資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

保育士になるには

保育士

保育士になるためには、国家資格「保育士資格」が必要です。取得するには2つのルートがあり、自身の環境に合った方法を選択することができます。こちらでは、保育士資格について、その取得方法、さらには保育士の仕事や給与、待遇まで「知りたい情報」をご紹介します。

保育士資格とは 国家資格「保育士資格」の定義とは?

一般的に「保育士資格」は多くの人に認知されている資格ですが、そもそもどのような資格なのでしょうか?まず始めに改めてご説明しておきましょう。

「保育士資格」とは国家資格であり、児童福祉法第18条の4で「保育士とは、第18条の18第1項の登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう。」と定義されています。

「保育士資格」取得だけでは働くことはできません!

保育士になるには、「保育士資格」を取得しなければいけません。ただ、絶対に忘れてならないのは、資格取得後に都道府県知事に登録申請をおこない各都道府県の保育士登録を行うこと。保育士証の交付を受けて初めて「保育士」として働くことができるので注意が必要です。

また、「保育士」の業務とは、保育所などの児童福祉施設で、働いている両親などから0歳~6歳までの未習熟児を預かり保育や保護者への保育指導をおこなうことです。

「保育士資格」誕生までの歴史

現在の「保育士資格」が誕生するまでに半世紀ほどの時がかかりました。まず、1948年、児童福祉法に基づき現在の保育士の前身となる保母資格が生まれました。この保母資格を取得する女性が増え、いわゆる「保母さん」という職業が社会に認知されてきましたが、徐々に保育士を目指す男性が増え彼らは「保父さん」と呼称されるようになりました。

その後、1999年に男女雇用均等法の大幅な改正に伴い「保育士」という名称が誕生。さらに、2003年に保母資格とは別に、国家資格として「保育士資格」が生まれたのです。意外にも、保育士資格は十数年前に誕生した、新しい資格と言えるでしょう。

保育士講座・スクール比較 保育士資格を取得する2ルート(養成校を卒業する、保育士試験に合格する) 保育士資格を取得する2ルート

保育士資格を取得するには2つのルートがあります。

ルート1養成校(専門学校・短大・大学)を卒業時に取得
厚生労働省指定の養成学校(大学・短大・専門学校)で2~4年学び所定の科目・課程を履修すれば、卒業時に保育士資格が得られます。

ルート2試験合格で取得
試験に向け学習し、年2回実施の保育士試験(筆記・実技)に合格することで保育士資格を取得できます。

ルート1 養成校(専門学校・短大・大学)を卒業する

保育士資格が取得できる養成学校とは、厚生労働大臣が指定する専門学校、短大・4年制大学です。この養成校で学び、所定の科目・課程を履修すれば、卒業時に保育士資格が得られます。 また、「保育士」と「幼稚園教諭」のダブル取得ができる学校も少なくないので、一度に2つの資格を取得しておけば、将来の選択肢が広がるでしょう。

ルート2 保育士試験に合格する

独学及び資格試験の通信講座受講や、スクールに通って学び試験合格を目指すルートです。この場合は最短6ヶ月で取得可能ですが、保育士試験は、筆記試験8科目、実技試験2分野の構成になっており、難易度は比較的高いようです。 そこで、一度の試験で全て合格できなくても、一度合格した科目は3年間有効になっていますので、3年後に合格を目指すなど、自分のペースで学習するのもオススメです。

保育士講座・スクール比較 保育士試験に受験資格 保育士試験を受けるには、受験資格が必要です

保育士試験を受験する前に、受験資格の規定がありますので、自分自身にその資格があるかきちんとチェックしておきましょう。

保育士試験受験資格
大学・短期大学卒業者、4年制大学通信課程修了者、専門学校卒業者、中学・高等学校卒業者のほか、認定子ども園、認可外保育施設、学童保育での勤務経験で受験資格を得られます。詳しくは、試験ページの「受験資格」をご覧ください。
>> 保育士国家試験の受験資格

