資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

その他外国語枚方市の講座一覧

その他外国語の通学講座を枚方市内で探すならBrushUP学びがとても便利です!通いやすい学校や教室がどこにあるのか一目でわかるマップと費用や期間が比較しやすい講座一覧が特徴です。現在枚方市内で受講できる2件のその他外国語講座を資料請求できます。

[ 続きを読む ]

枚方市のその他外国語の受講料金は、10,000円~404,000円。標準学習期間は、2ヶ月~1年です。
枚方市は、大阪府の北河内地域に位置し、京都府・奈良県に接しています。人口は408,966人で、全国34位(2013年3月時点。政令指定都市・特別区は、区ごとにカウント)。枚方市は2001年4月1日に特例市に移行しました。 京街道の宿場町であり、かつて北河内郡役所も置かれた北河内地域の中核的な都市として発展しました。 七夕伝説やひらかたパークがあり、豊かな文化と教育、盛んなスポーツが特徴であるとされます。 枚方市以外の大阪府にあるその他外国語講座をお探しの場合は、下部のリンクから希望のエリアを選択してください。

その他外国語 枚方市

[ 大阪府 ]

枚方市駅

  • 2

個人レッスンで語学能力をUP!!真剣に学習する人のみ募集!

各種外国語講座 個人レッスン(中国語・韓国語)

  • KEC外語学院
  • 費用: 151,200
  • 期間:約12ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講 就職支援
[枚方市]各種外国語講座 個人レッスン(中国語・韓国語)の講座イメージ
  • 資格:中国語検定・韓国語検定
  • エリア:枚方市(枚方市)

KEC中国語・韓国語コースは口頭発話トレーニングで、受講生一人ひとりのレベルに合わせて、早く確実に使える語学を習得できるようご指導いたします。
初級者~上級者まで、日常会話~ビジネスレベルまで使える外国語を早く習得する必要がある方、個々のレベル、目的・目標、都合に合わせた指導、カリキュラムを受けられたい方にオススメです。外国語の上達に真剣に取り組む方を、どこまでもサポートします。

2020年対策 聴解・記述問題(小論文)も対応

【日本語教育能力検定試験対策】30時間 (日or水)コース 全10回

  • 日本語教師のプロ養成専門校 【KEC日本語学院】
  • 費用: 103,950
  • 期間:約3ヶ月
  • 分割 土日開講 夜間開講 就職支援 受講条件
[枚方市]【日本語教育能力検定試験対策】30時間 (日or水)コース 全10回の講座イメージ
  • 資格:日本語教育能力検定合格
  • エリア:枚方市(枚方市)

◆日本語教師検定の合格を目指す対策講座です。試験の出題傾向にそって、KEC独自のカリキュラムで指導します。担当講師も、関西には数少ない検定指導歴5~10年のベテラン講師が受講者の期待をはるかに上回る中身の濃い講座を展開します。また、忙しい方にも便利な振替受講可能な講座設定となっています。
◆8月(後期)開講予定。只今、個別ガイダンス実施中!ご希望の方は、お電話等でご予約の上、お越しください。

  • 2

その他外国語関連エリア・ジャンル

市区町村
関西エリア
関連ジャンル

その他外国語の関連資格 × 枚方市

人気資格ランキング トップ3

1
これから介護のお仕事を始める方へ!

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)

介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)

介護の入門資格「初任者研修」を取得するなら、就職まで意識して安心できるスクールを選びたいですよね。BrushUP学びでは、スタッフが現地に足を運び、自信をもって紹介できる学校のみを紹介しています。選ばれたスクールの中から「最短で」「費用の安い」講座を探しましょう!

2
2013年スタート!介護福祉士受験に必須の新資格

実務者研修(介護福祉士養成)

実務者研修(介護福祉士養成)

実務者研修とは、幅広い利用者に対する基本的な介護提供能力の修得に加え、医療的ケアに関する知識及び技能の習得を目的として、2013年度に新たにスタートした研修です。

2017年1月試験より介護福祉士の受験資格に「実務者研修の修了」が追加され、介護業界で働いている・これから目指す方にとって、必須の資格になりました。

3
一般医薬品販売のプロ

登録販売者

登録販売者

登録販売者とは、2009年6月の薬事法改正によって誕生した、一般用医薬品の販売などを行うための資格です。医薬品全般を取り扱う薬剤師とは異なり、一般用薬品の中でも、第2類・第3類に限定して販売ができるのが登録販売者です。ドラッグストアや薬局にて、薬剤師が不在であっても情報提供を行えるように、という意味合いがこめられており、身近な専門家としての活躍が期待されています。また、近年コンビニエンスストアでの一般用医薬品販売も始まっていることから、今後さらにニーズが高まる資格と言えるでしょう。