資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

パタンナー

パタンナー

デザイナーが描いたデザイン画をもとにパターン(型紙)を作るのが主な仕事です。商品イメージ通りのファーストパターンの作成、サンプル作成やパターンの修正、大量生産のための工業用パターン作成などが具体的な業務となります。

パタンナー資格ガイド どんな仕事?

ファッションデザイナーが描いたデザイン画をもとにパターン(型紙)を作るのが主な仕事です。デザイナーと打ち合わせをしながら、商品イメージ通りのファーストパターンの作成、サンプル作成やパターンの修正、大量生産のための工業用パターン作成などが具体的な業務となります。生産ラインでの作業を見越して、生地の選定や加工がしやすい縫製の仕方、効率的に生地を使う方法などを工夫するのもパタンナーの重要な役割です。

活躍の場

アパレルメーカーや繊維メーカーのデザイン・制作部門、ファッションデザイナーのアトリエ、サンプル専門のメーカー、縫製工場などがパタンナーの主な活躍の場となります。基本的にはCADシステムがあれば自宅で作業を行うことも可能なので、企業でキャリアを積んだ後、独立して活躍する人も少なくありません。

必要な知識とスキル

パタンナーの仕事は、縫製されて最後に洋服になるための型紙を作ること。そのためには、デザイン画から型紙を起こすスキル(パターンメイキング)はもちろん、生地や糸など素材の特性、さまざまな縫製の方法を知っている必要があります。
また、パタンナーはデザイナーと縫製チームとの「橋渡し役」でもあるので、デザイナーの意図を汲み取る力、その意図を縫製現場に伝えたり交渉したりする力も求められます。最近ではCADシステムを導入している企業も多いので、CADソフトの操作スキルも必須といえます。

パタンナーの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート