資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

公務員保育士とは?給料や待遇・公務員試験について紹介

保育士を目指す人にとって公立の保育所で働く「公務員保育士」を目指すべきか、私立の保育所で働く「一般保育士」になるかは悩みどころです。名前に「公務員」が付くのは安定していそうで魅力的ではありますが、その一方で試験の難易度が高ければ合格できず働き始めることができません。
そこで今回は公務員保育士の特徴、公務員保育士と一般保育士の違い、公務員保育士になるための方法、試験内容や受験資格、難易度、合格倍率についてご紹介したいと思います。

公開:2019-06-04 (最終更新:2019-06-21)

公務員保育士とは?

保育士_public_employee

公立の保育所で働く保育士のこと!

そもそも保育所は、保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児または幼児を保育することを目的とする通所の施設のことを指します。保育所には公立と私立があり、公立は市区町村など地方自治体によって設立されたもので、その他の主体【社会福祉法人や株式会社、学校法人、宗教法人、個人など】によって設立された保育所は全て私立保育所です。
保育所のうち公立の保育所で働く保育士のみが「公務員保育士」と呼ばれます。現在、公立保育所よりも私立の保育所の方が圧倒的に数で上回っています。全国に23,537カ所の保育所があり、その内公立保育所は9,212カ所となっています。

保育所は設置主体による分類の他に『認可』『認可外(無認可)』という分類があります。「認可保育所=公立保育所」と捉えている人もいますが、これはよくある誤解です。認可保育所とは児童福祉法の設備・運営基準を満たした施設のことを指す言葉です。公立保育所は全て認可保育所であるのは事実ですが、基準を満たしていれば私立保育所も認可保育所の看板を掲げることができます。

公務員保育士を目指す方は、公立保育所と認可保育所を同一視しないよう注意しましょう。

私立保育所で働く一般保育士との違い!

私立保育所で働く一般保育士と公立保育所で働く公務員保育士にはいくつかの相違点があります。

●職に就くまでのプロセスの違い
保育士の資格を取得するためには保育士試験をクリアするか、指定保育士養成施設(大学・短大や専門学校)で定められた学びを修める必要があります。ここまでは一般保育士も公務員保育士も同じです。
私立保育所の一般保育士になりたければ、保育士の資格取得後に就職活動を行って、内定を得て、就職にいたります。
一方、公務員保育士の場合は、保育職のための地方公務員試験に合格する必要があります。すなわち、一般保育士よりも公務員保育士の方が合格しなければならない試験が一つ多いということです。

●待遇の違い
公務員保育士は他の地方公務員と同じように雇用が安定しています。市区町村であっても倒産する可能性はゼロではありませんが、その他法人に比べれば安定感は抜群です。また、待遇面については一般保育士の平均年収が約315万円であるのに対して、公務員保育士が約336万円と約20万円多いです。

●異動の有無
一般保育士は設置主体が複数の保育所を経営していない限り、就職した保育所で働き続けます。転職を希望しない限り、他の保育所で働くことはありません。
一方、公務員保育士は他の公務員同様、数年の間隔で異動が発生します。同じ市区町村内に異動は限られますが、異動先を自身で選ぶことはできません。

保育士講座・スクール比較

公務員保育士になるには?

保育士資格所持が前提で、自治体の公務員試験合格が必要!

公務員保育士は保育士資格を持っているだけではなれません。公務員保育士は保育士であると同時に公務員でもあるのです。公務員は中央省庁などで働く「国家公務員」と都道府県や市区町村といった地方自治体で働く「地方公務員」とに分かれます。保育士は「地方公務員」に該当しますので、各自治体が実施する地方公務員試験に合格する必要があります(国家公務員採用試験を受験する必要はありません)。
地方公務員は職種ごとに募集・試験が行われます。保育士は「福祉(保育士・児童指導)」職として、保育士の不足状況や今後の保育ニーズの動向を見ながら、各自治体が個別に募集を行っています。試験内容も自治体ごとによって異なりますので、ホームページなどを通じて自分が就職を希望する自治体の採用や選考に関する詳細情報を入手する必要があります。
地方公務員試験の主な受験資格は2つあります。

1.受験時点で保育士の資格を持っているか
 受験年度末までに資格取得の見込みがあることも含まれます。

2.年齢が一定の範囲内であるか
 例えば板橋区の場合、昭和56年4月2日から平成11年4月1日までに生まれた人、と制限されています。

保育士講座・スクール比較

保育士になるための公務員試験概要は?

