資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

パン

パン

パン職人の仕事は、パンの原材料を選び、美味しく焼き上げること。パンは出来上がるまでに時間がかかるため、早朝から仕込みをはじめます。地域の人に愛されるパン屋であるため、常に新しいパンを作り出すことも職人の大切な仕事です。

パン資格ガイド どんな仕事?

パン職人の仕事は、パンの原材料を選び、生地をつくり、発酵させて焼き上げることです。パンは出来上がるまでに時間がかかるため、朝早くから仕込みをはじめます。地域の人に愛されつづけるパン屋であるために、流行をとらえ常に新しいパンを作り出すこともパン職人の大切な仕事。
ベーカリーオーナーは、自分でお店を持ってその経営にあたります。独立系の小さなベーカリーでは、オーナー自らがパン職人として腕を振るうことも少なくありません。

活躍の場

ホテルのレストランのベーカリー部門、パンメーカーや個人経営のベーカリーショップが、パン職人の主な活躍の場となります。パンは種類によって原料の配分や製法が異なり、職人技を必要とする奥深い食品。一人前になるまでにはある程度経験を積む必要がありますが、しっかりと技術が身につき、資金が準備できた暁には、ベーカリーオーナーとして独立するという道もあります。

必要な知識とスキル

パン職人は、朝早く出勤し一日中ほとんど立ったままで力仕事を次々とこなします。したがって、パン作りへの情熱と体力を持ち合わせていることが大前提となります。パンの種類や製法に関する知識、パンづくりの技術ももちろん大切。また「パン生地は生き物」という言葉どおり、その日の温度・湿度によって発酵度合いが変わるため、そうしたことを敏感に察知しパン作りに反映する細やかさや、平行していくつものパンを作り上げていく要領の良さも求められます。

パンの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 関東

おすすめスクールレポート