資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

トリマーになるには

トリマー

犬や猫などのトリミング、皮膚、爪の手入れを行うペット専門の美容師。ブラッシング・カット・シャンプー・爪切り・耳掃除などを行います。またペットショップでその他のペットや関連商品の販売などを行うこともあります。

トリマーになる方法とは 就職を考えると資格取得が有効

トリマーになるには、必ずしも資格が必要というわけではありません。しかし、トリマーの仕事は犬や猫を中心とした動物の被毛のトリミングや、爪のお手入れなどの技術が必要で、就職活動をする上では資格をもっていないと難しいのが現状です。そのため、資格取得されることをおすすめします。また、資格をもつことでペットサロンや動物病院などでプロのトリマーとして働く十分な能力があることの証明もなります。注意したい点として、仕事の内容はトリミングだけにとどまらず、ペットの健康管理や飼い主さんへのカウンセリングも含まれます。そのため、取得予定の資格が実技のみを対象にしたものである場合には、別に知識面や理論面を補う資格も取得するのがベターです。また、受講予定の講座が通学講座か通信講座かによっても、取得できる資格や身につけられるスキルが変わってきます。スクールのホームページや資料をしっかりと確認・比較検討したうえで受講を開始しましょう。

トリマーの就職先と将来性は?

課題や試験を終えて無事ライセンスを取得できたら、希望する職場への就職活動を進めましょう。ひと口にトリマーと言っても、ペットサロンやペットホテル、動物病院など、働く環境は人それぞれ。思い描く将来像に沿って、どのような種類の職場で働きたいのかを考えましょう。講座によっては、独自の就職サポートをおこなっているところもあります。たとえば、通学講座を開講するスクールでは、ペット業界座談会やドッグサロン見学などを含めた就職ガイダンスが毎週開催されていて、ペット業界で長年働くベテランスタッフからアドバイスを受けることができるようです。また、自宅での勉強が基本の通信講座でも、就職サポートはしっかりとおこなわれているところが多数。ペット業界で働く講師によるセミナーや、具体的な開業のノウハウをプロの講師から教えてもらえる相談会などが開催されており、幅広い働き方に対応したサポート体制がととのえられています。トリマーの仕事領域は多岐にわたっているため、今後さらに広がっていくことでしょう。これから動物関係の仕事をしたいと考えている方は、まず最も需要の多いトリマー関連から始めてみるのも良いかもしれませんね。

資格取得の費用は? 通学講座の場合

スクールに通い、一定期間で集中して知識や技術を身につけるスタイルの通学講座。プロの講師から直接指導を受けられるのもメリットです。入学には進路相談セミナーへの参加が必須。このセミナーは入学審査を兼ねており、この日の審査をもとに後日審査結果が通知されます。審査に合格すれば、入学手続きに。入学願書などを提出し、諸費用の振込みをおこないます。入学時に必要な費用は、入学金約20万円と2年間の授業料など約170万円。このほか器具代やテキスト代が別途かかる場合もあります。一括で支払う方法のほか、分割での支払いや奨学金の利用ができるスクールもありますので、必要な場合は検討しましょう。授業は、平日で毎日授業が開講されます。場合によっては、休日にも授業があることも。また、週4回の実習が設けられていて、年間で416時間もの長い時間を実技の習得に充てられています。

通信講座の場合

家事や仕事と両立して資格取得を目指したい人には魅力的な通信講座。授業だけでなく、受講の申し込みもオンラインで手軽にできることがほとんどです。通学講座に比べてコースが細分化されていることが多いので、講座のホームページや資料を見ながらカリキュラムの内容や、自分の目的に合っているかどうかを確認してから申し込みをしましょう。受講期間は約半年~1年と通学講座よりも短く、受講料も約10万円~30万円と安価。分割での支払いを選ぶと月々数千円に支払額を抑えられることもあるので、学費が十分に貯まっていないが勉強を早めに開始したいという人にもピッタリです。受講申し込みが完了すると、テキストやDVD、実寸のモデル犬、トリミング用のハサミセットなどが送られてきます。

