資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

図書館司書になるには

司書・司書補

司書とは、公共図書館や教育機関等の図書館において、図書資料の選択や発注、保管、貸出業務などを行う専門職員のことであり、その職に就くために必要な国家資格です。

働きながら司書を目指せる? 司書の資格を取得するには?

司書資格を取得する方法としては下記の3つがあります。

(1)大学・短大または高等専門学校卒業生が司書講習を修了し資格を得る
(2)大学・短大で司書資格取得に必要な科目を履修し卒業を待って資格を得る※通信制・夜間・科目等履修を含む
(3)3年以上司書補として勤務し、かつ司書講習を修了し資格を得る

司書講習は毎年7月~9月にかけて全国14ほどの大学で実施され、図書館に関する専門科目について学習します。講習の会場・期間や問い合わせ先については3月下旬~4月上旬に官報にて告示されます。講習には受講資格があり、大学に2年以上在学し62単位以上を修得している方、短大または高等専門学校を卒業している方、司書補として2年以上経験のある方が司書講習を受講できます。 司書資格の条件を満たす前に講習を修了した場合(大学卒業前に司書講習を修了した場合・司書補としての経験が3年に満たないうちに司書講習を修了した場合)については、司書資格の条件を満たした時点(大学卒業時・司書補としての経験が3年になること)で資格取得が可能になります。

社会人から図書館司書になるには

社会人や主婦の方の場合、時間の制約がある中で資格が取得できるかが懸念点になると思います。上記のとおり、司書資格の取得は、学歴によって条件が異なりますが、取得方法のひとつである司書講習は、朝から夕方まで講義がありますので、まとまった時間がとれて通学できる範囲に住んでいる人にとってはありがたい講座でしょう。ただし実施エリアが限られており、住んでいるところの近くで司書講習が行われていない場合、また働きながら講座を受けたい場合には、受講が難しいかもしれません。

そのような方におすすめなのは、通信制の大学に入学、もしくは編入する方法です。この方法であれば、自分の生活リズムに合わせて自宅学習ができます。ある一定の期間自宅ではなく教室で学ぶ「スクーリング」に通えるのかということは考える必要がありますが、社会人の場合は一考の価値がある方法です。

「科目等履修生」となって最短1年で図書館司書の資格をとることも可能です。スクーリングについては、土日や夜間に行われる講座もあるので働きながら勉強することも可能です。スクーリングに通える範囲の学校を探すことが大事ですが、場合によってはその期間だけ宿泊施設などを利用するという方法もあります。また、eラーニングシステムを使い、学校に行かなくても取得できる講座もあります。

高卒からでも司書になれる?

高卒から司書資格を取得するには、まず司書補の資格を取得してから3年の実務経験を積み、司書の資格を取得する必要があります。司書補になるには、高校卒業後に「司書補講習」を受ける必要があります。実務経験後、「司書講習」も修了することで司書の資格を取得することができます。

高卒から司書を目指すルートをまとめると下記のようになります。

(1)高校を卒業する
(2)司書補講習を受講し、司書補の資格を取得する
(3)司書補として3年以上勤務する
(4)司書講習を受講し、司書の資格を取得する(※)

※司書講習は司書補として2年以上勤務することで受講可能ですが、司書資格を得るには司書補として3年以上の実務経験が必要となっています。

図書館司書講座・スクール比較 講座内容・費用・期間 講座内容

司書講習や通信制大学のどちらでも、図書館に関する様々な分野を学習します。例えば「図書館概論」では、歴史的・社会的に図書館がどう存在するのかを考え、またコンピュータや法律の面からも図書館を考察します。「図書館サービス概論」では、資料提供をはじめとした多様化する図書館サービスについて学習します。その他、図書館の利用者からの情報要求にいかにこたえるか考える「情報サービス論」や児童へのサービスの意義などを学習する「児童サービス論」、それに現代社会に求められる目録に関して考えたり演習したりする科目など、図書館司書講座の内容は多岐に渡ります。

通信制大学入学・編入の場合は、中学校や高校の教諭免許状や学芸員の資格も、単位の取得状況によってはとれる講座もあります。もちろん大学を卒業するのですから学士を取得できます。その大学がどのようなカリキュラムを持っているのか、資料請求などを行い調べてみるのがおすすめです。

