お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

トリマーになるには?

> > トリマーになるには?

2016.02.29
更新

トリマーになるには?

トリマーになるには、必ずしも資格が必要というわけではありませんが、就職活動をする上では資格を持っていないと難しいのが現状です。ここでは、トリマーとして働きはじめるために必要なステップと注意点、将来性についても紹介していきます。

通学講座を探す通信講座を探す

トリマーになるには?

就職を考えると資格取得が有効

トリマーになるには、必ずしも資格が必要というわけではありません。しかし、トリマーの仕事は犬や猫を中心とした動物の被毛のトリミングや、爪のお手入れなどの技術が必要で、就職活動をする上では資格をもっていないと難しいのが現状です。そのため、資格取得されることをおすすめします。また、資格をもつことでペットサロンや動物病院などでプロのトリマーとして働く十分な能力があることの証明もなります。

注意したい点として、仕事の内容はトリミングだけにとどまらず、ペットの健康管理や飼い主さんへのカウンセリングも含まれます。そのため、取得予定の資格が実技のみを対象にしたものである場合には、別に知識面や理論面を補う資格も取得するのがベターです。また、受講予定の講座が通学講座か通信講座かによっても、取得できる資格や身につけられるスキルが変わってきます。スクールのホームページや資料をしっかりと確認・比較検討したうえで受講を開始しましょう。

所定のカリキュラムを修了後卒業試験を受験

資格を取得するには、まずは各講座が定める所定のカリキュラムを修了する必要があります。通学講座なら決められた時間割にそってスクールに通い、授業を受けます。授業内容はトリミングの仕方から動物の扱い方、器具の手入れの仕方、獣医学や公衆衛生学まで多岐にわたります。そのため、授業は約2年間のあいだ毎日、場合によっては休日にも授業がおこなわれることもあったりします。
卒業試験はやはり、トリミングの実技試験。通学講座では、ほとんどのケースで本物の犬や猫が使われます。スクールによっては来期の入学希望者も卒業試験の見学に招待しているところもあり、いつもとは違った緊張感の中で試験がおこなわれています。

通信講座の場合は、所定の課題を3〜5回程度提出後に犬の形をした人形を使って実技試験がおこなわれることが多いようです。すべての課題をクリアすると、申請後に資格取得となります。希望することで、本物の犬や猫へのトリミングをしたりペットサロンでの現場実習ができる講座もあるので、卒業試験前に現場経験をより多く積んでおきたい人は検討してみるのもよいかもしれませんね。

トリマーの就職先と将来性は?

課題や試験を終えて無事ライセンスを取得できたら、希望する職場への就職活動を進めましょう。ひと口にトリマーと言っても、ペットサロンやペットホテル、動物病院など、働く環境は人それぞれ。思い描く将来像に沿って、どのような種類の職場で働きたいのかを考えましょう。

講座によっては、独自の就職サポートをおこなっているところもあります。たとえば、通学講座を開講するスクールでは、ペット業界座談会やドッグサロン見学などを含めた就職ガイダンスが毎週開催されていて、ペット業界で長年働くベテランスタッフからアドバイスを受けることができるようです。また、自宅での勉強が基本の通信講座でも、就職サポートはしっかりとおこなわれているところが多数。ペット業界で働く講師によるセミナーや、具体的な開業のノウハウをプロの講師から教えてもらえる相談会などが開催されており、幅広い働き方に対応したサポート体制がととのえられています。

トリマーの仕事領域は多岐にわたっているため、今後さらに広がっていくことでしょう。これから動物関係の仕事をしたいと考えている方は、まず最も需要の多いトリマー関連から始めてみるのも良いかもしれませんね。

通学講座を探す通信講座を探す

通学講座エリア一覧

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.