資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)は就職に有利?MOS資格徹底解説!

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

MOSとはエクセルやワードなどの、事務職・会計経理に不可欠なパソコンスキル「マイクロソフト オフィス」(通称オフィス)のスキルを証明する資格「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」のことで、履歴書に書くことができる就職や転職に有利なパソコン資格です。

事務職の仕事に就きたいと思っている方からスキルアップしたい方まで、レベルや目的に合わせて学ぶことができます。

MOSってなに? 世界シェアNo1のマイクロソフト社が資格認定する制度

Microsoft Office Specialist
(マイクロソフト オフィス スペシャリスト )
 ↓
MOS
(モス)

「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(Microsoft Office Specialist)」とは、エクセルやワードをはじめとするパソコンソフト「マイクロソフト オフィス(Microsoft office)」製品のメーカーであるマイクロソフトが、ソフトの利用スキルの一定水準を満たしていることを認定する資格です。 頭文字をとり、MOS(モス)と呼ばれることが多いです。

簿記やTOIEC、秘書技能検定と並ぶ事務職への就職に有利となる資格のひとつで、累計400万人以上が受験する一般事務、会計経理業務全般に不可欠なパソコンスキルです。

そもそも マイクロソフトってなに?
マイクロソフトとは、コンピュータソフトウェアを開発・販売する米国の企業「マイクロソフト社」のことです。

マイクロソフト社は、パソコン・スマートフォン・タブレットを動かすためのコンピュータプログラム「ウィンドウズ(Windows)」やビジネス用ソフト「マイクロソフト オフィス(Microsoft Office)」を開発するなど、パソコン市場で世界的に大きなシェアを占めています。 設立者のビル・ゲイツの名前は聞いたことがある方も多いかもしれませんね。

日本では、マイクロソフト社製の製品を導入している企業や家庭がほとんどのため、1度操作を覚えてしまえばどの企業に転職しても概ね問題ないと言えます。

MOS講座・スクール比較 マイクロソフト オフィス(Microsoft office)とは

マイクロソフト オフィス(以下オフィス)とは、マイクロソフト社が開発したビジネス用ソフトで、MOSの対象ソフトは以下の5つです。 オフィスとは、ビジネス文書や学校のプリントなどを作成する文書作成ソフトや家計簿から企業の経理業務に使用する表計算ソフトなど、様々な場面で幅広く活用できるソフトです。

また、オフィスは定期的に使いやすく改良されており、2016年に改良及びバージョンアップしたエクセルを「エクセル2016」と呼ぶなど、改良年ごとのバージョンに分かれています。 それらの使い方や仕様は微妙に異なり、MOSの試験もバージョンごとに分かれています。 尚、バージョンによる優劣はありません。

※ 現在のMOS試験適用のバージョンは2010・2013・2016です。
※ 2018年3月現在の最新バージョンは2016です。

・ワード(Word)
・エクセル(Excel)
・パワーポイント(PowerPoint)
・アクセス(Access)
・アウトルック(Outlook)

【認定証】
・マイクロソフト オフィス マスター(Microsoft Office Master )

ワード(Word)
文書作成ソフト
ワープロ文書を作成するためのソフトです。
昔のワープロのような文書作成機能を持ち、文字だけでなく画像や色を付けるなど工夫次第で多様な文書を作ることができます。 文書以外にもチラシやハガキなどの作成もできるので、ビジネス用途以外にも活用できます。

エクセル(Excel)
表計算ソフト
計算や表の作成を行うソフトです。
家計簿のように数値が入った表をパソコン上で作成し、自動で合計や平均等を算出できます。 お金や人数など、様々な種類の数値を計算できるので、ビジネスから私生活まで幅広く活用できます。 また、計算以外にも、グラフや表を用いてカレンダーや予定表の作成もできます。

パワーポイント(PowerPoint )
プレゼンテーション
「パワポ」の愛称で知られ、会議などの発表の場、いわゆるプレゼンテーションで使用します。
文字や写真、グラフなどを自由に配置できるので、絵を書く感覚で資料を作成できます。 また、文字や写真などに自動で動きをつけることができるので、簡単なアニメーションやスライドショーを作成することもできます。

アクセス(Access)
データベース管理
主に経理関連の職種で使用されるソフトで、膨大なデータを作成・保存・管理することができます。
データを目的に応じて抽出したり、レイアウトを変えるなどの活用ができます。 アクセスは、難易度の高いソフトと言われており、エクセルやワードなどのような単純な入力作業だけではなく、使いこなすには設定などのシステマチックな作業を必要とする専門性の高いソフトです。

アウトルック(Outlook)
メール・スケジュール管理
マイクロソフト社製のメールソフトです。
通常のメール機能の他にスケジュール等の業務管理を一元化できます。

マイクロソフト オフィス マスター(Microsoft Office Master )

ワード・エクセル・パワーポイントの3科目に加え、アクセスまたはアウトルックどちらかの科目の、合計4科目のMOS試験にすべて合格した方に贈られる称号です。
また、マイクロソフトオフィスマスターを取得するには、4科目同一バージョンでの合格が必要です。
合格後は、マイクロソフト オフィス マスターの認定証が発行されます。

どのソフトの資格を取ればいいの?