費用目安

通信制大学入学の場合は、最短の4年間で60万円ほど必要だという例があります。教諭免許状や他の資格をとるためにはもう少し上乗せになります。 通信制大学3年次編入の場合、最短の2年間で30万円台という例があります。通学制の大学よりも通信制の大学は費用が安く抑えられていると言えるでしょう。司書講習の場合は、14万円プラス教科書代という例があります。司書講習の場合は、一般教育訓練給付制度の対象となっている場合もありますので、調べてみるとよいでしょう。この制度は、受給資格を満たしていれば受講料の一部が支給されるという制度です。社会人で受講する場合はありがたい制度だと言えます。 司書講習の場合、通学するための交通費なども必要です。司書講習の場合でも通信制大学入学・編入の場合でも、費用は割とお得だと感じる人が多いでしょう。

学習期間

司書講習の場合、学習期間は最短で約2ヶ月です。毎年7月から9月にかけて講習が行われます。まとまった時間がとれる人の場合はありがたい講座でしょう。 通信制大学入学の場合は最短で4年、大学編入の場合は最短で2年で図書館司書の資格がとれます。図書館司書以外に、教諭免許や学芸員の資格などを取得したい場合は延長しなくてはならない可能性があります。また、働きながら取得する人の中には最短コースで取得できない人もいるかもしれません。

また、科目等履修生として最短1年で図書館司書の資格がとれる講座もあります。いずれにしても、教科書を熟読し内容を頭にいれて、レポートや課題をクリアすることできっちり単位をとれば図書館司書の資格はとれます。難関国家資格のように、講座を受けても必ずしも資格がとれるというわけではない性質のものではありません。講座を受ければかなりの確率で資格がとれます。資格をとっても図書館の採用試験に合格する必要はありますが、図書館司書の講座は受けやすいものであることは間違いないでしょう。

図書館司書講座・スクール比較 司書の仕事内容は? 受付業務

図書館で本の貸し出し・返却の受付をしている人を見かけたことがある人は多いでしょう。その人が図書館司書である可能性は高いです。 図書館司書は、図書館のカウンターで貸し出し・返却・予約などの受付を行います。それだけではなく、図書館の利用者からの資料や本に関する質問を受けた場合に、それにこたえることも図書館司書の仕事です。したがって、図書館司書は求めている資料をどうやって探すかということにも長けている必要があります。 利用者からの質問は、「花の名前が知りたい」「パンの作り方が知りたい」というような具体的な質問をはじめ「最近人気の本は」といったざっくりとした質問もあります。また、利用者からの本についてのリクエストを受け付けることも行います。

受付業務以外の仕事

返却された本を元の書棚に戻すのも図書館司書の仕事です。この作業をスピーディーに行うにはコツと慣れが必要です。棚の本が乱れていればそれを正しい位置にしまうのも司書の仕事です。 また、新しく入ってきた本を分類し、目録に登録する作業もあります。目録はコンピュータ化されていることが多いので、ITに関する初歩的な能力も必要です。 新しい本は、傷まないようにカバーをかけることが多いですが、その作業も司書が行います。傷んだ本の修理なども行います。 重要な仕事の一つとして図書館に新しく入れる本を選び発注する仕事がありますが、この仕事は経験が必要な難しい仕事です。予算が限られるなか、いかに利用者に満足してもらうかという視点が欠かせません。

こんな仕事も

図書館司書の仕事は、受付や本の選書・管理に留まりません。利用者様に本に親しんでもらうために、イベントを行うことも行います。 小さな子供向けの「おはなし会」なる催しはその一つです。子供に本を好きになってもらうために、絵本を読み聞かせたり無料で絵本を配ったりするイベントです。子供好きの人には楽しくやりがいのある仕事になるでしょう。 幼児のみならず、大人のためには映画上映会・各種講演会・古本市なども催します。また、「クリスマスの本特集」「夏休みの宿題特集」といった特設コーナーを設置する仕事も行います。 その他、移動図書館がある図書館などはその運営をしたり、「図書館だより」などを作って広報活動をするのも図書館司書の仕事です。

