資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

情報セキュリティマネジメント試験の資格取得のメリットや仕事内容を解説します!

新型コロナウイルスの影響でリモートワークを導入する企業が増えてきています。
そのため、これまで以上に情報漏洩を防ぐべく、情報セキュリティマネジメントの知識を持った人材が求められています。
リモートワークの導入はIT業界だけでなく一般企業でも行われているため、業界を問わず注目されてる分野といっても良いかもしれません。
今回は今、注目の情報セキュリティマネジメントのメリットや仕事内容について解説します。

公開:2020-07-17 (最終更新:2020-07-17)

情報セキュリティマネジメント試験の資格を取得するメリットは?

情報セキュリティマネジメントのメリットや仕事内容を解説します!のイメージ

メリット(1):情報セキュリティの知識が身に付く

情報セキュリティマネジメント試験の内容を知らない方はその試験の名前だけでIT知識の資格だとお考えになるかもしれません。
もちろん、マルウエアや不正プログラム、情報処理技術といったIT技術系の内容もありますが、不正のメカニズム、リスク分析、人的セキュリティ対策など経営に関することや、人的教育に関することにも触れられています。
つまり、情報セキュリティマネジメントには技術以外の面の広い知識と人との関わり、企業の全体像の把握を必要とされています。別な見方をすれば、組織の一員として知っておくべきことなのかもしれません。
試験に合格することによって、これらを勉強し、一定の力をもっていることを証明することができるでしょう。

メリット(2):情報セキュリティのスペシャリストとして信頼が得られる

メリット(1)の方でも述べましたが、情報セキュリティマネジメントは組織の一員として知っておくべきことが多々あります。
ご自身の担当分野の仕事だけに目を向けるのではなく、全体を見通したうえで仕事ができることは自分の所属部署だけでなく関連部署との信頼関係を築くのに役立つでしょう。
また、社内のメール一つにしても、適切かつ的確な処理ができる人材として、安心して仕事を任せてもらうことができる信頼を得ることもできるのではないでしょうか。

情報セキュリティ講座・スクール比較

情報セキュリティマネジメント試験の資格を活かせる仕事内容とは?

技術者や社内の情報システム部門、人事関連など多岐にわたる

IT関連の他の資格をお持ちの方なら技術者として、IT企業や一般企業の情報システム部に所属し、技術的セキュリティ対策に関わっていく仕事があるでしょう。

しかし、IT関連の他の資格でなくても必要とされるものがあります。
たとえば、各企業の人事関係者です。
自社の社員管理は社内でのID付与やメール設定など人事関係者が社内の情報システム部やあるいは契約のITサポート企業と連携して行うことが多くあります。
個人情報保護関係の書類作成も多く、社内の研修にも関わっていく部署です。
IT用語が理解できていると、接点の多い情報システム部やITサポート企業の担当者との打ち合わせなどもスムーズになるのではないでしょうか。
何より、社員研修に関わっているので、情報セキュリティの立場からのルール徹底や、一人一人の意識づけの大切さを教育するスタッフとしての活躍が期待されます。

ほかにも、情報セキュリティマネジメント試験の出題分野であるリスク分析、リスク評価、知的財産、情報資産、会計財務、経営組織といった内容は企画・経営に関連があります。
そればかりか、自社の状況理解、状況把握にも役立ちます。
企画・経営も業種を問わずどの企業にもあるセクションであるといえます。

法務にしてもやはり同じようなことがいえます。
情報漏洩、不正行為は裁判にも関わることです。
法務の知識に情報セキュリティマネジメントの知識が加われば、会社として具体的にどういう被害に遭い、法的に何が関連しているのかが見えてくるようになるかもしれません。

IT分野の資格と思われがちですが、業種・職種を問わず必要な知識であり、情報セキュリティマネジメント資格を持っているからこの仕事に就ける、というよりは、現在行っている仕事や既に持っている資格にプラスされていくものと捉えた方が良いかもしれません。
もちろん、これから就職活動を行う学生さんにとっては、部署を問わず活かせる資格としてアピールする価値はあるのではないでしょうか。

情報セキュリティ講座・スクール比較

まとめ

資格の名前に「情報」と付くとIT技術者向けと思われがちですが、逆にいえば活かせる仕事内容を見てみても、情報マネジメントセキュリティ試験の内容は現代の一般常識のような感じの側面がある印象もあります。

また、どの部署であっても実務に活かしていくことができる資格だということがおわかりいただけたのではないでしょうか。
情報化がさらに進んでいく時代への対応のために勉強しておきたい資格として、今後より一層注目されていく資格であるともいえるでしょう。

情報セキュリティ講座・スクール比較

さらに詳しく

情報セキュリティの資料請求

通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
北海道・東北 関東 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄
情報セキュリティの関連資格
ネットワーク Linux(リナックス) UNIX 情報セキュリティ プログラマ セキュリティ技術者 データベースエンジニア 組込・制御系エンジニア

おすすめスクールレポート