資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

ピアノが弾けなくても保育士になれる!?求められるピアノスキルも紹介!

ピアノが弾けなくても、保育士になることは可能です。
ただし、保育士として現場で働く以上はピアノの演奏は必要不可欠です。
園児の誕生日会、季節ごとのイベントなど、保育士がピアノを演奏する機会は多々あります。
保育士に求められるピアノスキル、身につける方法などを中心に紹介します。

更新日:2021-03-18(公開日:2019-06-12)

ピアノが弾けなくても保育士になれるの?

保育士_piano

保育士試験合格、もしくは保育士の指定養成学校等を卒業すればなれる!

保育士のピアノに合わせて園児たちが元気に歌う、ドラマやアニメなどでよく見るシーンではないでしょうか。
保育士を目指している方のなかには「ピアノが弾けないけれど大丈夫なのか」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
保育士として現場で働く以前に、保育士資格を得る段階でピアノの技術が必要なのかどうか、保育士資格を取得できる2つの方法と併せて紹介します。

保育士資格の取得方法
(1)厚生労働省指定の養成学校【大学・短大・専門学校等】を卒業
こちらは学校で定められた課程を修了することで保育士資格の習得が可能です。
保育士試験はありませんが、学校内でおこなわれるテスト、講義で一定の成績を残し、卒業しなければいけません。
各学校によりカリキュラムや授業方法が若干異なる場合はありますが、保育士養成学校であれば必修の学習科目はおおよそ同じようなものが定められています。

4年制大学の場合、短大や専門学校と異なり保育関連の科目だけでなく、その他教養科目等も取る必要があるかもしれませんので注意してください。

ピアノの授業がおこなわれる
保育関連の科目としては、心理学や保健、美術、専門実技などもあり、ピアノの授業もおこなわれます。
「ピアノは一度も弾いたことがない」と心配している方は安心してください。
授業ですので最初から弾けなくてもよいのです。
授業で段階を踏みながら、基礎知識から学んでいくことになります。
保育士を目指している方でも、養成学校で初めてピアノの学習をしたという方は珍しくありません。
また、保育士としてピアノがうまく弾けることれほど重要ではないので、気を張らずに楽しんでレッスンを受けるとよいでしょう。

(2)保育士試験を受験し、合格する
保育士試験を受験し、合格することで保育士資格習得を目指す方法があります。
保育士試験の受験資格は、以上の4つとなっています。

受験資格
(1)一般の大学・短大・高等専門学校等を卒業した者
(2)平成3年3月31日以前に高等学校を卒業した者
(3)高校もしくは中等教育学校等を卒業して、その後児童福祉施設で2年以上、かつ2,880時間の実務経験を有する者
(4)児童福祉施設で5年以上、かつ7,200時間の実務経験を有する者

保育士資格試験は、筆記試験と実技試験に分かれています。
なかでも、実技試験は「音楽表現に関する技術、造形表現に関する技術、言語表現に関する技術」のなかから2科目を選択しなければなりません。
実技試験の音楽表現に関する技術を選択した場合、音楽技術が求められます。

ピアノは必須ではない
しかし、この科目においてピアノは必須ではありません。
アコースティックギター、アコーディオンギター、ピアノの3つの楽器から演奏楽器を選べるようになっています。
つまり、保育士試験を受験する場合、ピアノが弾けないとしても問題はないということです。
ピアノが弾けない人でも、問題なく保育士を目指せすことは可能です。

保育士講座・スクール比較

保育士に求められるピアノのスキルは?

子ども達がピアノに合わせ歌える「伴奏程度」で十分!

保育士を目指すにあたり、特にピアノの技術を前もって習得する必要がないことは理解できたと思います。
しかし、保育士として現場で働く以上、ピアノの演奏は必要不可欠。
園児の誕生日会や季節ごとのイベントなど、保育士がピアノを演奏する機会は多々あります。
実際の所、どの程度ピアノのスキルが必要なのでしょうか。

求められるピアノのスキル
実際に保育士として働いている方たちの意見を見てみると「伴奏ができるレベル」であれば問題ないそうです。
まず大事なのは、園児たちがピアノに合わせて歌うこと。
子どもたちが気持ちよく歌えるレベルであれば心配ありません。
大抵の場合、音楽会や園でおこなわれる式でピアノを弾くのは代表の1人だけです。
保護者の前で演奏する場合はある程度のレベルが求められますが、日々の仕事においてはそこまでピアノを重視する必要はないでしょう。

代表的な曲を練習する
保育園でよく使われる代表的な曲を紹介します。
前もってこれらの練習をしておくと、後々で助かるかもしれません。

●主に保育園でよく使われている曲
・おもちゃのチャチャチャ
・1年生になったら
・きらきら星
・大きな古時計
・さよならぼくたちのほいくえん

保育士講座・スクール比較

ピアノスキルを身につけるには?

ピアノの教本・楽譜を使った独学!

保育士資格習得を目指すうえで、ピアノのスキルは必須ではありません。
しかし、保育士として働くのであればピアノでの伴奏は、求められることでしょう。
「ピアノが弾けない、楽譜を見てもすぐには弾けない」という悩みを抱えている方は、日頃から地道に勉強しておくことをおすすめします。

ピアノの練習方法
ピアノの練習といえば、専門講座でのレッスンや家庭教師をしてもらうことを思い浮かべるかもしれません。
しかし、実際はピアノの教本や楽譜を使って独学でも十分身につけることができます。

ピアノの教本を見て、まずは楽譜の正しい読み方から学び、数小節ずつ弾いてみる。
ゆっくりとしたテンポで通して弾く。
楽譜から代表曲をメインで練習して、慣れてきたら色んな曲に挑戦。
このようなステップを経て行けば、確実に技術は身についていきます。

簡単なものから練習する
教本、楽譜を選ぶときの注意点として、自分のレベルにあったものを探しましょう。
あまりに高度なものだと、ぱっと見ただけで嫌気がさしてしまう恐れがあります。
徐々にステップアップすることを意識して、まずは簡単なものから選ぶとよいでしょう。
そのうえで、自分の弾きたい曲、楽曲の用途を確認すれば間違いありません。

保育士講座・スクール比較

関連特集

保育士の資料請求

通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

さらに詳しく

最新情報

保育士の関連資格
保育士 ベビーシッター チャイルドマインダー 幼稚園教諭 リトミック

おすすめスクールレポート