資格を持つメリット

図書館司書の資格を持っていなくても図書館で働けますが、図書館で働きたいという人は多いので、図書館司書の資格を持っていると採用試験で有利です。 また、給料や担う仕事の質も有資格者と無資格者では違います。図書館司書の資格をとる場合、図書館に関する様々なことを勉強することになるので、知識の面で安心できます。例えば「図書館サービス概論」では、図書館が提供するサービスについてから著作権についてまで幅広く学びます。その他、「生涯学習概論」や「情報サービス論」なども勉強します。 図書館司書の資格をとるには「司書講習」を受けたり大学に編入したりする方法などがあります。とること自体は難しくないので、図書館で働きたいならばぜひ持っておくとよいでしょう。

図書館司書講座・スクール比較 向いている人 本への興味

当然ながら図書館司書は、本と向き合い本に囲まれながら仕事をします。本に対する愛情があれば、このうえなく楽しい仕事になるでしょう。 本が好き、図書館が好きという人でないと図書館司書の仕事はつとまりません。 本に関する知識が多いことは図書館司書の仕事をするうえでプラスになりますが、知識を増やす上でも本に対するあくなき関心は必要です。ある特定の分野が好き、というよりも本全般が好き、という人の方がより図書館司書に向いています。 また、利用者からの本に関する質問に答えるためには、調べ物が好きという性質も大きな武器となります。自分の知らない分野でも臆することなく調べ物ができる人は、楽しく仕事ができるでしょう。

コミュニケーション能力

本に向き合うだけでは図書館司書の仕事は成り立ちません。利用者といかにうまくコミュニケーションをとることができるかという能力も図書館司書には必要です。 例えば、本や資料を探している利用者に対して適切に言葉を交わして希望する内容の本の利用を促します。その時にコミュニケーション能力がなければ、円滑に仕事をすることは難しいでしょう。図書館を利用する人は、小さな子供から高齢者まで様々な年代・性質の人がいます。自分と状況が違う人とコミュニケーションがとれるということも、図書館司書には大事な能力です。 また、相談しやすい図書館司書が図書館にいるということは、利用者にとって利用しやすい図書館づくりという視点でも重要です。

コツコツと仕事をすることへの適正

返却された本を書棚に戻す作業、また乱れた棚を正しく整える作業には、正確さとスピードが求められます。地道にコツコツと細かい仕事ができる能力も必要なのです。 新しく入った本を目録に登録したり本の整理をしたりする仕事にもその能力がいります。本の管理には最近ではコンピュータを使いますので、初歩的な情報処理能力も必要です。コンピュータへの登録作業や本にカバーをかけたり補修したりする作業もコツコツとした性質のものです。単純作業も多いということは頭に入れておく必要があるでしょう。 また、忘れてはいけないことに「体力」があります。本は重いので、意外に体力を使うのです。本を運んだり書棚に戻す作業を苦なく行うためにも、体力はあって困るものではありません。

企画・立案能力

現代はインターネットが普及し、本に親しむ機会は昔よりも減ってきています。その中で本に興味を持ってもらうためには、イベントや特設コーナーなどを通して本を魅力的に紹介するというような企画・立案能力が重要になってきます。 小さな子供向けの絵本の読み聞かせ会に使う本を選ぶといった仕事から、「ガーデニングの本特集」といった特設コーナーを作る仕事、また「○○地域の歴史を学ぶ」というような講演会の企画・運営など、アイディアを生かす機会も多くあります。 コツコツと行う毎日のルーチンワークをそつなくこなすことは重要ですが、それとともに本をいかにPRするかという大きな視点も求められているのがこれからの図書館司書の仕事だと言えるでしょう。

図書館司書講座・スクール比較 就職状況と給与・年収 司書の就職・採用事情は?

司書の資格がなくても図書館で働けるケースはありますが、図書館職員の求人では多くの場合、司書資格を有していることを応募条件としており、資格を取得しておくのが望ましいと言えます。各図書館での採用条件についても参考にしてみてください。

公立の図書館、公立大学等の附属図書館で働く場合
市立図書館、県立図書館や、大学もしくは高等専門学校(高専)の附属図書館では、身分上は地方公務員となり、それぞれの地方公共団体実施の採用試験を受験する必要があります。
※自治体によっては、一般の行政職・事務職員として採用され図書館配属される場合、初めから司書(補)として採用される場合があり。

