資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

フードコーディネーター

フードコーディネーター

「食」の世界を、専門の垣根を越えて有機的に結びつけるのがフードコーディネーターの仕事です。料理作りはもちろん、食材の仕入れ、店舗設計、メニュー開発から食のイベントまで、ありとあらゆるフードビジネスのテーマを取り扱います。

フードコーディネーター資格ガイド どんな仕事・資格?

いま「食」の分野では仕事の細分化、専門化が進んでいます。そんな「食」の世界を、専門の垣根を越えて有機的に結びつけるのがフードコーディネーターの仕事です。料理作りはもちろん、食材の仕入れ、店舗設計、メニュー開発から食のイベント・メディアまで、ありとあらゆるフードビジネスのテーマを取り扱います。受験者は女性の割合が高く、栄養士、調理師の資格をもつ人が多いようです。1級から3級まであり、2級がプロへの入り口のレベルです。

活躍の場

テレビ、雑誌の特集、広告の撮影など、さまざまなメディアで、視覚的な食の演出能力を発揮します。また、食品メーカーやコンビニ、レストランチェーンなどで新商品開発のアドバイザーをつとめることも。もちろん料理教室の講師の仕事もあります。フードコンサルティングなどの会社に所属するほか、個人で仕事をする場合は、レシピコンテストに応募したり、企画を雑誌社に持ち込んだりと、売り込みの努力が必要です。

こんな人が向いています

アート感覚、特に視覚的なセンスが活かせる仕事です。もちろん、栄養士、調理師など、基本的な食の資格も役立ちます。はじめはアシスタントとして撮影準備をしたり、下積みの仕事のくり返しですから、根気強く、しかもとっさの機転が利く人が向いています。肉体的にもハードですが、テーブルセッティングなど、女性らしさを活かせる分野でもあります。パン、フルーツ、健康メニューなど、得意分野があると仕事を受注する上で有利でしょう。

試験データ

項目 内容
資格・試験名 フードコーディネーター
試験区分 民間資格
主催団体 特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会
受験資格 3級:中学校卒業以上
2級:フードコーディネーター3級の資格取得者
1級:フードコーディネーター2級の資格取得者
合格率 3級:90%
2級:1次 55%、2次 35%
出題内容・形式 3級
・デザイン・アート、経済・経営(100分)(マークシート式)
・科学、文化 (100分)

2級 
【1次試験】(マークシート式)    
・レストランプロデュース(50分)   
・食の商品開発(50分)   
・ホスピタリティ&ライフサポート(50分)   
・食のイベント・メディア(50分) 
【2次試験】(記述式、140分)…専門分野別に問題内容が異なる。

1級
【1次試験】書類審査 ※郵送
【2次試験】面接・プレゼンテーション
検定料 3級:10,000円
2級:1次10,000円 2次12,000円
1級:1次10,000円 2次15,000円
問い合わせ先 特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会
http://www.fcaj.or.jp/
〒112-0004 東京都文京区後楽2-2-21 飯田橋ISビル4F
TEL:03-5805-1981(土日祝日を除く10時から17時)

フードコーディネーターの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 東海 関西 九州・沖縄

おすすめスクールレポート