資格取得の最短ルートは? 通信講座なら約半年で資格取得も

とにかく短期間でライセンスを取得したいなら、選ぶべきは通信講座。コースによっては約半年で資格取得できることもあります。通信講座では目的に応じてコースが多数用意されていることが多く、目的に応じてカリキュラムをしっかりと吟味することが重要です。目安としては、通常のペットサロンやペットホテルへの就職を目指すなら、約半年ほどの短期間の講座でも問題なく対応できるでしょう。講座修了後に実技の講座を単独で受講できるスクールもあり、スキルの補充にも対応できます。ただし、独立・開業をして自分でペットサロンやペットホテルを経営することを目指しているなら、10か月~1年の受講期間を標準としたプロフェッショナル向けの講座を選択するのが無難です。また、動物病院への就職を目指す場合は、「動物介護士」「動物看護師」「ドッグシッター」などの資格取得を目標とする講座も並行して受講するのがオススメです。就職前に職場に応じた専門的な知識が身につくので、安心して仕事をはじめることができるでしょう。

通学講座なら効率よく必要なスキルが身につく

ひとつの講座で座学から実技まで完璧に仕上げたいという人には、やはり通学講座がオススメです。約2年間と受講期間は通信講座よりも長くなりますが、本物の犬や猫を使った実技授業を何度も受講することができることが多いので、修了までにプロとして十分に通用する知識と技術を身につけることができるでしょう。通学講座ではプロの講師に直接指導を受けることができるほか、在学中からペットサロンや動物病院での実習の機会を設けているところもあります。就職前から現場の空気感を知っておくことは、仕事をはじめてからも役に立つ貴重な経験となります。独学では勉強のモチベーションが保てるか不安だという人にとっても、通学講座は最適です。いっしょに学ぶクラスメイトがいるので、勉強が思うとおりに進まないときにも励ましあうことができるでしょう。また、将来同じ業界で仕事をすることになる仲間とのつながりを、就職前からつくっておけるというメリットもあります。職場は違っても、業界内での横のつながりというのは意外と大事。就職前からコツコツと人脈を構築しておくと、働きはじめてからも心強いものです。

働きながらトリマー資格を取得できる? 通信講座なら無理なく両立可能

仕事や家事との両立を考えている人にとってネックになるのは、まとまった勉強時間の確保。仕事の事情や家族の都合で急の用事が入ることも多いので、あらかじめ日にちや時間が決まっている授業に参加できないことも多いでしょう。そんな人に最適なのが、通信講座を利用して資格取得を目指すスタイルです。勉強のスケジュールを自由に組めるので、無理なく勉強を進められます。万一急用が入って勉強時間がつぶれてしまっても、次の日以降に時間をとってカバーすればいいので安心です。トリマーの通信講座では、実物大の犬の人形を使ったトリミングやグルーミングの練習ができるので、実技スキルも問題なく身につけることができます。また、勉強途中でわからないことが出てきたときには、電話やメール、FAXなどで質問できることがほとんど。また通信講座では、受講生同士の情報交換システムなどもあるので、勉強や就職活動の悩みも相談でき、勉強に打ち込める環境が整えられています。通信講座でも不安になることなく資格取得が目指せます。

修了後に実技をさらに深く学べるシステムも

仕事や家事との両立を目標に通信講座を選んだものの、修了後のスキルアップや就職活動、開業準備が不安だという人もいるでしょう。通信講座の中には、講座修了後にも一定期間のサポートをおこなっているところがあります。その間は割引価格で実技の講習を受けられたり、無料で質問や相談を受け付けてもらえることも。トリミングの技法は多岐に渡っており、また流行のスタイルは絶えず移り変わります。修了後さらにスキルを磨きたいという場合や、受講中は試すことができなかった最新のスタイルを試してみたいという場合にも、このようなシステムを利用できるので安心です。修了後のサポートシステムは、就職活動や開業準備の際にも心強い味方となります。通信講座を開講しているスクールの中には、定期的に就職・開業サポートのセミナーを開いているところもありますので、積極的に利用してみるのもよいでしょう。

