資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

宅建士(宅地建物取引士)下関市の講座一覧

宅建士(宅地建物取引士)の通学講座を下関市内で探すならBrushUP学びがとても便利です!通いやすい学校や教室がどこにあるのか一目でわかるマップと費用や期間が比較しやすい講座一覧が特徴です。現在下関市内で受講できる3件の宅建講座を資料請求できます。

下関市[ 山口県 ]

  • 3

おすすめ 量・時間ともにまさに標準!効率的に学習を進められるスタンダードコース

【宅建士】 総合本科生 [教室/個別DVD講座]
  • 資格の学校 TAC(タック)/通学
  • 費用: 138,000
  • 期間:約6ヶ月
  • 土日開講 夜間開講
講座イメージ

【量・時間ともまさに標準!効率的に学習を進められるスタンダードコース】誰でも宅建試験合格のためにすべての時間を使うことはできません。限られた時間でムリ・ムダなく学習することが肝心です。このコースなら約半年間、週2回ペースで学習でき、十分合格 ...

この講座を資料請求

早めのスタートを切り万全の準備をする方へ

平成29年10月試験対応! 宅地建物取引士講座
  • 日建学院
  • 費用: 270,000
  • 期間:約10ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講
講座イメージ

平成28年度・日建学院の合格率■74.5%■※上記合格率及び合格者数は、当学院宅建コースに在籍し出席率60%以上で、模擬試験正答率60%以上の基準を満たした方の数値です。基準達成者数1,087人中、合格者810人の合格率です(平成28年11 ...

この講座を資料請求

無駄を省いた重要ポイント主義で、最短合格を目指す!

平成29年10月試験対応! 宅地建物取引士短期集中コース
  • 日建学院
  • 費用: 162,000
  • 期間:約4ヶ月
  • 土日開講 夜間開講
講座イメージ

平成28年度・日建学院の合格率■74.5%■※上記合格率及び合格者数は、当学院宅建コースに在籍し出席率60%以上で、模擬試験正答率60%以上の基準を満たした方の数値です。基準達成者数1,087人中、合格者810人の合格率です(平成28年11 ...

この講座を資料請求
  • 3

通信

38,880円で合格まで徹底サポート!平成29年受験 宅建通信講座
  • 総合資格学院/通信
  • 費用: 38,880
  • 期間:約5ヶ月
  • web
講座イメージ

【宅建通信講座の4つのポイント】1.長年の指導ノウハウを結集した教材当学院の教材は、直接受講生を指導する講師陣および講習開発スタッフたちによる執筆。長年にわたる指導ノウハウが凝縮した、言わば「受講生の声が反映された教材」。受講生が理解しやす ...

この講座を資料請求

通信

宅建士講座 まるかじり本科生 (Web通信/DVD通信)
  • 資格の学校 TAC(タック)/通信講座
  • 費用: 60,000
  • 期間:約3ヶ月
講座イメージ

できるだけ少ない講義回数で合格を目指したい、そんな方におすすめです。試験範囲を100論点に絞った市販書籍「まるかじり宅建士最短合格テキスト」と「まるかじり宅建士逆転合格ゼミ」で、著者の相川眞一講師みずから一気に合格へと誘います。ただし、「一 ...

この講座を資料請求

通信

宅建士講座 総合本科生 (Web通信/DVD通信)
  • 資格の学校 TAC(タック)/通信講座
  • 費用: 138,000
  • 期間:約4ヶ月
  • web
講座イメージ

初学者から宅建士試験合格へ!約6ヶ月、週2回のペースでムリなく合格が狙えるコースです。基本講義で各科目の知識をしっかり習得してから、答練などのアウトプット講義で身につけた知識を得点につなげるためのテクニックを身につけます。試験直前には全国公 ...

この講座を資料請求

通信

【通信】宅地建物取引士講座
  • ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』
  • 費用: 19,440
  • 期間:約6ヶ月
講座イメージ

「宅建」は年間20万人以上が受験申込みをする人気の国家資格です。宅建資格は「設置義務資格」という種類の国家資格で、宅建業を営むのであれば宅建資格者の設置が法律で義務づけられています。しかも、法律系国家資格の入門的資格であり、合格率15%前後 ...

この講座を資料請求

通信

宅建通信合格コース
  • 日建学院/通信
  • 費用: 41,040
  • 期間:約3ヶ月
  • 分割 web
講座イメージ

【日建学院の「宅建通信合格コース」は、合格レベルの実力を無理なく効率的に身につける事が可能です!】宅建通信合格コースの大きな特徴として、毎年、高い合格率を誇る日建学院宅建通学講座と同様の教材及びカリキュラムで受講できる点です!また、宅建試験 ...

この講座を資料請求

下関市エリア

下関市にあるスクールを地図で見る

下関市の宅建の受講料金は、40,000円〜。標準学習期間は、3ヶ月〜です。
下関市は、山口県の最西端に位置し、長門市、美祢市、山陽小野田市、福岡県北九州市などに接しています。人口は278962人で、全国79位(2013年3月時点。政令指定都市・特別区は、区ごとにカウント)。関門海峡を挟んで西を日本海(響灘)、南を瀬戸内海(周防灘)に接しています。周防灘に注ぐ木屋川や響灘に注ぐ綾羅木川などの河口付近に形成されている沖積平野部を除くと、稜線が海岸ぎりぎりまで接近する地形となっており、特に旧市街では平地が少ないです。旧郡部ではいくつかの盆地が点在し、それぞれの盆地で集落を形成しています。市内に位置する主な山としては、関門海峡に面し観光スポットにもなっている火の山、航空通信施設などのある華山、あるいは狗留孫山などがあります。人の住む島としては、関門海峡に面した彦島、響灘に浮かぶ角島、蓋井島、六連島があります。港町として栄えたこともあり、古くから海運や貿易および金融に関連した産業が盛んでした。金融業では、日本銀行が当地に支店を置くほか、山口フィナンシャルグループ(山口銀行、北九州銀行、もみじ銀行を傘下に持つ)や山口県下最大の信用金庫である西中国信用金庫が本社を置きます。製造業では、造船業において、三菱重工業が彦島に下関造船所を置き、現在も同社造船部門の主要拠点の一つに位置づけられているほか、中小の造船所が存在します。他の製造業では神戸製鋼所(アルミ・銅製品)・ブリヂストン(タイヤ)・日清食品(即席食品)・シマノ(自転車)・ニチハ(窯業系外装材)・長府製作所(給湯設備、太陽光発電システム)などが下関に主な生産拠点を置いています。また、下関港は特定重要港湾、中枢国際港湾に指定されており、FAZ〔Foreign Access Zone〕輸入促進地域にも指定されています。 下関市以外の山口県にある宅建士(宅地建物取引士)講座をお探しの場合は、下部のリンクから希望のエリアを選択してください。

関連ページ

市区町村
中国・四国エリア
関連ジャンル