資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

MOSは独学で合格できる?効率的な勉強方法とは

MOSに合格するには「独学」「通学講座を受講」「通信講座を受講」の3つの勉強法があります。
それぞれの勉強方法には、パソコンスキルのレベルやライフスタイルにおける向き不向き、つまりメリットとデメリットがあります。 効率的に勉強し合格するために、自分に合った方法で学びましょう。

公開:2019-02-06 (最終更新:2019-06-21)

MOSの勉強法はどんな方法がある?

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)_learning

MOSの勉強法には「独学」「通学講座を受講」「通信講座を受講」の3つがあります。 パソコンスキルのレベルやライフスタイルによって向いている勉強法がありますので、自分のパソコンスキルのレベルや勉強できる時間帯などを基準に選びましょう。

独学
自宅で勉強をします。 テキストを自分で選び、自分のペースで勉強ができます。
自宅にパソコンがあり、設定やオフィスのインストール等も自分で行う必要があります。
通学講座
スクールに通って勉強をします。
講師が目の前で授業をするので、分からないことはすぐに質問ができます。
通信講座
スクールから送られてくるテキストを使用して、自宅で勉強をします。学校によっては、映像授業がある講座もあります。
自宅にパソコンがあり、設定やオフィスのインストール等も自分で行う必要があります。

MOS講座・スクール比較

独学

独学に向いている人

独学に向いている人とは、ある程度パソコンやオフィスを使い慣れている方です。
独学が、パソコンやオフィスを使い慣れている方に向いている理由は、独学での勉強の過程で、パソコンの基本操作や専門用語、「どうしてうまくいかないのか」などの疑問を自力で解決する必要があり、基本的なパソコンの知識や理解が必要なためです。

また、自宅にパソコンを所有しており、オフィスのインストールなどのパソコンの設定を自分で行う必要もあります。そのため、独学はパソコンの専門用語や基本操作、設定などの理解に問題がない方におすすめの勉強法です。

独学での勉強方法

独学で勉強するには、テキスト・問題集の購入やMOS公式サイトの学習支援サイトを利用して学習します。 前提として、パソコンを所有しておりオフィスがインストールされている必要があります。

テキストの選び方

テキストを購入する際、書店には膨大な種類のテキスト・問題集が並んでおり、驚く方が多いと思います。 このような多くのテキストの中から選ぶ基準のひとつとして、テキストが抵抗なく読み進められる事があげられます。

独学での学習では、専門用語をある程度理解でき抵抗なく読み進められることと、インターネット等で自分で調べながら解決できるかどうかが重要になります。 このように自分のレベルに合わせたテキストを選びましょう。 特に初心者の方は、画像が多く、専門用語の解説が入っているものを選択すると良いでしょう。 また、テキストは受験する科目、バージョンのものを使用しますので、間違えないよう注意しましょう。

独学のメリットとデメリット

  • 独学のメリット
    ・費用が少なくて済む
    ・自宅で自分のペースで勉強できる
  • 独学のデメリット
    ・分からないところは自分で調べなければならない
    ・自宅にパソコンが必要
    ・パソコンの設定やオフィスのインストールを自分で行わなければならない
    ・自宅で自由な時間に学ぶことができる分、自発的な学習姿勢が必要
    ・レベルによっては合格までに時間がかかる(再試験の可能性も高い)
MOS講座・スクール比較

通学講座

通学講座に向いている人

通学講座に向いている人とは、パソコンやオフィス初心者の方です。

電源の付け方しか分からない、インターネットしか使わない、パソコンやオフィスを使ったことのないという初心者の方でも、合格を目指すことができます。
通学講座では、オフィスだけではなく、パソコンの基本の操作から学ぶことができる講座もあり、分からないことはすぐに講師に質問ができるので、パソコン操作に自信のない方にもおすすめです。

通学講座のメリットとデメリット

  • 通学講座のメリット
    ・自分のレベルに合わせて講座を選ぶことができる
    ・分からないことは講師にその場で質問できる
    ・合格までサポートがある場合も
    ・教室のパソコンを使用して学ぶことができる
    ・フリータイム制や土日開講、夜間開講など、開講時間も比較的自由がきくため、働きながらでも無理なく学習できる
    ・同じ講座に通う他の受講生もいるので、自分のレベルを客観的に見ることができる
  • 通学講座のデメリット
    ・定められた回数や時間、ペース通りに通わなければならない
    ・ある程度の費用がかかる
MOS講座・スクール比較

通信講座

通信講座に向いている人

通信講座に向いている人とは、ある程度パソコンやオフィスを使い慣れている方です。

通信講座は、スクールから教材が届き、テキストに沿って自宅で学習していきますが、独学との大きな違いは、分からないことをスクールに質問ができるなどの学習サポートがあることです。 スクールによってサポート内容は様々ですが、電話やメール、FAXなどでの質問・問合せサポートや、試験の模擬試験の添削などがあります。 また、自宅にパソコンを所有しており、オフィスのインストールなどのパソコンの設定を自分で行う必要もあります。

通信講座は自宅で自分のペースで学ぶことができるので、仕事や家事の合間の有効活用したい方、子育て中などであまり外出ができない方にもおすすめです。

通信講座のメリットとデメリット

  • 通信講座のメリット
    ・自宅で自分のペースで学ぶことができる
    ・分からないことは電話やメール、FAXなどで質問できる
    ・通学講座よりは比較的費用は抑えめ
  • 通信講座のデメリット
    ・自宅で自由な時間に学ぶことができる分、自発的な学習姿勢が必要
    ・自宅にパソコンが必要
    ・パソコンの設定やオフィスのインストールを自分で行わなければならない"
MOS講座・スクール比較

合格までの学習期間

スペシャリスト(一般コース)

スペシャリストの、エクセル1科目を学習する場合の平均的な学習期間です。 学習時間は、科目や経験度合い、日々の学習時間などによって異なります。 また、通学講座、通信講座には、同じ科目の講座の中に、初心者向けの講座や中程度レベル対象の講座、試験対策の短期講座などの種類があるので、講座によっても学習期間は前後します。

▼エクセル1科目の平均学習期間

独学 通学講座 通信講座
初心者 約3ヶ月~ 週1回通学した場合
約3ヶ月~5ヶ月
約1ヶ月
経験者 ~約1ヶ月 1ヶ月~3ヶ月 約1ヶ月

エキスパート(上級コース)

初心者の方で、エキスパートレベルを最終的な目標に学びたい場合は、基礎から学べる通学講座で目指すことがおすすめです。 また、経験者の方でも、科目や経験度合い、日々の学習時間などによって、学習期間は異なります。 また、通学講座、通信講座には、同じ科目の講座の中に、基本から学ぶ講座や中程度レベル対象の講座、試験対策の短期講座などの種類があるので、講座によっても学習期間は前後します。

▼エクセル1科目の平均学習期間

独学 通学講座 通信講座
初心者 スペシャリスト合格後・スペシャリスト講座受講後に挑戦しましょう
経験者 ~約6ヶ月 約1ヶ月~3ヶ月 約1ヶ月
MOS講座・スクール比較

さらに詳しく

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資料請求

通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の関連資格
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS) MCT(マイクロソフト認定トレーナー) パソコン入門 Excel(エクセル) Word(ワード) PowerPoint(パワーポイント) Access(アクセス) MCP(マイクロソフト認定技術資格制度)

おすすめスクールレポート