資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

リンパマッサージ・リンパドレナージュの効果とは?好転反応などについて紹介します!

美容や健康に良いとされ、今では全国各地にお店やサロンを見かけるようになったリンパマッサージやリンパドレナージュ。書籍やインターネットでは自分で行うセルフリンパマッサージなども紹介され、私たちの生活の中でも身近なものになっています。
では、このリンパマッサージやリンパドレナージュには、具体的にはどのような効果があるのでしょうか。また、これらの施術を受ける際に耳にする「好転反応」とはどのようなものなのでしょうか。

公開:2020-03-17 15:42 (最終更新:2020-03-18 17:14)

リンパマッサージ・リンパドレナージュの効果について

リンパマッサージ・リンパドレナージュの効果とは?好転反応などについて紹介します!のイメージ

身体の健康促進に効果がある!

リンパマッサージ、リンパドレナージュにあるこの「リンパ」という言葉。よく見聞きするものの、どのようなものかはイマイチよく分からないという方も多いのではないでしょうか。

リンパとは、毛細血管からにじみ出た黄色の液体のことで「リンパ液」とよばれています。リンパ液は身体中に網の目のように張り巡らされているリンパ管の中を流れており、タンパク質や脂肪、糖質、細菌やウイルス、老廃物を運んでいます。リンパは、このような働きをしているため「血液のサポート役」、「血液の保険」とも言われており、血管から染み出てきた栄養素を血管に戻したり、老廃物や異物が血管に入らないようにしたりするなど、「リンパ液」は人間が健康を保つための重要な役割を担っています。
リンパ管は髪の毛のように細い管であるため、老廃物が蓄積し流れが悪くなりやすい性質があります。流れが悪くなってしまう要因としては、寒さや疲労、食生活の乱れなどが挙げられます。そのように悪くなってしまったリンパの流れを解消するために有効なものが、「リンパマッサージ」や「リンパドレナージュ」です。

【リンパマッサージ(リンパドレナージュ)で期待できる効果など】
① 免疫力向上
リンパの流れをスムーズになると、リンパ液に含まれる免疫細胞が全身にいきわたるため、免疫力を高める効果があるといわれています。

② むくみの解消
むくみは、リンパの流れが停滞がその原因の一つと考えられています。リンパマッサージにより体内の余計な水分が排出されやすくなることでむくみの解消に

③ ダイエット・痩身効果
リンパマッサージで身体の代謝がアップし、ダイエット効果が期待できます。

④ 体質改善
老廃物はリンパの流れが良くなると体外に排出されやすくなります。そのため頭痛や肩こりが改善や、さまざまな部分での体質改善が期待できます。

⑤ 疲労回復やリラックス効果
ストレスや疲労などでも身体の中には老廃物が蓄積されます。リンパの流れをよくすることでその老廃物の蓄積が解消され、疲労回復が期待できます。自律神経にも良い影響を与え、リラックス効果もあるといわれています。

リンパ講座・スクール比較

リンパマッサージ・リンパドレナージュの好転反応とはどのようなもの?

マッサージなどで老廃物などが血流に流れ込み、一時的に体調が悪くなる反応のこと

リンパマッサージ(リンパドレナージュ)を受けた後に、怠さ・不調を訴える人もいます。そのような不調の多くは「好転反応」と呼ばれるものです。
「好転」といいながら、なぜ不調を引き起こしてしまうのでしょうか。下記の通り、ご説明いたします。

リンパは、免疫機能をもっているため、細菌やウイルスなどから身体を守ってくれています。このため、リンパと戦って死んだ細菌やウイルスも老廃物がリンパ管の中に流れていて、リンパ管は「身体の下水道」と呼ばれることもあるほどです。