各自治体での違いはあるものの『筆記試験や面接、実技試験、身体測定など』

1.筆記試験
一般教養・基礎学力を問うものや、保育士としての専門知識を問う試験が出題されます。一般教養や基礎学力は保育士としての実力とは無関係のようにも思えます。しかし、公務員保育士は市民の税金からお給料が支払われる「公僕」です。地方公務員の一員として恥ずかしくない教養を備えているかが筆記試験では問われます。

2.面接試験
一般企業の就職試験と同じように志望理由と自己PRを軸に面接は進められます。形式は個別面接や集団面接など多様です。保育士は精神的にも身体的にも大変な仕事ですし、公務員保育士は自治体職員の一員でもあります。採用した公務員保育士が長く働けられるか、人格的に問題ないかなど、面接試験を通じて人柄がチェックされます。

3.実技試験
ピアノの演奏や絵本の読み聞かせなどを実演し、保育士としての実際の技量を確認する試験です。目の前に子どもたちがいるわけではありませんが、子どもたちがいるという想定で演奏や読み聞かせをするのはなかなか難しいものです。事前の練習が成否を左右します。

4.その他
その他にも公務員保育士としての適正を探るために、各自治体は工夫を凝らした試験を実施しています。例えば、グループワーク(集団行動観察試験)。仲間の保育士と協力して保育に当たれるかがチェックされます。他にもプレゼンテーションや体力測定などを課す自治体もあります。

受験資格について

保育士になるための公務員試験には、他の地方公務員試験とは異なる独自の受験資格が設定されています。
主な受験資格は以下の2つです。

第一に、保育士資格を持っていて、都道府県知事の登録を受けていることです。尚、公務員試験を受験する時点では保育士の資格を持っていなくても、受験する年度中に資格を取得する見込みがあれば、公務員試験は受験可能です。

第二に、年齢制限です。自治体によって異なりますが、一般の保育士募集の場合、概ね20歳以上から30代半ばまでと定められていることが多いです。

その他に「住所要件」を課す自治体もあります。住所要件とは、公務員試験を受験する時点で自治体内に在住しているか、採用時に在住可能であるかを求めるというものです。逆に「欠格事項」に該当すると公務員試験は受験できません。全ての自治体に共通している欠格事項は「地方公務員法第16条の各号に該当する者」です。例えば、成年被後見人(精神障害などの理由で判断能力に欠ける者)や犯罪などを起こし禁錮以上の刑に処された者などです。
また、自治体によっては外国籍であることを欠格事項にしている場合もあります。外国籍の受験者を受け入れている場合であっても、在留資格による受験制限を設けています(永住者や定住者に限るなど)。

保育士講座・スクール比較

保育士の公務員試験は難しいの?

遇面での人気から受験者数も多く、合格率1ケタ台の地域もあり!

公務員保育士は一般の保育士に比べ待遇が良いのが特徴です。板橋区の保育士の勤務条件を見ると「初任給約19.5万円」「期末手当などあり」「昇給原則年1回」「週休2日」「年20日の有給休暇」「夏季・生理・妊娠出産・慶弔・育児休暇あり」「研修制度あり」「職員住宅/家賃補助あり」「被服貸与あり」など、一般の地方公務員と同等の待遇で働くことができます。公立であるがゆえに保育所の経営に不安もありませんので、保育士を目指す人にとって公務員保育士は魅力的な仕事です。
その一方で公立保育所の数は限られ、高待遇を背景とした離職率の低さもあいまって、新規の求人数には限りがあります。受験者数が多い一方で求人数は限られているため、公務員保育士は狭き門と言えます。板橋区の直近3年間の受験者数と最終合格者数は以下の通りです。

年度採用予定者数(人)受験者数(人)合格者数(人)合格倍率(倍)
平成27年度      30    139     39   3.56
平成28年度      20    122     24   5.08
平成29年度      30    134     60   2.23

                (資料)板橋区「平成30年度 板橋区職員(福祉)採用選考案内」より

全国的に見ても合格倍率が2倍を下回る自治体はほとんどありません。逆に合格倍率が10倍を超える自治体もあります(東京都調布市の93倍が最高〔平成29年度〕)。公務員保育士合格を目指すなら、保育士試験だけではなく、公務員試験も見据えた入念な準備が求められます。

保育士講座・スクール比較

関連特集

さらに詳しく

保育士の資料請求

通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

保育士の関連資格
保育士 ベビーシッター チャイルドマインダー 幼稚園教諭 リトミック

おすすめスクールレポート