難易度と合格率 通学講座 卒業試験の難しさ

通学講座では所定のカリキュラムをすべて修了すると、最後に実技の卒業試験がおこなわれることがほとんどです。こちらをクリアするとプロのトリマーとして働くのに十分な技術があるとみなされ、ライセンスが発行されます。卒業試験の形式はスクールによって異なりますが、1人ひとつの台が準備され、講師はもちろん保護者や来期の入学希望者も見守る中技術を披露するという、盛大なイベントとなることも多いよう。それだけに、受験者にとっては緊張感をもって受験する難しさがありますね。卒業試験では、トリミングやグルーミングの技術はもちろんのこと、適切な押さえ方やなだめ方でペットを安心させられているか、器具がしっかりと手入れされているかなどを含めてトリマーとしての総合力をチェックされます。もちろん被毛のトリミングだけでなく、爪のお手入れが適切にできているかも審査の対象になります。 ただし、スクールでおこなわれる授業内容がしっかりと身についていれば、合格するのはけっしてむずかしくはないようです。日々のカリキュラムの内容を復習したうえで自信をもってのぞむことができれば、合格は間近と考えてよいでしょう。

通信講座では数回の課題提出が必要

一方の通信講座では、最終の実技試験の前に3~5回程度の課題提出が求められることがほとんどです。課題の内容はコースによって異なりますが、5回の課題提出なら社会学や美容学などの座学の課題が2回、モデル犬(カット用の実物大の犬の人形)による所定のカットに仕上げて送付、添削してもらうという実技の課題が3回というのが標準のようです。提出した課題には、個別のアドバイス付きの評価が返送されてきたりと、詳細なフィードバックが受けられるように配慮されています。アドバイスや評価について疑問点があれば、専用の質問窓口で受け付けてくれる講座がほとんど。電話やメール、FAXなど形式は講座によって異なるので、チェックして積極的に利用しましょう。こちらについても通学講座と同様、所定のカリキュラムがしっかりと身についていれば十分に合格できる内容。万一不合格の場合でも再提出の機会が設けられていたり、合格できるまで専門のアドバイザーに無制限で相談に乗ってもらえるシステムを設けているスクールもあります。授業では講師と直接顔を合わせない通信講座といえども、そのサポートはけっして手薄ということはないのです。

トリマーの仕事内容は? トリミング・グルーミング業務

トリマーの仕事の中でも、もっともポピュラーな業務。犬や猫の被毛や爪のお手入れ全般をする行程を指します。トリマーというとペットの被毛を切る場面をイメージされる方が多いかと思いますが、じつはそれだけではありません。トリミングの前にシャンプーをしたり、そのあと被毛を乾かしたり(ドライング)、爪の形をととのえたりすることも、欠かすことのできない大事な仕事の一部です。シャンプー、ドライング、爪のお手入れとすべての行程に共通することですが、犬や猫は生き物ですからいつでもじっとしていてはくれません。彼らの生態をよく理解してふさわしい押さえ方(扱い方)ができなければ、スムーズにお手入れをすることができないのです。このような場面で困らないためにも、獣医学や公衆衛生学などの知識が必要になります。スクールや講座での勉強中には、実技だけでなく理論・知識面の習得もおこたることのないようにしましょう。

接客・カウンセリング

トリマーの仕事は対動物という側面もありますが、そのサロンを選んできてくれるお客さんはペットではなく、その飼い主です。そういった意味では、トリマーは徹底した接客業であるとも言えます。飼い主さんは、トリマーを「ペットについての総合的な専門家」と認識していることがほとんどです。実際にトリマーとして店舗で働きはじめると、トリミングやグルーミングについてはもちろんのこと、ペットの健康や日常生活についての相談もされることがよくあるそうです。このように飼い主さんとたわいのない世間話をしたり、ペットの悩み相談にのったりするのも、トリマーの仕事のひとつです。一定の時間とはいえ大事なペットを預けるのですから、トリマーとの信頼関係は見過ごすことのできない重要な要素。そういった信頼関係をつくるために、接客やカウンセリングの業務は大きな効果を発揮してくれるのです。