「パソコンに関する資格を取りたい」という方には、ワードとエクセルの2科目がおすすめです。
これらはどの職種でも活用できるので、持っていれば現場で重宝されること間違いなしの資格です。 ワードやエクセルはどんな職種でも活用できるうえ、マイクロソフト以外の文書作成ソフトや表計算ソフトでも比較的応用が効くので、MOSの中でも人気の資格です。

また、一般的にオフィスのソフト全てが使えなければ、事務職として働くことができないわけではありません。 例えば、アクセスは限られた職種で使用され、さらに専門性が高いことから難易度も高いため、必要な場合のみの取得で問題はありません。中には、アクセスが使用できることを強みにしたい方が取得することもあるようです。

試験科目は各バージョンに分かれており、どれを取得すべきか迷った場合は最新のものを取得すると良いでしょう。 というのも、古いバージョンのMOS資格を持っていても、最新のバージョンのMOS資格が欲しい場合は、試験を受け直さなければならないのです。 企業によってはMOS資格のバージョン指定がありますが、最新のものを取得しておくと安心です。

MOS講座・スクール比較 MOSが役に立つワケ

MOSが役に立つワケというのは、現代社会では、ほとんどの職種・業種でパソコン操作が必要です。つまりパソコンが使えないと仕事ができないといっても過言ではありません。 パソコンを使うというと、代表的な仕事は事務職を思い浮かべる方が多いでしょう。しかし事務職以外のサービス業などでも、店舗のシフトや在庫の管理、報告書などをパソコンで行っているところがほとんどです。ですから、どのような仕事をする上で、最低限のパソコンスキルは必要になります。

もちろん、MOSがなければ仕事ができないというわけではありませんが、MOSの資格取得のための試験勉強はオフィスのスキルアップに繋がります。 パソコンに苦手意識を持つ方には、パソコンスキルに対する自信にも繋がりますね。

MOS取得の5つのメリット
① 取得当日に合否が分かるからすぐ履歴書に書ける
② マイクロソフトオフィスのスキルを客観的に証明できる。
③ 資格取得のための学習が仕事の効率化につながる
④ 就職・転職に役立つ!実力がアピールできる
⑤ パソコンへの苦手意識からの解放される

事務職とMOS (就転職・履歴書)

事務職やパソコンの実務経験が未経験の方が、事務職への就転職を目指すにあたり、『入社してから身に付ければよいだろう』『研修などがあるだろう』などと考えているのであれば、事務職への就職は難しいかもしれません。

事務職は正社員だけでなく派遣社員での採用も多く、実は応募倍率の高い職種。 さらに、即戦力の募集となると未経験での採用は難しいことが現状です。

そこで、未経験でも事務職への就職を目指せる資格として重要視されるのがMOSなのです。 履歴書等の書類に記載ができるので、未経験でもマイクロソフト オフィスのスキルを証明でき、書類選考では有利な資格になります。 さらに、給与がアップするケースもあります。

また、事務職は比較的勤務時間の融通が利き体力的にも楽なところから、出産後の再就職、職場復帰のために受験する女性も多い資格です。

転職にも役立つMOS資格

事務職といっても、
・文書などの資料作成がメインの「一般事務」
・会社の経理全般を担当する「経理事務」
・商品の受発注や在庫管理を行う「営業事務」
・商品の輸入や輸出に関わる「貿易事務」
・会社の社長や役員の補佐を務める「秘書」
など業務も様々です。

これらの業務においてもオフィスは共通の必須スキルのため、MOS資格は転職にも役立ちます。 未経験のキャリアチェンジはもちろん、実務経験者の転職やキャリアアップにも役立つ資格です。

事務職以外にも幅広く役立つMOS資格

事務職以外にもMOSは、営業職、人事などあらゆる職種で役に立ちます。 また、販売職など店舗運営の、シフト管理、売上管理、在庫管理などに活用されるところが多くあります。

事務職以外の、今までオフィスを活用できていなかった職場でも、MOS資格を持つ方の採用により、飛躍的に作業効率が上がり売上が上がるということも夢ではありません。 MOSは様々な活用、活躍の場が広がる資格なのです。

MOS講座・スクール比較

さらに詳しく

MOS学校の一覧

  • 資格の学校 TAC(タック)/通学

    資格の学校 TAC(タック)/通学

  • ヒューマンアカデミー/通学

    ヒューマンアカデミー/通学

  • 資格の学校 TAC(タック)/通信講座

    資格の学校 TAC(タック)/通信講座

  • ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』

    ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』

  • 生涯学習のユーキャン

    生涯学習のユーキャン

  • 全国展開のWinスクール:仕事と資格に強いパソコン教室

    全国展開のWinスクール:仕事と資格に強いパソコン教室

  • 総合学園ヒューマンアカデミー

    総合学園ヒューマンアカデミー

  • 資格の大原/通信

    資格の大原/通信

  • KECコンピュータ学院

    KECコンピュータ学院

  • パソコンスクール キュリオステーション 天六校

    パソコンスクール キュリオステーション 天六校

  • パソコンスクール アビバ

    パソコンスクール アビバ

  • ティップスパソコンスクール

    ティップスパソコンスクール

  • パソコンスクール アートピア

    パソコンスクール アートピア

  • MOS講座の資料請求

試験データ

項目 内容
資格・試験名 マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)
試験日

【随時試験】
全国約1,700の試験会場にて随時実施。

【[第247回] 全国一斉試験】
2018/5/20(日)

【[第248回] 全国一斉試験】
2018/6/17(日)

【[第249回] 全国一斉試験】
2018/7/22(日)

試験区分 民間資格
主催団体 株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ
受験資格 特にありません。年齢・国籍を問わずどなたでも受験できます。
ただし、試験当日に小学生以下の方については、保護者の同意が必要になります。
また、2回目以降の受験には以下の「再受験に関するルール」があります。
 同一科目に対して2回目の受験については制限がありませんが、3回目以降の受験は前回の試験日から7日間(24時間×7=168時間)は受験できません。(例:2回目の試験を11月1日に受けた場合、3回目に受験できるのは11月8日以降)
※受験者が以上のルールに違反した場合、すでに取得した資格の認定取り消し、およびMicrosoft認定を受ける資格を永久に失う可能性があります。
合格率 合格率は公開しておりません。
出題内容・形式 ・出題形式:コンピュータを使った実技試験(CBT試験)

▽ソフト・バージョンごとに試験が用意されています
・Word(文書作成ソフト)
・Excel(表計算ソフト)
・PowerPoint(プレゼンテーション ソフト)
・Outlook(電子メール・情報管理ソフト)
・Access(データベース管理ソフト)
・Windows Vista(オペレーティングシステム)

※WordとExcelはスペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)の2レベルが用意されており、試験レベルが異なります。
※Windows Vista以外は、ソフトのバージョン別に3種(2013・2007・2010)の試験が用意されています。
検定料 2003・2010バージョン
スペシャリスト(一般)は1科目につき10,290円(税込)、エキスパート(上級)は1科目につき12,390円(税込)です。

2007バージョン
1科目につき12,390円(税込)です。
問い合わせ先 株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ
http://mos.odyssey-com.co.jp/index.html
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
TEL.03-5293-1888(代表)
※カスタマーサービス
TEL.03-5293-1881(平日 10:00~18:00)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の関連資格
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS) MCT(マイクロソフト認定トレーナー) パソコン入門 Excel(エクセル) Word(ワード) PowerPoint(パワーポイント) Access(アクセス) MCP(マイクロソフト認定技術資格制度)

おすすめスクールレポート

シカク情報部新着記事一覧
今年も開催!クリスマス スペシャルビンゴパーティー&英語でクリスマス・パーティー【子ども英会話のMLS】 今年も開催!クリスマス スペシャルビンゴパーティー&英語でクリスマス・パーティー【子ども英会話のMLS】 2018年11月16日
キャリアコンサルタント国家資格説明会・授業体験セミナー好評開催中!【新宿・銀座・横浜・渋谷・町田・大宮・柏・名古屋・大阪 他】 キャリアコンサルタント国家資格説明会・授業体験セミナー好評開催中!【新宿・銀座・横浜・渋谷・町田・大宮・柏・名古屋・大阪 他】 2018年11月16日
子どもと関わる仕事をしたい人のための【保育現場ですぐに役立つ】実践講座特集! 子どもと関わる仕事をしたい人のための【保育現場ですぐに役立つ】実践講座特集! 2018年11月15日
受講料20%OFFの移転キャンペーン~パソコンスクールアビバ&資格の大栄 新宿校限定・11月末まで~ 受講料20%OFFの移転キャンペーン~パソコンスクールアビバ&資格の大栄 新宿校限定・11月末まで~ 2018年11月12日
チャレンジし易さが魅力!年3回以上試験がある資格4選 チャレンジし易さが魅力!年3回以上試験がある資格4選 2018年11月06日

お電話からの[無料]資料請求

0120-789-760

BrushUP学び:9時から21時

ニュートン