保育士講座・スクール比較 保育士試験情報 筆記試験と実技試験が年に二回

保育士試験は、筆記試験と実技試験があり、前期と後期を実施。年に二回チャレンジできます。

筆記試験
・保育の心理学
・保育原理
・社会福祉
・教育原理
・社会的養護
・子どもの保健
・子どもの食と栄養

保育実習理論 実技試験(筆記試験全科目合格者のみ)
下記の3分野から希望する2分野を選択
・音楽表現に関する技術
・造形表現に関する技術
・言語表現に関する技術

保育士講座・スクール比較 保育士の仕事内容 保育士の仕事とは、子どもに接するだけではありません

子どもたちの身の回りの世話、遊びなど、子どもの保育業務はもちろんのこと、園の運営、事務作業、保護者対応など、多岐に亘ります。また、遠足や運動会、お泊り保育など、一年を通してさまざまな行事があり、その企画、準備、当日の運営など日常業務に加えて、日々遂行していくことが求められます。

保育士の給料・年収分析 公立保育士と私立保育士の給与

公立保育園で働く保育士は「地方公務員」になります。したがって、地方公務員としての昇給制度、賞与制度が適用され、給与も平均月収30万円以上が一般的です。

一方、私立保育園で働く保育士の場合は、平均月収20万円以上と公立保育士に比べ、賃金は比較的低いようです。しかし、私立保育園の場合、運営母体の経営状態や地域環境に左右されますので、必ずしも、私立保育士の給与が安いとは言い切れません。近年では国の施策として保育士の給与改善への動きもあり、今後の報酬アップも期待できます。

保育士講座・スクール比較 保育士と幼稚園教諭の違い 保育士と幼稚園の先生はどう違う?

幼稚園の管轄は「文部科学省」、幼稚園は「学校」という位置づけになりますので、幼稚園で働くには「教諭」免許が必要です。よって、幼稚園教諭の仕事は「教育」になり、勤務先は公立幼稚園もしくは私立幼稚園です。

保育所は厚生労働省管轄になり、児童福祉法第18条の4で保育士は“保育に関する指導を行う”と記述されています。勤務先は、認可保育所(公立・私立)・認定保育所(私立)・無認可保育所などのほか、乳児院や児童養護施設、民間の託児施設やベビーシッターなどでも働くことが可能です。

保育士の仕事、幼稚園教授の仕事はどう違うのか?また、資格取得の方法、就職先、待遇など、両者を比較しやすいよう、詳しく説明している「保育士・幼稚園教諭の違い」ページをご覧ください。
>> 保育士資格と幼稚園教諭免許の違いとは

保育士に向いている人とは 保育士に向いている人はこんな人

基本的な性格面
子どもが好きなこと。そして、真剣に子どものことを考えられることが最低条件です。 どんなに大変なことがあっても、子どもの笑顔を見れば疲れもふっとぶ、というような人は保育士にとても向いています。また、幼児期は人格形成において非常に重要な時期ですから、その責任も重大です。

コミュニケーション力がある方
保育士は保護者や他の保育士、それに地域の方々と触れあう機会も多い仕事です。 保護者から保育に関する相談を受けることもしばしばですし、他の保育士と協力して物事を進める仕事であり、地域の方々にイベントなどで協力をあおぐ必要もあります。そんな時に、何が子どもにとって良いのかという視点でさまざまな方々とコミュニケーションをとることができれば、仕事は楽しいものになります。

ユーモアが子どもを惹きつける
子どもの心を惹きつけるには、ある程度のユーモアは必要です。
子どもの心をつかめるということは、例えば食事・お着替え・排泄など基本的な生活習慣を身につけさせる上でも重要なことです。子どもに好かれるのと好かれないのとでは、一日の仕事をスムーズに進める上で、雲泥の差があります。 子どもに対して適切にユーモアを発揮できる人は、保育士に向いていると言えます。

また、泣いている子どもを前に、一緒に泣きたい気持ちになっていては、体力も気力も続きません。強い心・寛容な心を持って、なぜ泣いているのか・解決方法はどんなものがあるのか考える、などの対応をとる必要があります。子ども同士のトラブルに正面から向き合う場面も多々ありますので、忍耐力がある人にはおすすめの仕事です。

できればあるといい、保育士に必要な興味、技術とは?