店内の清掃

トリミングサロンはいわば「ペットの美容室」ですから、サロンに清潔感があることは必須中の必須です。お店のガラス窓やトリミング、グルーミングに使う器具をきれいに保つのに、こまめな清掃は欠かすことができません。 また、ペットを長時間滞在させるという性質上、何の対策もしないとニオイが気になってきてしまいます。見た目の汚れだけでなく、消臭の対策も必要になります。このほか、サロンによってはトリミングしたスタイルやその日のペットの健康状態を記録していることもあるようです。そのため、カルテへの記帳や書類の整理なども業務に含まれる場合もあります。

活躍の場 ペットサロン・ペットホテルの現場

トリマーといえば真っ先に思い浮かぶのが、ペットサロンやペットホテルではないでしょうか。実際にあるスクールの卒業生で2016年春に就職する方のうち、ペットサロンやペットホテルの職場に就職するケースが約8割にものぼるそうです。ペットサロンは、いわばペットのための美容室。ほかの職場に比べて流行のスタイルやおしゃれなスタイルを求められることが多い傾向にあります。就職を目指している人は、常に最新の流行スタイルをチェックして、トリミングの技法をマスターしておくようにしましょう。ペットホテルは、ほかの職場に比べてペットを長時間預かることが特徴です。トリミングはもちろんのこと、食事の世話やケージの清掃などを担当することもあるでしょう。動物たちが安心して過ごせる衛生的な環境を保つために、衛生学や社会学などの豊富な知識も必須となります。

動物病院の現場

トリマーの就職先のうち約2割を占めるのが、動物病院です。病気やケガをしたペットと接するため、トリマーとはいえ医学的な知識も一定量必要になります。トリミングのスタイルとしても、流行を意識したり見た目をかわいくするというよりは、ペットが生活しやすく衛生的なものが求められる傾向にあります。動物の骨格や被毛の生え方などを熟知し、最適なトリミングやグルーミングを選ぶことが必要です。動物病院への就職を目指す人は、実技だけでなく、これらの知識もしっかりと学べる講座を選ぶのがよいでしょう。スクールによっては動物病院への就職を目指す人向けの講座を開講していることもあるので、こういった講座を利用するのもオススメです。

独立・開業など

たしかな技術が身につく「手に職」の資格であるトリマーの中には、就職せずにフリーランスとして活躍する人も多くいます。もともと長年ペットを飼っているなどで基礎的な知識のある人は、こういった道を目指すのもよいでしょう。また、資格を取得してペットサロンやペットホテルを開業するという選択肢もあります。開業には技術だけでなく資金も必要になりますので、学校を卒業したての若い人というよりは、ペットサロンやペットホテルで働いたことがあり、ある程度の経験を積んだ人向けの道かもしれません。トリマーの資格取得で得た知識は、仕事でしか生かせないというわけではありません。ペットを飼っている人にとっては、愛犬や愛猫と快適に暮らすためにおおいに役に立つでしょう。

給料・年収分析 トリマーの平均年収

トリマーの平均給与は、正社員として勤務した場合、年収400万円が目安です。これはボーナスや賞与が支給されたケースになります。ボーナスの事例で言うと、月収の約4ヶ月分が年に2回に分けて、支給されます。また平均月収で見れば、25万円前後でしょう。国税庁の「平成26年分民間給与実態統計調査結果」によると、給与所得者の平均年収は415万円でした。この結果からトリマーの年収は、日本人の平均年収よりも、やや低い水準であることがわかりました。しかしながら、職場によっては、ボーナス・賞与が支給されない場合もあります。また地域や事業規模によって、給与水準に差が出ます。都心部で大手企業の方が、好待遇であるケースも多く、各種手当や福利厚生が充実しています。

