資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

英検

英検

日本で最初の英語検定で、小・中学生から社会人まで幅広い年代から支持されています。検定は「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能。中学生レベルの5級からネイティブ・スピーカーに準ずる1級までの7つの級に分かれます。

英検資格ガイド どんな資格

日本で最初の英語検定で、小・中学生から社会人まで幅広い年代から支持されています。検定は「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を、基礎から応用まで総合的に測るように構成されています。近年は「聞く」能力の判定を重視する問題改訂がなされ、より現実に即した判定を行えるようになりました。試験は中学生レベルの5級からネイティブ・スピーカーに準ずる1級までの7つの級に分かれています。

資格の活かし方

英検は知名度も高く、英語能力を正確に測る基準として広く認知されています。2級以上を取得していれば、外資系の企業のみならず、貿易会社や運輸会社、スーパーなどの小売業者など、海外と取引のある企業ならどこでも評価の対象となるでしょう。また学生ならば、高校・大学などの単位に認定されたり、就職試験の英語が免除されるケースもあり社会的信頼性は絶大です。

気になる将来は?

2003年度から、2級・準2級でリスニングの試験時間が増やされ、筆記の長文問題では、手紙などの実用的な問題が取り入れられるなど、問題内容がより実際のコミュニケーションを見据えたものへと変化しています。この傾向は今後も強まる可能性が高いと思われます。また、2006年には現在の公的検定から民間資格にレベルアップすることもあり、英検の社会的信頼度はこれからも変わることはないでしょう。

試験データ

項目 内容
資格・試験名 実用英語技能検定
試験区分 民間資格
主催団体 公益財団法人 日本英語検定協会
受験資格 特にありません
合格率 1級:10.0%、準1級:15.1%、2級:25.0%、準2級:35.8%、3級:55.3%、4級:69.8%、5級:83.0%
平成24年度の各級総受験社数から算出。
※対象人数… 総受験者数:2,319,398人 合格者:1,199,675人
出題内容・形式 ▽2級以上の場合
1次試験:筆記とリスニング
2次試験:日本人の面接官一人と受験者一人

※4級以下に二次試験(面接形式のスピーキングテスト)はありません。
検定料 1級7,500円、準1級:6,000円、2級:4,100円、準2級:3,600円、3級:2,500円、4級:1,500円、5級:1,400円
問い合わせ先 公益財団法人 日本英語検定協会
http://www.eiken.or.jp/eiken/
〒162-8055 新宿区横寺町55番地
個人受付TEL:03-3266-8311
団体受付TEL:03-3266-6581
※平日10:00~17:00(土・日・祝日を除く)
ただし試験前日・当日は以下の通り窓口開設
試験前日9:30~17:30/試験当日8:00~17:30

英検の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
都道府県から探す 関東 東海 関西

おすすめスクールレポート