お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

幼稚園の先生に向いている人とは

> > 幼稚園の先生に向いている人とは

2016.03.29
更新

幼稚園の先生に向いている人とは

幼稚園の先生を目指す人にとって、自分にその適性があるのかどうかはもっとも気になるところでしょう。もちろん「幼稚園の先生になりたい」という気持ちが何よりの条件ですが、その仕事内容から推測して、向いていると思われる人の特長をいくつかご紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

幼稚園の先生に向いている人とは

子どもが好きな人

幼稚園の先生の仕事は、子どもたちのことを1日中考えることと言っても過言ではありません。子どもの将来の幸せを願い、子供たちの心身の成長を親身になって考え続けられる人は、この職業が向いているでしょう。「将来は子どもがたくさん欲しい」「電車の中や街中などで赤ちゃんを見ると思わず笑顔になってしまう」という人は、その適性があると思います。

また、愛情をもって子どもに接すれば、その気持ちは自然と子どもに伝わるものです。一緒に遊んでいるうちに、子どものほうから寄ってくるようになるでしょう。そういう点では「子どもから好かれやすい」というのも、大事なポイントのひとつです。甥っ子や姪っ子、近所の子どもからなつかれているという人には、おすすめの仕事です。

世話好きで面倒見のいい人

幼稚園に来る園児たちは、親元を離れるのもはじめての小さな子どもたち。その日の気分によってぐずったり、反抗的になることもあります。そんな子どもたちにあたたかく接するには、どんな場面でも大きく構えて見守ってあげられる面倒見のよさが求められます。友だちからよく悩み相談をされるという人や、小さいころから弟や妹の世話をよくしていたという人なら、違和感なく仕事をこなせるでしょう。

また幼い園児たちは、食事や着替え、トイレなどの日常生活を送る能力でさえも、まだ未熟。幼稚園の先生は、それらを手取り足取り教えてあげなければなりません。「お母さんの手伝いをするのが好き」「道に迷っている人には丁寧に教えてあげる」などの世話好きな人なら、そういった日常のお世話も苦にならないのではないでしょうか。

手先が器用な人

幼稚園の教室の壁や掲示板には、季節に合わせて色画用紙でつくったお花や動物が飾られていることが多くあります。このような飾りは、実は幼稚園の先生が作成していることがほとんどです。 また、お遊戯会や運動会で演劇などの出し物をする場合、子どもたちが身につける衣装や小道具を先生がつくることもあります。そのため、「工作や手芸が好き」「洋服のリメイクをするのが得意」というような手先が器用な人は、幼稚園の先生の仕事を楽しんでできるのではないでしょうか。

また、園児たちに歌を教えたり、タンバリンやハーモニカなど簡単な楽器を演奏させるという時間が、多くの幼稚園で設けられています。そのため、楽器を演奏したり音楽を聴くのが好きという方も、幼稚園の先生の適職があるといえるかもしれません。

通学講座を探す通信講座を探す

給付金対応講座

通学講座エリア一覧

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.