パートでトリマーとして働く

トリマーとしてパート勤務する場合、平均時給は950円から1,000円が目安です。平成28年3月度の時点で、三大都市圏(首都圏・東海・関西)の平均時給は977円でした。時給が最も高い首都圏でも1019円なので、トリマーのパート勤務は、ほぼ一般的な水準の時給が得られます。実際に、トリマーのパートやアルバイト求人ニーズが高いので、募集が沢山出ています。特に、土日祝や、年末年始などの長期休暇など、繁忙期に出勤できるトリマーが重宝されます。そのため契約社員や派遣社員として勤務するトリマーも増えてきています。トリマーの経験者が、正社員を退職して、自分のペースで勤務をしたい場合に、このような求人はおススメです。

フリーランス・独立について

独立をし、上手くいけば1,000万円以上の年収を得ることも出来ます。ただし、一時的に結果を出せても、成功し続けるトリマーは、ほんの一握りです。活躍し続けるトリマーには、経営者として売上を出して、維持するスキルが求められます。特に現在では、いかに集客出来るのかが鍵となっています。新規顧客の開拓からリピーターの獲得まで、集客スキルが必要です。特に、インターネットを中心にしたマーケティングに対応するセンスが求められます。顧客獲得のためのサービス提供や利益創出が上手くいけば、雇用されていた時よりも何倍もの所得が期待出来ます。

向いている人とは 動物が好きな人

トリマーは動物と接する時間が長い仕事なので、動物が好きな人には最適な仕事でしょう。人間のように言葉を話すことのない犬や猫の気持ちを汲みながら進める必要のある仕事なので、それだけ深くコミュニケーションをとることができます。トリマーと言っても、ただ犬や猫の被毛をカットするだけではプロレベルの仕事をすることはできません。思いやりをもってペットたちと接し、自分の目の前にいるペットの反応を常に観察しておくことが必要です。 反応によって最適な押さえ方やなだめ方、触り方を選ぶことができればペットとのあいだによい信頼関係ができ、結果としてよいトリミングやグルーミングができるようになります。動物への愛情をもっている人なら、このようなペットとのコミュニケーションを心から楽しめるはず。「この子をかわいくしてあげたい」という気持ちをもち、ときにはペットたちから勉強させてもらうという姿勢を忘れずに仕事にのぞむことも大切なポイントです。

人と話すのが好きな人

トリマーは対ペットの仕事でもありますが、ペットをトリマーに預けてくれるのは飼い主さん。人間に対する接客業という側面も大きいのです。そういう点では、人と話すのが好きで、いろいろなタイプの人と垣根をつくらずコミュニケーションをとれるという人は、トリマーとして仕事が向いているといえるでしょう。また、友だちから「癒し系だね」「聞き上手だね」とよく言われる、という人もトリマーにぴったり。 トリマーとして仕事をしていると、飼い主さんからペットの健康面や日常生活の悩み相談をされることも多くあります。そんなとき大事なのが、まずは飼い主さんのお悩みを徹底的に聞いて、不安な気持ちに共感できること。いっけんトリミングやグルーミングなどの業務とは無関係に思えるかもしれませんが、飼い主さんとの信頼関係をつくるには欠かせないことなのです。

流行に敏感な人

人間のヘアスタイルと同じように、ペットのトリミングにも流行があります。そのような流行を敏感に汲み取り、飼い主さんの希望に沿って最新のスタイルを提案できるのも、トリマーとして必要な能力のひとつ。本や雑誌、インターネットの情報を集めるのが好きという人は、流行のスタイルを無意識のうちに取り入れているはず。そういう姿勢は、トリマーとして仕事をするときにも大切です。接客業という側面から、自分自身の身だしなみに気を配れることも重要な適性ではないでしょうか。美容やファッションに興味があって流行のスタイルやメイクを取り入れていたり、清潔感のある着こなしを大事にしている人には向いているお仕事です。

