資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

パース

パース

パースとは透視図のことで、図面をもとに正確に建物の完成予想図を描く仕事です。図面だけでは伝わらない建築物の外観のイメージを伝えるパースは、建築業界などのプレゼンでは欠くことのできないものです。

パース資格ガイド どんな仕事?

パースとは透視図のことで、図面をもとに正確に建物の完成予想図を描く仕事です。図面だけでは伝わらない建築物の外観のイメージを伝えるパースは、建築業界などのプレゼンでは欠くことのできないものです。現在では3DソフトでつくったCGパースが主流ですが、用途に合わせてスケッチ風のものや水彩絵の具で仕上げたものなど、手書きの味を活かしたパースも人気があります。パースを描く人は「レンダラー」と呼ばれています。

活躍の場

設計事務所・建築・不動産・広告業界などで活躍します。多くは各企業に所属し、宣伝やデザインの部門などで、3Dイラストレーターの業務をこなします。また、就職先としてはパースや3Dイラストを専門に製作する会社もあります。3Dソフトや画像加工ソフトの習得はもちろん、効果的な表現のためのさまざまな手法を勉強すれば、クライアントのニーズに応える多彩なイラストを描くことができ、将来は独立も可能です。

必要な知識とスキル

正確で分かりやすいパースを製作するために、設計図を読み取る力が求められます。また建築に関する知識があれば、設計者の意図まで読み取ることができ、正確なだけでなく、より印象的なイラストを描くことができます。絵心がなければできない仕事ではありませんが、ロットリングやエアブラシ、水彩やスケッチなどの手書きの技法をマスターすれば、さまざまな要求に対応できます。各種3Dソフトや画像加工ソフトの習得は必須です。

パースの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート