資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

バイヤー

バイヤー

百貨店や小売店、スーパーマーケットなどで販売する商品を、メーカーや卸売り業者から買い付ける仕事。いわば、仕入れ担当者です。消費者が求めているものや、流行など情報収集を綿密に行い、売れる商品を仕入れなければなりません。

バイヤー資格ガイド どんな仕事?

百貨店や小売店、スーパーマーケットなどで販売する商品を、メーカーや卸売り業者から買い付ける仕事。いわば、仕入れ担当者です。消費者が求めているものや、流行など情報収集を綿密に行い、売れる商品を仕入れなければなりません。また商品展開や仕入れ計画、価格調整などもバイヤーの仕事です。そして何より店頭での売れ行きが、バイヤーへの評価そのもの。責任は重い仕事ですが、その分やりがいのある仕事と言えるでしょう。

活躍の場

まずは、販売員として百貨店や小売店に勤めること。現場を知らなければ、バイヤーにはなれないと言っても過言ではありません。販売、接客を通じて、客層や消費者動向、市場動向を研究し、自分の知識と自信を身につけましょう。その後、キャリアアップしてバイヤーになるケースがほとんどです。また更にキャリアアップしてフリーとなり、仕入れた商品を店舗に卸したり、店を開業し自分で仕入れた商品を販売する人もいます。

必要な知識とスキル

まずは販売経験を積むこと。ただ単にお客様に商品を売るだけではなく、それらを通して、自分の糧となる知識を得ていくことです。その経験がバイヤーになった時の、仕入れや販売計画に反映されるのです。バイヤーとして何より必要な資質は、交渉力や調整力。また対外的にも社内的にも円滑なコミュニケーションがとれること。どんなにいい商品であっても、バイヤーの腕がなければ、仕入れることも販売することもできません。

バイヤーの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
都道府県から探す 北海道・東北 関東 関西 九州・沖縄

おすすめスクールレポート