技術面
音楽、絵画、言語の領域に関するスキルがあると実務に役立ちます。 例えば、ピアノやギターを弾きながら子どもたちと歌ったり、工作の時間に子ども達に指導したりといった、芸術的なセンスが問われる場面が多いのも保育士の仕事です。

また、絵を描くことが好きなど芸術的な特技があれば、子どもと一緒に楽しんだり教えたりできます。保育士になるための実技試験は選択制なので、ピアノが弾けないと保育士になれないわけではありませんが、得意であれば仕事をする上でとても有利であることは想像にかたくないでしょう。 クリスマスにはクリスマス用の飾り付け、誕生日会には園児がかぶる王冠づくりなど、造形の機会も多いのが保育士の仕事です。それらの作業を楽しんで、また手早くできることも、保育士に向いている素質であると言えます。

体力
子どもと接する仕事には、体力が必要です。抱っこやおんぶ、おいかけっこなど一緒に遊ぶ時はもちろんのこと、お着替えをさせてあげたり、トイレに連れていったりといった作業は、多大に体力を使います。

また、子どもは元気ですので、けんかの仲裁などが必要なこともしょっちゅうです。そんな場面では気力も必要ですが、その精神力を支えるのは体力です。そのほか、女性が多い職場なので、重いものを持つ機会も多いでしょう。 そんな時に体力があれば仕事を進めやすくなります。 さらに、子どもがたくさんいる環境にいるということは、風邪などのウィルスと触れる機会が多いということなので、病気にならないようきちんと体調管理ができる人が向いています。

保育士講座・スクール比較

さらに詳しく

試験データ

項目 内容
資格・試験名 保育士試験
試験日

【平成30年度後期 保育士 実技試験】
2018年12月9日(日)

【平成30年度前期 保育士 筆記試験】
2018年4月21日(土)、4月22日(日)

【平成30年度前期 保育士 実技試験】
2018年7月1日(日)

【平成30年度後期 保育士 筆記試験】
2018年10月20日(土)、21日(日)

試験区分 国家資格
主催団体 社団法人全国保育士養成協議会
受験資格 (1)短大卒程度以上の者(ただし、平成3年3月31日までの高卒者などは、高校卒業以上なら受験可能)
(2)高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上、児童の保護に従事した人
(3)児童福祉施設で5年以上、児童の保護に従事した人

※学歴により複雑に異なります。詳しくは
http://www.hoyokyo.or.jp/exam/qualify/
を参照ください。
合格率 10~20%程度
出題内容・形式 筆記試験科目
(1)保育原理 (2)教育原理及び社会的養護 (3)児童家庭福祉 (4)社会福祉 (5)保育の心理学 (6)子どもの保健 (7)子どもの食と栄養 (8)保育実習理論   

実技試験分野
(1)音楽表現に関する技術 (2)造形表現に関する技術 (3)言語表現に関する技術
検定料 12,700円
問い合わせ先 社団法人全国保育士養成協議会
http://www.hoyokyo.or.jp/exam/
〒171-8536東京都豊島区高田3-19-10
フリーダイヤル:0120-4194-82
(オペレーター対応は祝日を除く月~金10時から18時)
(他の時間帯は自動音声によるご案内となります。)

保育士の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

保育士の関連資格
保育士 ベビーシッター チャイルドマインダー 幼稚園教諭 リトミック

おすすめスクールレポート

シカク情報部新着記事一覧
今年も開催!クリスマス スペシャルビンゴパーティー&英語でクリスマス・パーティー【子ども英会話のMLS】 今年も開催!クリスマス スペシャルビンゴパーティー&英語でクリスマス・パーティー【子ども英会話のMLS】 2018年11月16日
キャリアコンサルタント国家資格説明会・授業体験セミナー好評開催中!【新宿・銀座・横浜・渋谷・町田・大宮・柏・名古屋・大阪 他】 キャリアコンサルタント国家資格説明会・授業体験セミナー好評開催中!【新宿・銀座・横浜・渋谷・町田・大宮・柏・名古屋・大阪 他】 2018年11月16日
子どもと関わる仕事をしたい人のための【保育現場ですぐに役立つ】実践講座特集! 子どもと関わる仕事をしたい人のための【保育現場ですぐに役立つ】実践講座特集! 2018年11月15日
受講料20%OFFの移転キャンペーン~パソコンスクールアビバ&資格の大栄 新宿校限定・11月末まで~ 受講料20%OFFの移転キャンペーン~パソコンスクールアビバ&資格の大栄 新宿校限定・11月末まで~ 2018年11月12日
チャレンジし易さが魅力!年3回以上試験がある資格4選 チャレンジし易さが魅力!年3回以上試験がある資格4選 2018年11月06日

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:9時から21時

ニュートン