国立国会図書館で働く場合
国立国会図書館の職員採用試験を受験する必要があります。また、国立大学及び高等専門学校の附属図書館に勤務したい場合には、国立大学法人等職員採用試験を受ける必要があり、採用区分に「図書」があります。
※これらの職員採用試験を受験する上で司書・司書補の資格は必要ありません。

小・中・高の図書館に所属したい場合
「司書教諭」(※教員免許を取得した上で、司書教諭の講習を修了した方が取得できる資格)をもって司書教諭として採用されるか、学校の事務職員として図書室に勤務する道があります。事務職員としての採用の場合は所持資格の規定がなく、採用条件は学校により異なります。
※その他、私立の大学では各学校が独自に採用試験を実施しており、採用条件は学校により異なります。

採用事情については、司書の求人数は少なく、少数の求人に多くの採用希望者が殺到しているといった傾向です。また、求人募集も非常勤(パート・アルバイト)が多くなっています。司書資格を持っていても、図書館で働くのはなかなか難しいのが実情です。また、司書資格のほか、パソコンの基本操作(Word・Excelなど)ができることが求人の応募条件として挙げられることも多く、採用される確率を上げるためには基本的なスキルも習得しておく必要があるでしょう。

受付業務の年収

司書の仕事に関して、平均年収は200万円台後半~300万です。月収は、16万~17万円前後が目安となります。手取りでは、10万円台前半の収入です。正社員であれば、ボーナスや退職金が支給される職場もあります。しかしながら、就職先によって、福利厚生や手当など支給される条件は異なります。また国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円だったので、司書の年収は、平均年収よりも低い水準であることがわかります。

ここ数年の年収を見ると、300万円前後の水準を、安定的に推移しています。給与に関しては、大幅な変動は見られず、今後もこの傾向は続いていくと考えられますが、大幅に昇給していく見込みはあまりありません。

パートで司書として働く

司書としてパート勤務する場合、時給は850円~900円が目安で、やや低い水準です。ちなみに、司書の求人は正社員よりも、非常勤の方が数多くあります。とりわけ期間・学期限定の求人ニーズがあります。また派遣会社に登録をして勤務する場合は、1,500円以上の時給が見込めます。フルタイムで勤務した場合は、正社員と同レベルの給与を得ることも可能性はあります。しかしながら、正規雇用の職員以外は、雇用契約はあまり安定しないことが実情です。

女性の仕事として

司書は、一般的には女性の仕事として認知されています。実際に、図書館で司書として働く男性は数少なく、その多くが女性です。特に、本が好きな女性から人気となってます。ちなみに、仕事内容は、書籍の管理・貸出・返却業務、レファレンスサービスです。実際の業務量は多いのですが、スピーディーにこなすことに慣れれば、決して難しい仕事ではありません。

また日本人女性の平均年収は、正社員で272万円という結果が出ています。女性が司書の仕事をした場合、一般的な水準の年収が得られます。しかしながら、勤務は不規則で、肉体的にもハードです。パート勤務であれば、規則的なシフト内で、家事や子育てなど家庭と両立しながら働くことは可能です。ただし待遇面では決して良いとは言えません。

さらに詳しく

図書館司書学校の一覧

  • 聖徳大学通信教育部

    聖徳大学通信教育部

  • 姫路大学 教育学部こども未来学科 通信教育課程

    姫路大学 教育学部こども未来学科 通信教育課程

  • 八洲学園大学

    八洲学園大学

  • 近畿大学 通信教育部

    近畿大学 通信教育部

  • 図書館司書講座の資料請求

試験データ

項目 内容
資格・試験名 司書・司書補
試験区分 国家資格
主催団体 文部科学省
受験資格 【司書になるための資格の取得方法について】
次の三つの方法のうちどれかに該当すれば資格を取得したことになります。
1)大学(短大を含む)又は高等専門学校卒業生が司書講習を修了
2)大学(短大を含む)で司書資格取得に必要な科目を履修し卒業(通信制・夜間・科目等履修でも可)
3)3年以上司書補としての勤務経験者が司書講習を修了
合格率 単位を履修することで取得
出題内容・形式 -
検定料 -
問い合わせ先 文部科学省
http://www.mext.go.jp/
〒100-8959 東京都千代田区霞が関三丁目2番2号
TEL:03-5253-4111(代表)

司書・司書補の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座

おすすめスクールレポート