資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

調剤事務管理士技能認定試験とは?

「調剤事務管理士®」の仕事は、保険調剤薬局で多忙な薬剤師をサポートし、医師が交付した処方せんの受付や会計、保険請求分のレセプト作成など、事務全般を担当します。そのスキルを証明するのが「調剤事務管理士®」の資格です。

公開:2019-02-14 12:43 (最終更新:2019-10-03 11:49)

調剤事務管理士技能認定試験の基本情報

調剤事務_chozaijimu_kanri

調剤事務管理士技能認定試験の資格とは?

保険調剤薬局で多忙な薬剤師をサポートし、医師が交付した処方せんの受付けや会計、保険請求分のレセプト作成など、事務全般を担当します。
処方せんの内容から調剤報酬を計算するスキルは専門性が高く、調剤事務管理士の有資格者は、全国の保険調剤薬局で高く評価されていますので、就職の際に大変、有利です。

調剤事務管理士技能認定試験の内容、難易度は?

調剤事務管理士技能認定試験の内容を紹介します。

●学科 マークシート形式10問
法規(医療保険制度・公費負担医療制度等についての知識)
1.保険請求事務(調剤報酬点数の算定、調剤報酬明細書の作成・ 薬剤用語等の知識)
2.薬の基礎知識(医薬品・薬価基準の基礎知識、薬の作用等)

●実技 3問
1.調剤報酬明細書点検問題(1問)
2.調剤報酬明細書作成(2問)

合格率の平均は約60%位です。

調剤事務管理士技能認定試験の主催団体

調剤事務管理士技能認定試験を主催する団体は『株式会社技能認定振興協会』です。
こちらでは、日本の医療・福祉業界において優れた人材の養成と処遇が課題と考え、能力の客観的な判断基準として「技能認定」の必要性を唱えています。

1969年、我が国初の医療事務従事者の技能を認定する試験機関として設立され、「医療事務従事者の地位確立」を目的として医療事務管理士技能認定試験をスタートしました。
以来約50年間にわたり医療と福祉の分野で常に先進的な技能認定試験を実施しています。

『技能認定振興協会』の事業

●実施している各技能認定試験
(医療)
・医科医療事務管理士®インターネット
・歯科医療事務管理士®
・ホスピタルコンシェルジュ®
・調剤事務管理士®
・医師事務作業補助者(ドクターズオフィスワークアシスト®)
・DPC/PDPS初級
・メディカル・ケア・サポーター
・医科クリニック事務管理士®
・在宅診療報酬事務管理士®
・労災事務管理士
・医療個人情報取扱者

(介護)
・介護事務管理士®
・ウェルフェア・コンシェルジュ®
・介護職向け フィジカルアセスメント

調剤事務講座・スクール比較

資格取得の方法

受験申込から資格取得までの流れ

年6回、奇数月第4土曜日に実施される試験を受験しましょう。

●試験申し込み
(インターネット)
1.試験申込フォームに必要事項を入力・送信します。
2.受験料をお支払いください。受験料6,500円

(コンビニ端末)
1下記コンビニエンスストアの情報端末で必要事項を入力し試験を申し込みます
・セブンイレブン・ミニストップ
・ローソン・ファミリーマート
・サークルKサンクス

2.レジにて受験料をお支払いください。受験料6,500円

3.ご入金の確認をもって受験申込み完了となります

●受験票送付
試験日の1週間前ごろ当協会より受験票を発送します。

●試験会場
技能認定振興協会指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校等。

●合否の判定
・学科試験:70点以上
・実技試験:点検・各作成問題ごとに50%以上の得点をし、且つ、3問の合計で70%以上

合否の結果は試験実施後1ヶ月以内に文書にて通知します。

●技能認定合格証の交付
合格者には「調剤事務管理士®」の称号が付与され、認定合格証が交付されます。

調剤事務講座・スクール比較

資格取得にかかる費用

講座受講料・期間

調剤事務管理士技能認定試験の講座は下記になります。

ソラスト
【調剤薬局事務講座】厚生労働省「一般教育訓練給付制度」指定講座
調剤薬局事務に必要な知識を、基本から無理なく学んで身に付けられるので、初心者にもおすすめの講座です。

●通学
・入学金: 0円
・受講料: 3万5,000円(税込)
・受講期間:3ヶ月

●通信 WEB plus
WEB動画も利用して理解を深めながら学習したい方におすすめです。
・入学金: 0円
・受講料: 4万円(税込)
・受講期間:3ヶ月

調剤事務講座・スクール比較

調剤事務管理士技能認定試験の活かし方

保険調剤薬局や病院の薬剤部が活躍の場

医薬分業の進展とともに多忙な薬剤師のサポート役として調剤報酬を正確に算定できる人材のニーズが高まっています。活躍の場は、全国の保険調剤薬局や病院の薬剤部になります。
主な業務は、多忙な薬剤師のサポートや、医師が交付した処方せんの受付け、会計、保険請求分のレセプト作成など、事務全般です。

勤務時間も常勤やパートなどシフト制を導入している調剤薬局も多く、家事や育児で忙しい主婦の方などにもぴったりです。自分のライフスタイルに合わせた働き方ができるのも人気の理由です。

調剤事務講座・スクール比較

調剤事務管理士技能認定試験の試験情報

主催団体
JSMA 技能認定振興協会
試験区分
民間資格
受験資格
特になし
合格率
60%程度
出題内容・形式
【学科】マークシート形式10問
(1)法規(医療保険制度・公費負担医療制度等についての知識)
(2)保険請求事務
  (調剤報酬点数の算定、調剤報酬明細書の作成・ 薬剤用語等の知識)
(3)薬の基礎知識(医薬品・薬価基準の基礎知識、薬の作用等)

【実技】3問
(1)レセプト点検問題(1問)
(2)レセプト作成(2問)
日程
-
検定料
6,500円(税込)
問い合わせ先
JSMA 技能認定振興協会
https://www.ginou.co.jp/qualifications/chozai-jimu.html
〒108-8210 東京都港区港南1-7-18 A-PLACE品川東6F
補足情報
処方せんの内容から調剤報酬を計算するスキルは専門性が高く、調剤事務管理士の有資格者は、全国の保険調剤薬局で高く評価され、就職の際に、大きなPRポイントとなります。
全国の保険調剤薬局で必要とされ、勤務時間も常勤やパートなどシフト制を導入しているところが多いので、ライフスタイルに合わせた働き方が可能。結婚・出産後にも働きやすい仕事として注目されています。
調剤事務講座・スクール比較

関連特集

さらに詳しく

調剤事務の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

調剤事務の関連資格
医療事務 介護事務(ケアクラーク) 看護師 調剤事務 歯科助手 登録販売者 歯科衛生士 歯科技工士 看護助手 医師事務作業補助者 臨床検査技師

おすすめスクールレポート