資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

資格取得者235人に聞いた!本当に役に立つ資格ベスト5

同じ時間や費用を使うなら、本当に役に立つ資格を取得したいもの。BrushUP学びでは、20〜40代の女性235人に「本当に役に立った資格」をアンケート。 その結果を元に、スキルを詳しく掘り下げていきます。

1位は「MOS(マイクロオフィススペシャリスト)」

第1位はMOS。MOSとはExcelやWordなど、Microsoft Office製品のソフトを総合的に使いこなせることを証明する資格です。

アンケートでは、「仕事でExcelをたくさん使うので、勉強したことでかなり役立った!」「就職活動の時に、どの面接に行っても”パソコンできるんですね”と言われた。」といった声がありました。 ExcelやWordなどのソフトは、事務職ではもちろんオフィスでの業務では使うことが多いため、勉強しMOS資格を取得することで実務にも就職活動にも役立つようです。

MOS資格を取得するには?

学習自体は独学でも可能ですが、疑問点があった時にすぐに先生に質問できる環境での勉強がおすすめです。 試験は毎月1〜2回の全国一斉模試と、最寄りの試験会場で受験ができる随時試験があります。WordとExcelはスペシャリストレベル(一般レベル)とエキスパートレベル(上級レベル)の2種類の科目を用意しており、証明したいスキルによってレベルを選択できます。

※オデッセイ マイクロオフィススペシャリストサイト
https://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

MOS資格取得を目指せるおすすめスクール

就転職に直結、スキルの証明を手に入れる
受講料最大20%が戻る一般教育訓練給付金制度対象講座あり

[全国]ヒューマンアカデミー

>>マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格取得講座を探す

>>マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)についてさらに詳しく

2位は「簿記」

第2位は簿記。簿記とは企業内でのお金や財産に関する取引の記録をつけることです。経理業務には必須のスキルです。

アンケートでは、「社内での評価アップ。同じ事務で最初に取ったので優遇された。」「経理や営業事務の再就職がしやすかった。」「税理士事務所に勤務できた!」といった声がありました。 仕事でのスキルアップや評価アップにつながり、さらに仕事で経理の仕事をされている人や、再就職を目指す方に特に役立つ資格のようです。

簿記資格を取得するには?

日商簿記検定が有名で、難易度別に4級〜1級が用意されています。今回のアンケートで3級と2級の取得者が多く、特に就職で役に立ったと感じた方は2級を取得していたようです。 初めて学ぶ方は、まずは3級より勉強してみてはいかがでしょうか。合格率は30%〜40%。講座などでしっかり対策しましょう。

※商工会議所 簿記検定試験サイト
https://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/

簿記資格取得を目指せるおすすめスクール

クオリティと学習効果の高い映像講義
自分のペースでじっくり学習できる

[通信]日建学院/通信

試験の頻出ポイントをバランスよく学習
試験に合格できる知識を無理なく習得

[通信]ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』

>>簿記の資格取得講座を探す

>>簿記についてさらに詳しく

経理・財務系なら「USCPA(米国公認会計士)」もおすすめ!

年収アップ!グローバル企業で活躍できる英語力と会計知識を身につけてキャリアアップ。

>>USCPA(米国公認会計士)の資格取得講座を探す

>>USCPA(米国公認会計士)についてさらに詳しく

3位は「介護資格」

第3位は介護資格。介護の資格には、入門向けの介護職員初任者研修から給料UPにつながる介護福祉士上級資格であるケアマネジャーなどがあります。

アンケートでは、「すぐに介護の仕事に就きたかったから介護職員初任者研修を取りました。そのおかげで今の職場に就職できました!」「施設に数年勤務していて、スキルアップのために介護福祉士を取得。やらせてもらえる仕事が増えたり評価がアップした!」といった声がありました。
高齢化社会で需要のある仕事ということもあり、介護職員初任者研修を受講しスムーズに就職される方が多く、介護職として働いている方は上級の資格を取得しキャリアアップをしているようです。

介護資格を取得するには?

未経験の方は、介護の基本を学べて誰でも受講が可能な介護職員初任者研修がおすすめです。学んだ知識は家族への介護にも役立ちます。この資格は車椅子の使い方や食事介助などを行う通学が必須になります。また、介護福祉士取得には受講必須な実務者研修や、上級資格には実務経験などの受験資格が必要な介護福祉士などがあります。ご自身の経験に合わせて資格を目指しましょう。

※介護の資格制度について
https://www.brush-up.jp/article/category/kaigo/

介護の資格取得を目指せるおすすめスクール

東京・埼玉・神奈川・群馬で開講!振替OK
入門から上級まで様々な資格取得が目指せて合格率も高い!

[関東(通学)&通信]藤仁館医療福祉カレッジ

>>介護職員初任者研修の資格取得講座を探す

>>介護職員初任者研修についてさらに詳しく

4位は「医療事務」

第4位は医療事務。医療事務とは、病院などの医療機関での事務職のことです。診療報酬明細書の作成や、診察や入院患者の対応やカルテの作成などがあります。女性が多く活躍している職業です。

アンケートでは、「医療事務として就職が出来た!」「勉強した内容は実際の仕事で使用している。」といった声がありました。学んだことが就職や仕事に活かされているようです。

医療事務の資格を取得するには?

複数の民間資格が存在し、各講座によって目指せる資格が違います。試験はテキスト・ノートなど持ち込みOKの場合も多く、目指しやすい資格となっています。

医療事務の資格取得を目指せるおすすめスクール

未経験から就職を目指せる充実サポート!
受講料最大20%が戻る一般教育訓練給付金制度対象講座あり

[全国]ヒューマンアカデミー

>>医療事務の資格取得講座を探す

>>医療事務資格についてさらに詳しく

5位は「宅建士」

第5位は宅建士。宅建士とは、不動産業界におけるプロフェッショナルであることを証明する国家資格で、宅建士資格がないとできない業務や、不動産業者の事務所に5人に1人の割合で置かなければいけないなど決まりがあります。

アンケートでは、「取得したら資格手当てがついた!」「不動産会社への転職が有利になり、面接にほぼ進めるようになった。」といった声がありました。 不動産業界で働く方や、就職を目指す方には取得して損のない資格であるようです。

宅建士資格を取得するには?

国家資格ということもあり難易度は高く、独学で学んでも不合格となり、スクールに通う方も少なくないようです。試験は年1回10月に開催されます。 半年〜1年をかけてじっくり勉強し試験に挑むことをおすすめします。

※(財)不動産適正取引推進機構
https://www.retio.or.jp/

宅建士の資格取得を目指せるおすすめスクール

知識ゼロ・経験ゼロから「短期で一発合格」
受講料最大20%が戻る一般教育訓練給付金制度対象講座あり

[関東]TOP宅建学院

高い合格率を誇る通学講座と同様の教材及びカリキュラム
自宅で自分のペースで学習できる

[通信]日建学院/通信

>>宅建士(宅地建物取引士)の資格取得講座を探す

>>宅建士(宅地建物取引士)についてさらに詳しく

こんな記事もおすすめ

>>本当に就転職に使える資格ランキング


\このページをシェアする/

シカク情報部についてシカク情報部では、BrushUP学びに掲載しているスクールからの情報と、編集部が集めた情報を元に記事を作成しています。

いま注目の資格の記事

資格一覧(業界・テーマ別)から講座を探す

{* *}