資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

保育士国家試験の受験資格・合格率・難易度

保育士試験を目指す前に、受験資格、願書受付期間や試験日、具体的な試験の概要、合格後、保育士の仕事に就くために必要なことまで、きちんと確認しておきましょう。その上で、試験までのスケジュールを立てて学習していけば後に慌てることもないはずです。

保育士国家試験の受験資格 保育士試験の受験資格をチェックしておきましょう

保育士試験を受験する前に受験資格の規定がありますので、自分自身にその資格があるかきちんとチェックしておきましょう。

年齢制限は?
年齢の上限はありません。受験資格を満たしていればどなたでも受験できます。

下記のいずれかの最終学歴があれば受験資格が得られます
【大学・短期大学】
(1)大学・短期大学卒業者
(2)大学在学中または中退
 4年制大学に在学し、62単位修得済み又は習得見込みがある方。
 大学中退者は2年以上在学、62単位修得済みの方。
(3)短期大学在学中または中退
 短期大学在学中で卒業見込みがある方。中退の場合は、保育士試験事務センターまで問合せを。

【4年制大学通信課程】
「大学通信教育設置基準」を満たす通信教育の課程は4年制大学通学課程と同様です。

【専門学校】
(1)修業年限2年以上の専門課程を卒業している方、または在学中で卒業見込みがある方
(2)平成3年3月31日以前に修業年限3年以上の高等課程を卒業している方

※上記について学校教育法による大学・短期大学・専門学校であれば保育士とは関係のない学部・学科でも受験資格があります。

【中学・高等学校】
(1)平成3年3月31日以前に高等学校を卒業している方
 ※平成3年4月1日から受験資格が短期大学卒業程度に引き上げられた事による経過措置によります。
(2)平成8年3月31日以前に保育科高等学校を卒業している方
(3)高校卒業後(同等の資格を有する方含む)、児童福祉施設において2年以上勤務かつ勤務時間数が2880時間以上を受験申請時点で満たしている方
(4)中学卒業後、児童福祉施設において5年以上勤務かつ勤務時間数が7200時間以上を受験申請時点で満たしている方

※上記の実務経験は児童福祉法に基づき設立された認可施設のみ対象で無認可保育園は実務経験として認められません。

施設での勤務経験で受験資格が得られます

認定子ども園、認可外保育施設、学童保育での勤務経験がある方は、一定の条件を満たせば、受験資格が得られます。詳しくは保育士試験事務センターまでお問合せください。

保育士講座・スクール比較 試験概要 前期 筆記試験・実技試験の日程、受験料(2019年の場合)

[前期]
受験申請書受付期間
平成31年(2019年) 1月8日(火)~1月31日(木)
※手引きの請求は、郵便事情などを考慮して1月18日(金)までに行うようにしましょう。(受験申請書提出期限:平成31年(2019年) 1月31日(木)当日消印有効)
※期限を過ぎてからの受験申請は、どのような理由があっても一切受け付けてもらえないのでご注意ください。

筆記試験日
2019年4月20日(土)・21日(日)

筆記試験結果通知書及び合格者には実技試験受験票が下記期間内に送付されます。
2019年6月2日(土) ~ 6月10日(日)

実技試験
2019年6月30日(日)

後期 筆記試験・実技試験の日程、受験料

[後期]
実施する自治体の意向により、後期試験を「地域限定保育士(正式名称:国家戦略特別区域限定保育士)試験」として実施する場合があります。

受験申請書受付期間
保育士試験事務センターより6月下旬(予定)から配布される「受験申請の手引き[後期用]」を請求し、受験申請期間内に申請しましょう。受験票・試験結果通知書の送付期間も「受験申請の手引き[後期用]」で確認しましょう。

※4月(前期)の筆記試験で合格した科目について
後期または地域限定保育士試験においても受験申請の際に免除申請することにより免除されます。 また、地域限定保育士試験で合格した科目は、次回以降の保育士試験においても免除申請すれば免除されます。

筆記試験日
2019年10月19日(土)・20日(日)

実技試験
2019年12月8日(日)

試験科目 筆記試験の受験科目

次の9科目を2日間に亘って受験します。

・保育の心理学
・保育原理
・社会福祉
・児童家庭福祉
・教育原理
・社会的養護
・子どもの保健
・子どもの食と栄養
・保育実習理論

実技試験の受験科目

次の3分野から受験者が希望する2分野を選択し受験します。
詳細は実技試験ページをご覧ください。
>> 保育士実技試験の内容

・音楽表現に関する技術
・造形表現に関する技術
・言語表現に関する技術

受験者数推移と合格率
試験実施年 受験者数 合格者数 合格率
平成20年 37,744 3,989 10.57%
平成21年 41,163 5,204 12.64%
平成22年 46,820 5,324 11.37%
平成23年 49,307 6,957 14.11%
平成24年 52,257 9,726 18.61%
平成25年 51,055 8,905 17.44%
平成26年 51,257 9,894 19.30%
平成27年 57,301 12,962 22.62%
平成28年 70,710 18,229 25.78%
平成29年 62,555 13,511 21.60%
平成30年 62,555 13,511 21.60%

保育士試験の受験者数はここ10年ほどで大きく増加しており、平成29年度の受験者数は平成20年度と比べると1.5倍以上、合格者数は3倍以上を記録しています。平成27年度には「地域限定保育士試験」が導入され、平成28年度にはこれまで年1回の実施だった保育士試験が年2回に拡大されるなど、保育士試験の受験機会を増やす制度改正もあり、保育士確保に向けたこれらの施策が受験者数増加につながる要因の一つになっていると思われます。

合格率について、平成20年度の時点では合格率が10%程度でしたが、以降徐々に上がってきており、直近3年では合格率が20%以上となっています。この傾向をふまえると今後の保育士試験合格率は20%~25%前後で推移するのではないかと予想されます。

試験合格後の流れ 合格したら保育士証を申請

保育士試験に見事、合格しても、まだ安心してはいけません。もう一つ大切なことが残っています。 それは、保育士登録の申請をおこない、保育士証を入手すること。保育士証とは、保育園など児童福祉施設で働く際に保育士資格取得者であることを証明するものです。保育士証がなければ、保育士として働くことはできませんので、ご注意ください。

保育士証の申請の流れ

(1)「保育士登録の手引き」を取り寄せ
登録事務処理センターから取り寄せます。

(2)手数料振り込み
登録事務処理センターから「保育士登録の手引き」が郵送されてきたら、同封されている専用の払込用紙で手数料を振り込ます。
※登録1人当たり4,200円

(3)申請
保育士登録申請書(「保育士登録の手引き」に同封)及び必要書類を送付します。

(4)保育士証が届きます。

保育士講座・スクール比較

さらに詳しく

関連特集

保育士の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

保育士の関連資格
保育士 ベビーシッター チャイルドマインダー 幼稚園教諭 リトミック

おすすめスクールレポート