資格・講座の情報&無料で資料請求。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(24時間365日)掲載のお問い合わせ

野菜スペシャリストとは?仕事内容を紹介します。

健康な暮らしのためには適度な運動やメンタルケアも必要ですが、毎日の食事にも注意が必要です。
そのためには、食材の健康効果や栄養素についての知識が必要になるでしょう。
「野菜スペシャリスト」という資格を取得することでそうした知識が身につき、日常における健康維持だけでなく仕事にも活用することができます。
では具体的にどのような場面でこの資格が役立つのでしょうか?

更新日:2021-03-04(公開日:2020-10-15)

野菜スペシャリスト資格とは?

野菜スペシャリストとは?仕事内容を紹介します。のイメージ

FLA協会が認定している民間資格の1つ

「野菜スペシャリスト」とは、一般社団法人FLAネットワークという協会が認定している民間資格です。
2017年に誕生したばかりの資格であり、近年の健康に対する関心の高まりから徐々に注目を集めている資格の一つです。

専門知識があると証明できる
野菜スペシャリスト資格を取得しておくことで、「野菜と果物に特化した専門知識がある」というように認定されます。
この専門知識とは具体的に、

●「野菜や果物に含まれる栄養素」
●「栄養を逃さないための調理方法」
●「野菜や果物の正しい選び方」

などです。

在宅で受験でき、ほぼ全員が合格できる
試験内容はマークシート方式であり、正答率約70%で合格できると言われています。
受験資格などもなく、テキストを参考にしながら在宅で解答できるため毎回ほぼ全員が合格となっているため、資格の中ではかなり取得しやすい部類に入るでしょう。

野菜スペシャリストの資格はどこで活かせるの?

スーパーや青果店

青果店や、大手のスーパーに就職した場合でも、最初は食品売り場などの現場に配属されることが多いでしょう。

即戦力を目指せる
未経験でも現場を経験し、徐々に野菜や果物に関する知識を身に付けることもできますが、野菜スペシャリストとしての資格があれば、早い段階で戦力になることが期待できるでしょう。
特に食品売り場は、購入者の方と接する機会も多いため、対応が会社への印象に繋がることを考えると、購入者の疑問に回答できるだけの知識を備えた野菜スペシャリスト資格の保有者は大きな戦力になると言えるでしょう。

食品メーカー

食品メーカーにおいても野菜スペシャリストとしての知識は役立ちます。

部署を問わず知識は必要
食品メーカーは「企画部門」「営業販売部門」「開発部門」などに分かれていますが、どの部署に配属されたとしても食品に関する知識は不可欠です。

商品企画時に知識が活かせる
健康の悩みを解決する食品の企画時などでは選定が必要ですし、具体的な食品の効能に関する説明などが要求されるでしょう。
開発に関しては、直接食品を扱う機会がとても多いため、さらに深い専門知識が必要であるといえます。
そのため、既に野菜や果物などの専門知識を持っている野菜スペシャリストは、商品開発のあらゆる場面で活躍できることが期待できるでしょう。

ご家庭

仕事以外でも野菜スペシャリストとして得た知識は役立ちます。
食事というのは毎日欠かせない大切な習慣ですが、健康的で美味しい食事を楽しみたいとお考えの方も多いでしょう。

健康を意識した食材を選べる
野菜や果物などの知識があれば買い物で健康を意識した食材選びができますし、それがご家族の健康を守ることにも繋がります。
特にお子様がいるご家庭では、健康に成長するための食事作りを意識されることが多いのではないでしょうか。

まとめ

野菜スペシャリストは比較的新しい資格であるため、まだそこまで保有している方も多くはないかもしれません。
しかし、健康というテーマに関連するので、今後徐々に需要が高まることが考えられます。
難易度もそこまで高くはないため、今後の仕事の選択肢を増やしたり、身近な方の健康について考える意味を込めて、野菜スペシャリストの資格の取得を検討されてみてはいかがでしょうか?

野菜・果物の資料請求

複数の学校や講座の資料請求を行い、比較してからの講座受講をおすすめします。
学校によって受講料や学習サポート、カリキュラム、割引制度などが違いますので、資料を取り寄せてご自身にあった学校を選んでみてはいかがでしょうか。

通信講座から探す

さらに詳しく

最新情報

野菜・果物の関連資格
パティシエ(製菓衛生師) パン ソムリエ・バーテンダー クッキング バリスタ・コーヒー・紅茶 フードアナリスト カフェ(オーナー) フードビジネス 野菜・果物 寿司職人

おすすめスクールレポート