体力がある人

仕事中は1日中立ちっぱなしで、大きな犬のトリミングを担当することや、おとなしくしているペットばかりではないので、体力が要求されます。体力が必要になりますが、活躍する多くの方は女性です。女性の方でも初めのうちは身体が慣れず、苦労するかもしれませんが、日々の積み重ねで体力がついてくることもあります。体力をつけることも必要ですが、それ以外にも体調管理など身体をケアすることも重要です。

トリミングのコツ トリミング前の準備が大事

トリミングというとまず浮かぶのは、ペットの被毛をハサミでカットしているイメージではないでしょうか。それは間違いではありませんが、実はその前におこなわれる作業も、トリミングと同じくらい重要なのです。 トリミングの前におこなわれるのは、シャンプーやその後のドライヤーがけ(ドライング)などの準備作業。これらは被毛を本来の状態に戻す役割を担っています。 被毛に汚れやクセがついた状態でトリミングをはじめたのでは、美しいスタイルに仕上げることはできません。そういった意味では、この前準備の作業こそがトリミングの成否を決定づけるとも言えるほどです。シャンプーやドライングをする間、ペットたちがじっとしていてくれるかどうかはわかりません。そのときのコンディションによって不安になって暴れたり、吠えが止まらなくなったりすることもあります。そのため、このような不測の事態にも動揺せず適切な対処ができる力も、トリマーに求められる能力のひとつです。

爪のお手入れも重要

ドライングが済んだら、被毛を丁寧にブラッシングします。長い被毛をもつペットもいますので、絡まらないように気をつけながらとかします。これでトリミング前の準備は完了です。ブラッシングが済んだら、まずは足先と顔まわり、しっぽの根元をバリカンで刈っていきます。この部分はあまり毛を長く残すと日常生活に支障が出てきますので、ごく短くカットするのです。 次にハサミを使って、胴体の被毛をカットしていきます。スタイルによってハサミの入れ方を変え、美しいシルエットを形づくります。 最後にブラッシングをして余分な毛をはらい、完了です。このほか爪のお手入れも、トリマーにとって重要な仕事です。ペットが痛くないよう、体勢や足の持ち方、支え方に気を配りながら、爪をカットします。

犬種や骨格に合わせてピッタリのカットを

たとえばひと口に「犬」と言っても、骨格や被毛の生え方は犬種によってまったく異なります。また、毛足が長い犬もいれば短い犬もいますし、くるくるとしたクセをもった被毛をもった犬もいれば、ストレートの被毛をもつ犬もいます。特徴を見極めて最適な提案ができるように、プロのトリマーは動物の体のしくみや特徴についても勉強を積んでいます。また、人間のヘアスタイルと同じように、トリミングのスタイルにも流行があります。ショーなどに出ているペットたちのスタイルを研究し、常に最新のスタイルを提供できる技術を身につけておくことも大切な仕事のひとつです。

トリマー講座・スクール比較

トリマー学校の一覧

  • ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』

    ヒューマンアカデミー / 通信講座 * 『たのまな』

  • 総合学園ヒューマンアカデミー

    総合学園ヒューマンアカデミー

  • カコトリミングスクール カコ動物看護学院

    カコトリミングスクール カコ動物看護学院

  • ユニバースグルーミングスクール

    ユニバースグルーミングスクール

  • ナンバペット美容学院 (JKC/ジャパンケネルクラブ認定校)

    ナンバペット美容学院 (JKC/ジャパンケネルクラブ認定校)

  • ペット資格通信専門校「日本ケンネルカレッジ」

    ペット資格通信専門校「日本ケンネルカレッジ」

  • JKC公認研修機関 アートグルーミングスクール

    JKC公認研修機関 アートグルーミングスクール

  • doggyペットトリミングスクール青森校

    doggyペットトリミングスクール青森校

  • 青山ケンネルスクール

    青山ケンネルスクール

  • 愛犬トリミングスクール

    愛犬トリミングスクール

  • イオンペットビューティサロントリマー養成所

    イオンペットビューティサロントリマー養成所

  • トリマー講座の資料請求

トリマーの資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

おすすめスクールレポート