資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

ファッションコーディネーター・スタイリスト

ファッションコーディネーター・スタイリスト

ファッションコーディネーターは、アパレルメーカーなどでブランドイメージに即して商品ラインナップや販売促進策を立案する「企画系」と、店舗でトータルな着こなしを提案する「販売系」の2つの職種があります。

ファッションコーディネーター・スタイリスト資格ガイド どんな仕事?

ファッションコーディネーターは、アパレルメーカーなどでブランドイメージに即して商品ラインナップや販売促進策を立案する「企画系」と、店舗でトータルな着こなしを提案する「販売系」の2つの職種があります。
一方スタイリストは、タレントやモデルが、テレビや映画、雑誌などでその場に相応しいイメージとなるように洋服や靴、アクセサリーなどをコーディネートします。どちらの仕事も、市場のトレンドやイメージを踏まえつつ、いかに新しいコーディネートを提案していくかという点が腕の見せ所です。

活躍の場

ファッションコーディネーターの場合は、アパレルメーカーの企画部門や小売部門、独立系ファッションデザイナーの事務所などが就職先として考えられます。スタイリストの場合は、最初はスタイリスト専門事務所に就職するか、フリーで活躍しているスタイリストの元でアシスタントとして働くのが一般的。キャリアや人脈ができたところで、独立するケースが多いようです。

必要な知識とスキル

スタイリスト、ファッションコーディネーター共に必要なのは、求められているイメージを正確に汲み取る力です。自分が手がけるブランドやタレント・モデルをどのような方向でイメージアップしていくか、それが掴めてはじめてこの仕事の価値を生み出すことができます。ファッショントレンドを敏感に察知、分析する力も大切です。
ファッションコーディネーターには、新しい企画を提案するプレゼンテーション力も求められます。スタイリストの場合、アパレルメーカーやセレクトショップから商品を借りてくることも多いので、それらをきちんと管理できる能力は必須。

ファッションコーディネーター・スタイリストの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート