校入学までの子どものこと。就学前の大事な時期を子どもたちがのびのびと過ごせるように、時には一緒に遊び、時には手を取りながら指導を行います。 全国の幼稚園では、文部科学省が定めた「幼稚園教育要領」にもとづいて独自のカリキュラムがつくられています。幼稚園の先生には、そのカリキュラムに沿って園児たちへの教育や健康チェックなどを安全に進めることが求められます。

その園の方針によってカリキュラムの内容には差があり、1日を通して自由に遊ばせる園もあればスポーツの基礎を教えて体づくりを行う園、小学生になる準備として簡単な文字の読み書きや計算を教える園もあります。 幼稚園の先生はそれらの教育を通して子どもたち一人ひとりの個性を引き出すことはもちろん、集団生活の基礎を身につけさせる役割も担っているのです。

保護者とのコミュニケーションや同僚のサポート

幼稚園の先生の仕事は、対子どものみにとどまりません。保護者とのコミュニケーションも、大切な業務のひとつなのです。朝の登園時やお迎え時にその日の子どもの様子を伝えることはもちろん、必要に応じて子どもの自宅での様子なども聞き、一人ひとりの性格を把握します。また、アレルギーをもっていたり、病気やケガなどを患っている子どもの場合は、その症状を共有してもらい、細心の注意を払わなければなりません。

またある程度キャリアを積むと、後輩の先生たちのサポートを任せられる場面も増えてきます。免許取得の段階から保育や幼児教育についての十分な知識を身につけておけば、どんな場面でも落ち着いて対応できるでしょう。

行事で使う小道具の製作、出し物の企画

園児たちを無事帰宅させられればその日の業務は終わり…とは行かないのが、幼稚園の先生の仕事です。子どもたちと過ごす時間が終わった先生たちは、今度は片づけや翌日の準備、クラスだよりの作成などに取りかかります。遠足や運動会、お遊戯会などの行事がある季節には、これらの行事企画や小道具の準備などが通常の業務に加わることもあります。

また、教室の壁や園内の掲示板に飾られている色画用紙でつくったお花や動物も、実は先生たちがつくっています。一つひとつのパーツを丁寧に切り貼りしていると、思いのほか時間がかかるもの。このように幼稚園の先生は園児たちが少しでも楽しく安全に過ごせるよう、園児や保護者から見えないところでも力を注いでいるのです。

幼稚園教諭講座・スクール比較 向いている人とは
  • 性格面子ども好きな人に根強い人気の幼稚園教諭。家庭中心の生活からはじめて集団生活へ踏み出した子ども達と関わる仕事だけに、子ども達に与える影響は大きく、その責任は重大です。その責任を仕事のやりがいに変えられる人に向いている仕事と言えるでしょう。
  • 技術面物事の分別や自分自身への理解度、コミュニケーション能力が未熟な子ども達の発達状況や個性を十分に理解し、指導・教育するためには、心身共にタフであることが必要です。
子どもが好きな人

幼稚園の先生の仕事は、子どもたちのことを1日中考えることと言っても過言ではありません。子どもの将来の幸せを願い、子供たちの心身の成長を親身になって考え続けられる人は、この職業が向いているでしょう。「将来は子どもがたくさん欲しい」「電車の中や街中などで赤ちゃんを見ると思わず笑顔になってしまう」という人は、その適性があると思います。

また、愛情をもって子どもに接すれば、その気持ちは自然と子どもに伝わるものです。一緒に遊んでいるうちに、子どものほうから寄ってくるようになるでしょう。そういう点では「子どもから好かれやすい」というのも、大事なポイントのひとつです。甥っ子や姪っ子、近所の子どもからなつかれているという人には、おすすめの仕事です。

世話好きで面倒見のいい人

幼稚園に来る園児たちは、親元を離れるのもはじめての小さな子どもたち。その日の気分によってぐずったり、反抗的になることもあります。そんな子どもたちにあたたかく接するには、どんな場面でも大きく構えて見守ってあげられる面倒見のよさが求められます。友だちからよく悩み相談をされるという人や、小さいころから弟や妹の世話をよくしていたという人なら、違和感なく仕事をこなせるでしょう。

また幼い園児たちは、食事や着替え、トイレなどの日常生活を送る能力でさえも、まだ未熟。幼稚園の先生は、それらを手取り足取り教えてあげなければなりません。「お母さんの手伝いをするのが好き」「道に迷っている人には丁寧に教えてあげる」などの世話好きな人なら、そういった日常のお世話も苦にならないのではないでしょうか。

手先が器用な人

幼稚園の教室の壁や掲示板には、季節に合わせて色画用紙でつくったお花や動物が飾られていることが多くあります。このような飾りは、実は幼稚園の先生が作成していることがほとんどです。 また、お遊戯会や運動会で演劇などの出し物をする場合、子どもたちが身につける衣装や小道具を先生がつくることもあります。そのため、「工作や手芸が好き」「洋服のリメイクをするのが得意」というような手先が器用な人は、幼稚園の先生の仕事を楽しんでできるのではないでしょうか。

また、園児たちに歌を教えたり、タンバリンやハーモニカなど簡単な楽器を演奏させるという時間が、多くの幼稚園で設けられています。そのため、楽器を演奏したり音楽を聴くのが好きという方も、幼稚園の先生の適職があるといえるかもしれません。

幼稚園教諭講座・スクール比較 幼稚園教諭の給料・年収分析 幼稚園教諭の平均年収

厚生労働省「平成27年賃金構造基本統計調査」の結果、幼稚園教諭の平均年齢は、正社員の場合で32.3歳で、勤続年数が7.5年であることがわかりました。そして給与に関しては、月収は22万9800円となりました。さらに平均年収は340万1600円で、年間ボーナスの平均が、64万4000円です。国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円だったので、幼稚園教諭の年収は、平均年収よりも70万円ほど、低い水準であることがわかります。また、ここ数年のデータを見てみると、330万円〜340万円台を安定的に推移しており、大幅に年収が増減をして変動することはないようです。

【正社員】
平均年齢 32.3歳
勤続年数 7.5年
労働時間 175時間/月
残業時間 3時間/月
平均月収 229,800円
賞与   644,000円
平均年収 3,401,600円
労働者数 76,950人

【パート】
平均年齢 44.4歳
勤続年数 5.8年
実労働日数 18.3日/月
1日の平均労働時間 5.3時間/日
平均時給 1,109円

出典:「平成27年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)
※平均年収については本統計データを加工して作成(きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額)

女性の仕事として

幼稚園教諭の男女比率について、世間的に女性の方が多くて、男性が少ないというイメージがあります。実際のところも、圧倒的に女性が多くて、約90パーセントを占めています。女性の仕事として見た場合、日本人女性の平均年収は、幼稚園教諭の平均年齢である30代前半で294万円です。女性正社員の平均給与と比べると、340万1600円という幼稚園教諭の年収は高水準です。しかし、結婚や妊娠で職場を離れる幼稚園教諭も多くて、再就職する場合も、パート勤務で復帰をするケースが増えています。そのため管理職やリーダー職には、男性の割合がどうしても増えてしまいます。今後は政府の方針で、女性比率を高めていく取り組みが推進されているため、女性の幼稚園教諭がさらに躍進していくことが考えられます。

幼稚園教諭講座・スクール比較

さらに詳しく

試験データ

項目 内容
資格・試験名 幼稚園教諭免許状
試験区分 国家資格
主催団体 文部科学省
受験資格 もっとも一般的な方法は、大学などの学校機関で定められた単位を取得して、各都道府県の教育委員会に申請を行い、免許状を取得する方法です。
保育士として一定の在職経験のある方は幼稚園教員資格認定試験を受けることができます。
【幼稚園教員資格認定試験について】
次のア又はイのいずれかに該当する者で、かつ、以下の〔施設〕において保育士として3年以上従事したものです。
なお、1月当たり120時間以上従事していない期間については、本期間から除算することとなります。
 ア 大学(短期大学を含む。)に2年以上在学し、かつ、62単位以上を修得した者,高等専門学校を卒業した者又はこれらの者と同等の資格を有すると認められる者
 イ 高等学校を卒業した者その他大学(短期大学及び文部科学大臣の指定する教員養成機関を含む)に入学する資格を有する者で、平成24年4月1日における年齢が満20歳以上の者
〔施設〕
児童福祉施設:児童福祉法(昭和22年12月12日法律第164号)第7条第1項に規定された施設
へき地保育所:「平成23年度子育て支援交付金の交付対象事業等について」(平成23年9月30日雇児発0930第1号)に規定された施設
認定こども園:就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年6月15日法律第77号)第7条第1項に規定された施設
合格率
出題内容・形式 ■第1次試験
【一般教養科目】
筆記試験(択一式):人文科学、社会科学、自然科学の3分野及び外国語(英語)に関する事項

【教職に関する科目(T)】
筆記試験(択一式):
〔教職に関する科目の必要な事項〕
教育職員免許法施行規則第6条第1項表の「教職の意義等に関する科目」及び「教育の基礎理論に関する科目」における幼稚園教諭免許取得に必要な専門的事項
〔幼稚園教員養成機関における授業科目名称の例〕
教職概論、幼児教育教師論、教育行財政、幼児教育学、幼児教育心理学、教育制度論、教育行政学、教育社会学、教育経営論等

【教職に関する科目(U)】
筆記試験(択一式):
〔教職に関する科目の必要な事項〕
教育職員免許法施行規則第6条第1項表の「教育課程及び指導法に関する科目」及び「生徒指導,教育相談及び進路指導等に関する科目」に関する専門的事項
〔幼稚園教員養成機関における授業科目名称の例〕
教育課程論、教育内容論、学習指導論、教育方法・技術論、保育内容指導法、幼児理解、教育相談等

■第2次試験
第2次試験は,第1次試験に合格した者及び第1次試験のすべての試験科目を免除された者に限り受験することができます。
【教職に関する科目(V)】
筆記試験(論述式):
〔教職に関する科目の必要な事項〕
教育職員免許法施行規則第6条第1項表における幼稚園教諭免許取得に必要な専門的事項
〔幼稚園教員養成機関における授業科目名称の例〕
教職に関する科目(T)(U)を参照のこと。

【指導案の作成にする試験】
筆記試験(論述式)
共通課題をもとにした指導案(週案、日案)の作成に関する筆記試験
検定料 13,400円分の収入印紙
問い合わせ先 認定試験については、試験実施大学の担当部署にお問い合わせください。
http://www.mext.go.jp/
東京の場合:東京学芸大学学務部教育企画課資格認定試験係
〒184−8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
TEL:042(329)7111

幼稚園教諭の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート