資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

MOSのバージョンを解説!MOS2016やMOS2019とは?

MOS資格とは Microsoft社のMicrosoft OfficeのソフトであるWordやExcelの基礎スキル等をMicrosoftが公式に認定している資格になります。
資格には種類がありWord、Excelなどと科目は分かれていますが、科目の他にソフトのバージョンによっても受験の種類が変わります。
今回はMOSのバージョンの違いについて解説します。
MOSの資格取得を検討されている方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

更新日:2021-09-01(公開日:2020-10-02)

MOS2019やMOS2016とは?

MOSのバージョンを解説!MOS2016やMOS2019とは?のイメージ

MOSのバージョンでのスキルを示すことができる資格のこと

これまでにMicrosoft Officeは、Office 95、97、2000といったようにバージョンアップを繰り返してきました。最新のMicrosoft Officeのバージョンは、 Office 2019及び Office 365となっています。
従来通りの最新バージョンの Officeソフトとして販売されている Office2019と、2011年よりサブスクリプション型の販売で常に最新のバージョンとして使える Office365が発売されました。

バージョンに沿ったMOS資格がある
MOSの資格は、Microsoft Officeのバージョンに沿って用意されています。
MOS資格の中にも複数のバージョンが存在しており、過去のバージョンを含めるとMOS2003・MOS2007・MOS2010・MOS2013・MOS2016・MOS 365&2019といったようにソフトの発売に合わせてMOS資格も最新の Officeソフトのバージョンに合わせて設定されています。

現在受験可能なMOS資格
現在受験可能なMOS資格は、MOS2013・MOS2016・MOS 365&2019の3種類となっております。
2020年にMOS2010の受験が終了し、代わりにMOS2019の試験が新たに追加されました。
2020年現在受験可能なバージョンと科目の詳細は以下のとおりです。

Word ワード
・Word 365&2019
・Word 2016
・Word 2016 エキスパート
・Word 2013
・Word 2013 エキスパート Part1(※)2013はPart1、Part2両方に合格して認定証が発行されます
・Word 2013 エキスパート Part2(※)2013はPart1、Part2両方に合格して認定証が発行されます

Excel エクセル
・Excel 365&2019
・Excel 2016
・Excel 2016 エキスパート
・Excel 2013
・Excel 2013 エキスパート Part1(※)2013はPart1、Part2両方に合格して認定証が発行されます
・Excel 2013 エキスパート Part2(※)2013はPart1、Part2両方に合格して認定証が発行されます

PowerPoint パワーポイント
・PowerPoint 365&2019
・PowerPoint 2016
・PowerPoint 2013

Access アクセス
・Access 2016
・Access 2013

Outlook アウトルック
・Outlook 2016
・Outlook 2013

過去のMOS2010とMOS2013の違いとは?

基本的な部分は同じだが細かな違いはあり

Microsoft Officeとしてのバージョンの違いとMOS試験の現在の科目をご説明しましたが、MOSの試験としての試験内容や出題の範囲などは基本的にあまり変わることはありません。
過去のソフトのバージョンを踏襲していますので、基本的な操作も大きく変わることはありませんが、最新のバージョンごとに追加された機能などがあるため、その点は注意が必要です。

MOSはどのバージョンを受験すれば良い?

おすすめは最新バージョンの2019

MOS資格の取得を検討されている方には、最新のMOS 365&2019の取得をおすすめします。
最新バージョンということもありますが、履歴書などで資格取得をアピールすることを考えても、最新バージョンであれば過去の機能含めて使えるという印象を与え、アピールにも繋がるのではないでしょうか。

注意点
注意する点をあげるとすれば、ご自身で使える Officeソフトの環境が最新バージョンでない場合は注意が必要です。
参考書などのみでの勉強は難しく、実際に使って学習をしてから受験に臨むことを考えると、お持ちの Officeソフトと受験するMOSのバージョンは合わせる必要があるかもしれせん。

まとめ

今回はMOSのバージョンについて解説しました。
2020年よりMOS試験のバージョンが変わったこともあり、今後受験を検討されている方は少し戸惑われたかもしれませんが、基本的な内容はあまり変わりませんのでそれほど心配をすることはないでしょう。
MOS試験の最新のバージョンがMOS2016からMOS 365&2019へ変わった点については、押さえておきたいポイントではありますので、今後MOS資格の取得を検討されている方はご参考にしておいてください。

MOSが学べるおすすめスクール

パソコンスクール アビバ(通信・通学/全国)

ココがポイント!「個人カウンセリングで講座や学習方法をオーダーメイド」

専任のカウンセラーが、一人ひとりの目的に合わせて、講座の選択から就職・転職までサポート。全国100カ所以上の開講で通いやすさも◎!

スクールホームページ:
>>パソコンスクール アビバ

ヒューマンアカデミー(通学/全国)

ココがポイント!MOS試験合格者数16,000名以上!トップクラスの合格実績

オンラインでも受講可能!どんな小さな「わからない」も解消する丁寧な指導でスキルアップ・合格をアシスト。

スクールホームページ:
>>ヒューマンアカデミー/通学

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資料請求

通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

さらに詳しく

最新情報

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の関連資格
マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS) MCT(マイクロソフト認定トレーナー) パソコン入門 Excel(エクセル) Word(ワード) PowerPoint(パワーポイント) Access(アクセス) MCP(マイクロソフト認定技術資格制度)

おすすめスクールレポート