資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

スポーツトレーナーの年収・給料・収入は?【就職先・活躍の場も紹介】

スポーツが大好きな人にとって、スポーツとずっと関わることができるトレーナーの仕事は天職の一つと言えます。好きなスポーツに携われるだけあって、大きなやりがいを持って仕事を続けることができます。しかし、同時に気になるのはスポーツトレーナーの年収・給料・収入です。活躍の場が多彩なスポーツトレーナーは、職場によって得られる収入も様々です。
そこで今回は、就職先別の年収(給料)をアップさせる4つの方法について考えてみたいと思います。

公開:2019-08-13 11:50 (最終更新:2019-09-05 18:21)

スポーツトレーナーの年収(給料)を主な就職先・活躍の場別で紹介!

スポーツトレーナー_salary

プロチーム・選手専属のスポーツトレーナーとして働く場合の年収(給料)!

プロチーム所属、選手専属のスポーツトレーナーとして働く場合、その年収は300万円〜1,000万円と幅があります。スポーツトレーナーとして経験が浅い場合、所属する多数のトレーナーの一員として雇われるため、年収は300万円程度からスタートします。
経験を積み重ねることによって、年収は次第に増加していきますが、一般のサラリーマンのようには安定していません。それは成績によって、所属するチームや選手の獲得賞金やスポンサー収入などが大きく変動するからです。
成績が低迷した場合は、選手同様に解雇されることもあります。逆に、最新のトレーニング理論を修得し、チームの成績向上において主導的な役割を果たした場合、他チームからヘッドハンティングされ、年収の大幅アップが実現することもあります。

スポーツジムなどで正社員のスポーツトレーナーとして働く場合の年収(給料)!

スポーツジムなどで正社員のスポーツトレーナーとして働く場合、その年収は約300~400万円程度です。スポーツジムで働く場合、経験や実績が厳しく問われることはありません。未経験の状態からトレーナーとして働くこともできるため、年収はさほど高くありません。
勤続年数によって年収は若干増えますが、ジムの収入が飛躍的に増加しない限りお給料の大幅アップは期待できません。その一方で、ジムのお客様を安定的に確保できれば、突然の解雇はありませんので雇用は安定的と言えます。
最近はジムでもパーソナルトレーナー制度が普及していますので、「指名客」を多数抱える人気トレーナーになれば年収の増加が期待できます。ジムのトレーナーであっても、最新のトレーニング理論を修得し、お客様の満足感を高めることが重要だと言えます。

整体院などで正社員のスポーツトレーナーとして働く場合の年収(給料)!

整体院などで正社員のスポーツトレーナーとして働く場合、その年収は200万円〜600万円程度です。整体院ではスポーツトレーナーとして身に付けた知識を活かし、骨格の歪みを修正することで筋肉の痛みを解消したり、運動機能の回復を図ります。
年収は200万円程度からスタートし、勤続年数によって徐々に増加します、40代、50代の正社員であっても年収が300万円台の人が多いのが現実です。
年収が600万円程度に達する人がいるのは「副業」があるためです。専属のトレーナーを雇えないスポーツチームや、予算が限られている大学や高等学校などのクラブが整体院に対してトレーナーの派遣を要請します。非常勤のトレーナーですので派遣先一つ当たり数万円程度ですが、掛け持ちをすれば年収増加につながります。

スポーツトレーナー講座・スクール比較

スポーツトレーナーとして収入をアップさせるには?

正社員のインストラクターとして働く!

非正規雇用やフリーランスでスポーツトレーナーとして働いている人が収入をアップさせる近道は、ジムなどで正規雇用のインストラクターになることです。
非正規雇用は時給制であることが多く、その時給も最低賃金プラスアルファ程度です。仕事が少なく、労働時間が短くなり、それに比例して収入が減少します。また、フリーランスのトレーナーとして働くのは、ハイリスク・ハイリターンです。評価される実績や経験があれば収入が飛躍的に増加しますが、不十分な実績であれば収入は不安定になります。
収入をアップさせたければ、ジムなどで正社員のインストラクターとして勤務することです。雇用も収入も安定しますし、将来の独立を見据えて経験や実績を積むことも可能です。

スポーツ選手やチームと専属契約する!

スポーツトレーナーとして、実業団やプロスポーツチームなどの専属スポーツトレーナーとして契約できれば、収入がアップする可能性もあります。
一例ですが、知名度の高いスポーツトレーナーで年収が1,000万円を超えというケースもあるようです。また、週末のみ・特定期間だけスポーツトレーナーとしてサポートをする、というようにアルバイトで1万円~3万円程度が相場のようです。

一方で、専属のスポーツトレーナーになる厳しさも当然あります。日本においてスポーツ選手の専属トレーナーとして活躍している方の例は、ごく一部の方のようです。また、スポーツ界での人脈も必要でしょう。
スポーツ選手やチームと専属契約を目指すのであれば、スポーツトレーナーとしての実績・知名度などを上げることが先決と言えるかもしれません。

新たな知識や技術を身につける!

スポーツトレーナーとしての収入は自分の実力と連動しています。収入をアップさせたければ、自らの実力を高める努力が必要です。実力を証明するためにも、スポーツトレーナー関連の仕事で経験を積んだり、知識や技能を証明するために資格を取ることが有効でしょう。
また、海外の優れた最新のスポーツ理論を修得することも、自分の市場価値を高める一つの手段です。人口知能や機械学習など科学技術は日々進歩しており、スポーツの世界は最新技術をいち早く取り入れようとします。今までの知識、技能、経験に固執せず、最新の知識、技能を貪欲に取り入れる姿勢が成功の近道です。先進的なスポーツ理論・先端技術を教える海外の大学・研究機関に留学すれば、他のトレーナーとの差別化が図れます。

経営者として独立開業する!

スポーツトレーナー関係のビジネスを立ち上げ、経営者として独立開業するのも収入アップの一つの方法です。自営業、フリーランスとして個人で活動するのではなく、多くのスポーツトレーナーを束ねる経営者として開業すれば、一挙にビジネスの規模を拡大できます。複数の仕事を同時並行的に受注できますし、複数のトレーナーが異なる知識を持ち寄れるのでチームとしてトレーニングサービスを提供できます。
スポーツトレーナーとして優れていることと、経営者として会社を成功させられることとは全く別次元の問題です。経営者として独立開業したければ、起業、資金調達、労務管理、資金繰り管理などの知識も必要になってきます。従業員の生活の命運を握る重圧はありますが、大きなやりがいを感じられ、成功すれば大きなリターンが期待できる働き方と言えます。

スポーツトレーナー講座・スクール比較

スポーツトレーナーを目指すなら

スポーツトレーナー関連の資格取得がおすすめ!

スポーツトレーナーとして活躍することを目指すのであれば、専門知識・スキルがあることを証明する必要があるでしょう。
そのためには、いくつか存在するスポーツトレーナー関連の資格取得することが、効果的といえます。
未資格・未経験の方は、まずはじめにスポーツトレーナー関連の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

スポーツトレーナー講座・スクール比較

さらに詳しく

スポーツトレーナーの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

スポーツトレーナーの関連資格
ヨガインストラクター ダンス ダイビング スポーツビジネス フィットネストレーナー スポーツトレーナー ベリーダンス 乗馬 パーソナルトレーナー

おすすめスクールレポート