お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

栄養士って国家資格なの?

> > 栄養士って国家資格なの?

2016.02.02
更新

栄養士って国家資格なの?

栄養士は国家資格であるという説と、国家資格でないという説がネット上ではどちらも存在しています。ここでは、法律や根拠文献を基にどちらが正しいかを検証しています。

通学講座を探す通信講座を探す

栄養士って国家資格なの?

栄養士は国家資格です。

栄養士は栄養士法に定められる資格であり、名称独占資格の一つです。これは日本の現行法で規定されているので、間違いのない事実です。

では、国家資格とは何でしょう。これは法律で定義されているものではないようですが、文部科学省が公表している資料によると、「国家資格とは、国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明される資格」とされています。

この定義の通りに解釈すると、国の法律である栄養士法に基づく栄養士免許は「国家資格」であることになります。

また、「国家資格であるか」は実際の就職や資格の意義とは無関係とも言えます。栄養士法に基づき栄養士を名乗れるのは免許取得者だけの特権であることに変わりはありません。

栄養士法とは

栄養士法とは、栄養士・管理栄養士に関する日本の現行法です。

同法では、栄養士資格について、「栄養士の免許は、厚生労働大臣の指定した栄養士の養成施設において二年以上栄養士として必要な知識及び技能を修得した者に対して、都道府県知事が与える。」としています。

一方、管理栄養士資格については、「管理栄養士の免許は、管理栄養士国家試験に合格した者に対して、厚生労働大臣が与える。」としています。

国家資格とは

調べうる限りで、もっとも国家資格の定義を明確に打ち出し、且つ信頼できる情報源が、文部科学省のHP内で公表している「国家資格の概要について」という資料です。
「国家資格とは、国の法律に基づいて、各種分野における個人の能力、知識が判定され、特定の職業に従事すると証明される資格」とされています。

重要な点は、免許交付や認定団体が国であるかではなく、国の法律に基づいているかどうかを軸としているところです。つまり都道府県の条例に基づくものは国家資格とみなされませんが、免許交付が都道府県でも国家資格の可能性があるということです。

国家資格ではないといわれる主な理由

管理栄養士という国家試験のある資格が存在することが、多くの混乱を招いています。
以下が管理栄養士と対比した栄養士の特徴です。

・国家試験がない
もともと栄養士には試験がありましたが、現在は試験が廃止されています。所定の学校を卒業すれば誰でも資格取得が可能です。そのため国家試験がないのだから国家資格ではないという主張があります。ですが、試験の有無は国家資格かどうかには関係ありません。ほかにも無試験で取得できる国家資格は存在します(アマチュア無線技士など)。

・都道府県知事が免許を交付
免許に関して、管理栄養士は厚生労働大臣が交付するのに対して、栄養士は都道府県知事が交付します。国が交付しないので国家資格ではないという主張があります。ですが、先述の国家資格の定義が正しいとすると、都道府県などの地方自治体が所管する国家資格も存在することになります。

[ 人気開講エリア ]

新宿区 渋谷区

通学講座を探す通信講座を探す

栄養士関連情報

条件を絞って検索

通学講座エリア一覧

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.