リンパマッサージでリンパの流れを改善し、蓄積していた毒素(疲労物質や老廃物など)が血液に流れ、外に出ようとするために、この好転反応が生じると言われています。
生成されて間もない毒素は比較的早く排出されますが、深い部分に蓄積している古い毒素は排出するまでに時間を要します。そのため、毒素を多く溜め込んでしまっている人の場合、特に好転反応が長く続きやすいという傾向があるようです。
人・体質などより、好転反応が起きる期間はそれぞれ異なりますが、約70%近くの人が1~3日間ほど好転反応の症状が継続したというデータがあり、1週間近く好転反応が継続する場合もあるようです。なかには、全く好転反応の症状が出ない場合もありますが、だから効果がなかったというわけではありません。
好転反応にはさまざまな症状があります。どのような例があるのか、下記にまとめました。

【具体的な好転反応の一例】
● だるさ・眠気・発熱・痛みなど
リンパマッサージにより、筋肉のこりが解消して細胞が復活すると、リラックスするに伴いだるさや眠気が出ることがあります。発熱や痛みの症状など反応が強く出ることもあります。体温の低い方や、体内にウイルスがいる方に現れやすい好転反応であると言われています。

● めまい・頭痛など
リンパマッサージをすることで、リンパの流れ以外に血流も改善されます。血流がよくなると頭痛やめまいといった症状をを引き起こす場合もあります。

● 古傷の痛み
ねんざや骨折をすると骨を守るために周りの筋肉が収縮します。段々と緩むものの骨の周りだけこりが残ってしまう場合があります。施術によって凝りがほぐれることで、神経の働きが正常化する際に鈍痛が起こりやすくなることがあります。

● むくみ・腫れ
リンパマッサージには老廃物や疲労物質を外に排出させる効果がありますが、うまく排出できない場合に、むくみや腫れといった症状が出ることがあります。

● 吹き出物・湿疹・肌荒れ
顔などでリンパマッサージを行った場合、吹き出物やニキビが出ることがあります。これはリンパが皮膚から近い場所に流れているためにそのような症状が起こりやすくなるようです。

● 排尿・排便
リンパマッサージでリンパの流れを改善し、老廃物の排出がスムーズになっていくと、尿や便の量が増加や匂い、色の変化などが起こることがあります。

リンパ講座・スクール比較

リンパマッサージ・リンパドレナージュで起こる好転反応への対処法は?

(1)施術前も施術後も水分を多めに摂る

好転反応は老廃物や疲労物質などの毒素の排出の際に起こる反応であり、水分を多めに摂取することでその排出を促進させます。水は冷たい水ではなく、常温の水を多く摂取することを心がけましょう。他にもハーブティーや白湯を摂取するのもよいでしょう。
リンパマッサージ(リンパドレナージュ)の施術の前にも水分を多めに摂っておくことで、老廃物や疲労物質の排出効果が高まるともいわれています。
老廃物などの毒素が再吸収されてしまうのを防ぐために、施術を受けた後すぐに食事はせず、まず先に多めの水分補給を心がけましょう。

(2)水分を補給し、よく湯船に浸かる

好転反応が出た場合は、怠さなどからシャワーで済ませてしまわずに、湯船に浸かって汗をたくさん流しましょう。汗が毒素の排出を促進させることで、好転反応の症状が出る時期をラクに過ごすことができるかもしれません。
この時、湯船に浸かりながら、腹式呼吸を意識してしっかりと呼吸すれば発汗作用が大きくなります。深くゆっくりと鼻から息を吸い、おへその下に空気を溜めていくようなイメージで、お腹を膨らませます。次に、ストローから吐き出すイメージで口から細く吐いていきます。息を吐くときには、息を吸うときの2倍くらいの時間をかけるつもりで行いましょう。湯船に浸かりながらゆっくりと数回行ってください。
また、入浴前に水分を補給しておくと、発汗が促されるだけでなく、血栓の予防にもつながります。入浴時にも汗をかくので、入浴後にも水分補給を忘れずに行いましょう。

リンパ講座・スクール比較

さらに詳しく

リンパドレナージュ(マッサージ)の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

リンパドレナージュ(マッサージ)の関連資格
リフレクソロジー フットケア アロマテラピー セラピスト リンパドレナージュ(マッサージ) ロミロミ アーユルヴェーダ オステオパシー ベビーマッサージ タイ古式マッサージ SNSカウンセラー

おすすめスクールレポート