資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

宝石鑑定

宝石鑑定

宝石の特性を調べたり本物かを判定したりする「鑑別」と、ダイアモンドの品質を4C(キャラット・カラー・クラリティ・カット)に基づいて決めたり、鑑定書を作成したりする「鑑定(グレーディング)」という2つの仕事があります。

宝石鑑定資格ガイド どんな仕事?

宝石の特性を調べたり本物か偽物かなどを判定したりする「鑑別」と、ダイアモンドの品質を4C(キャラット・カラー・クラリティ・カット)に基づいて決めたり、鑑定書を作成したりする「鑑定(グレーディング)」という2つの仕事があります。
最近は合成宝石や処理宝石などの技術が高度化しているため、高価で精密な分析機器を用いて鑑定・鑑別作業を行うことが増えています。

活躍の場

主な活躍の場は、ジュエリーメーカー、宝石販売店、デパート、輸入代理店などです。また数は多くありませんが、宝石の鑑定機関や質屋などでも、鑑定・鑑別ができる人材へのニーズがあります。
独立して宝石の鑑定・鑑別や買い付けを行ったりする人もいますが、宝石を正しく見極めるためには多額の設備投資が必要なため、ある程度資本力のある宝石店やジュエリーメーカーなどに勤務するのが一般的です。

必要な知識とスキル

ダイヤモンドやその他宝石に関する深い知識、そしてそれらを正しく鑑定・鑑別する技術は必須です。一つひとつの宝石を精密に調べるため、高い集中力も求められます。
宝石業界のトレンドを分析する力や、宝石の魅力を引き出す貴金属とのコーディネート力などを磨けば、ジュエリデザイナーとして活躍することも夢ではありません。

試験データ

項目 内容
資格・試験名 FGA
試験区分 民間資格
主催団体 英国宝石学協会
受験資格 日本宝飾クラフト学院にて指定のコースを受講すること。
※受講条件は、日本語の読み書きができれば原則受講可能。ただし、色の判断等に不安があれば要相談。学歴不問ですが、高卒程度の理解力が必要です。WEB上での課題提出あり。
合格率 ファンデーション試験:70%
ディプロマ試験:40%
出題内容・形式 インターネット上でのOn-Lineアサインメント(学習課題)4課題(試験の20%になります)および試験当日の筆記試験(試験の80%になります)。
ディプロマでは研究課題の提出が求められます。
※On-Lineアサインメントは試験の4ヵ月前より毎月1課題ずつ行います。

ファンデーション試験:合計4時間30分
ディプロマ試験:合計5時間
検定料
問い合わせ先 日本宝飾クラフト学院 宝石学部
http://www.jj-craft.com/gem-a/
〒110-0016
東京都台東区台東3-13-10
TEL:03-3835-3388

宝石鑑定の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 関東 東海 関西 九州・沖縄

最新情報

おすすめスクールレポート