お電話での資料請求 0120-789-760 受付時間 平日10時〜18時

心理カウンセラーの仕事内容

> > 心理カウンセラーの仕事内容

2016.02.04
更新

心理カウンセラーの仕事内容

心理カウンセラーは、人の心に寄り添ってその人の心の問題を解決していく仕事です。心の悩みを抱えている人が増えている昨今、需要が高まっているこの仕事は、具体的にどういう業務を行っているのか、その内容について詳しくご紹介します。

通学講座を探す通信講座を探す

心理カウンセラーの仕事内容

心理カウンセラーとは?

心理カウンセラーは、いろいろな場所で活躍しています。例えば、「スクールカウンセラー」とは、いじめや不登校など様々な問題がある教育の現場で、教師をはじめとした学校側とは違う第三者的な立場で子供や保護者、また教職員の相談にのるという業務をしています。「産業カウンセラー」は、企業内の「心の相談室」などの場所で、昨今増えている職場内での心の悩みを持つ人やキャリア形成に悩んでいる人などへのカウンセリングを行っています。また、病院の中には「カウンセリング外来」があるところがあり、精神科医とは違うアプローチで心の問題を抱える人に対してケアを行っています。
独自のカウンセリングルームを設けてカウンセラーとして様々な人々の心のケアを行っている場合もあります。

こういった様々なカウンセラーを総称して「心理カウンセラー」と言っています。その活躍のフォールドによって、求められていることは違います。資格は仕事をするうえでもはや必須であり、様々な資格が民間団体によって作られています。

精神科医との違い

心理カウンセラーと同じく、心の問題に関してケアを行っていく人に「精神科の医師」がいます。医師は、薬を処方できますが、心理カウンセラーは薬を処方できません。心理カウンセラーがケアする相談者の状態によっては、精神科医にまかせることもあります。また、精神科医が「病気の治療」を行うのに対して、心理カウンセラーはあくまでも「カウンセリング」を行います。心理カウンセラーが臨床心理士をはじめとした資格保有者であるのに対し、精神科医は、医師免許が必要な職種です。
精神科医にかかるには健康保険が使えますが、心理カウンセラーへの相談には健康保険は適用されません。

現在、心理カウンセラーの資格、例えば臨床心理士の資格を医師の資格と重ねて持つ精神科医が増えています。どちらが上ということではなく、心理カウンセラーと精神科医はそれぞれ相談者へのアプローチが違うということが言えるでしょう。

カウンセリングとは?

それでは、心理カウンセラーが行う「カウンセリング」とはどんなものなのでしょうか。
簡単に言うと、カウンセリングは相談者にアドバイスを行うというよりも、相談者自身が心の問題を解決できるよう導く仕事のことです。心理カウンセラーが相談者に一つの解決方法や物事への見方を押しつけるようなことはしません。また、カウンセリングの上では、カウンセラー自身が話すというよりも、相談者の話に耳を傾けることがとても大事な作業です。その中で、相談者が何を問題としているのか明確にしていくのです。そうすることで、カウンセラーに受容してもらった相談者は、解決への糸口を見つけることになります。相談者を批判したり、何かを教えたりすることは、カウンセラーの仕事ではありません。

こう説明すると、カウンセリングの仕事はとても難しいことのように見えますが、その具体的な手法を資格試験の受験を通して学ぶことができます。

通学講座を探す通信講座を探す

心理カウンセラー関連情報

おすすめスクールレポート

  • 資格の学校 TAC

    資格の学校 TAC

    誰もがもっておきたい資格「簿記」。独学とTACで学ぶのはどちらが合格に近いか徹底比較!

  • 日本マンパワー

    日本マンパワー

    今注目の国家資格キャリアコンサルタント!様々な疑問をキャリア教育の案内役が解説!

  • クレアール

    クレアール

    教室講義でも通信添削でもない新しい学びスタイル「映像講義」が登場!


BrushUP学び ホーム会社概要広告掲載について利用規約お問い合せプライバシーについてWEBライター募集のお知らせ

Copyright © Paseli Co., Ltd. All Rights Reserved.