資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

登録販売者になるには?合格後に必要な登録手続きがあった!

「登録販売者」という職業をご存じでしょうか。
薬局やドラッグストアで働く、一般医薬品を販売できる職業です。
登録販売者になるには資格が必要ですが、人気の職業でもあります。

「登録販売者にはどのようになれるのか」 「試験に合格したらすぐに登録販売者になれるのか」 など、疑問をお持ちの方もいるでしょう。
そこで今回は、登録販売者になるにあたってどのような流れなのか、わかりやすくご紹介します。
登録販売者に興味がある方は、ぜひ参考としてお役立てください。

更新日:2021-06-16(公開日:2019-02-12)

この記事を監修したのは

登録販売者講座 講師:石川 達也氏

登録販売者講座 講師:石川 達也

登録販売者になるために必要なことは?

登録販売者_procedure

「登録販売者になりたいけれど、何か条件があるのか」と思う方も多くいるでしょう。
登録販売者になるには条件があります。

まず、年1回実施されている資格試験に合格する必要があります。
試験に合格してもまだ登録販売者にはなれません。

その後、自分が勤務する都道府県で「販売従事登録」が必要になり、登録後にようやく登録販売者として働けるようになります。

>>販売登録者になるにはこちら
>>登録販売者の試験について

登録販売者の資格に合格したら!就職先を決めよう!

働く場
「販売従事登録」が必要なので、試験に合格したら就職先を決めないといけません。
登録販売者の就職先としては、薬局やドラッグストアなどです。
最近では、コンビニなどでも薬を置いているため、登録販売者は就職に困ることはないでしょう。

求人数が多い
就職希望者に対して、求人数が多いため、数多くの選択肢のなかからできるだけ自分の理想の職場に勤められる確率が高いです。

給料水準が高い
また、給料に関しては年収300~400万円程度と、ドラッグストアなどで働く登録販売者ではない一般従業員の給料と比較して高めの水準といえます。
大手ならそれ以上の給料や待遇となってくるため、登録販売者の人気は高いです。

登録販売者の就職先は?

よく知られているのが、薬局やドラッグストアでしょう。
薬の専門店のため、当然登録販売者が必要となります。

最近では、スーパーやコンビニにも医薬品が置かれるようになってきました。
そのため、今まで選択肢としてなかったお店も就職先の候補となり、以前に比べて就職しやすく人気の職業となっています。

全国で需要がある
なお、都心や地方に違いはなく、地方に住んでいるから就職しにくいといったことはなく、どの地域でも需要のある仕事です。

登録販売者の待遇面はどのようなもの?

登録販売者は売り手市場のため、待遇面も比較的よい傾向にあります。
就職1年目の登録販売者でも年収300~400万円ほどで、パートやアルバイトの場合、1,030円から1,200円が相場となります。

福利厚生もしっかりしており、休みも週休二日のところが多く、とても働きやすい環境となっているようです。
大手の会社の場合、ボーナスなども高い傾向にあるため、比較的安定した生活が送れるでしょう。

就職活動はどのようにおこなうのがよい?

就職活動については、方法はいくつかありますので、そのなかから一例をあげてみます。

求人サイトや雑誌を利用
まずは、求人サイトや求人雑誌などがあります。
この方法は最もオーソドックスな方法で、長い間、多くの人々が利用する方法です。
登録販売者の求人は比較的多いため、有効な方法です。
求人情報を、給料や待遇などを比較しながら探すことができます。

店舗で確認する
また、もし近くに薬局やドラッグストアがあるなら、店舗に直接行くのもよいでしょう。
求人を募集している店舗なら、求人の張り紙がされていることがあります。

転職エージェントを利用
最後に、転職エージェントの利用です。
エージェントであれば、利用者に合った求人を探してきてくれますし、相談も親身に乗ってくれます。
一人ひとりの希望をしっかりと反映させた就職先を見つけてくれますので、自分で求人を探すよりも安心でしょう。
最近では、登録販売者に特化した転職エージェントもありますので、このようなサービスの利用も1つの手段です。

自身にあった就職活動方法を見つけて利用するとよいでしょう。

>> 登録販売者の仕事内容はこちら

就職先が決まったら【登録販売従事登録】の申請が必要!

就職先が決まったら、次はいよいよ働くための登録販売者販売従事登録が必要になります。
そうはいっても、登録販売者販売従事登録のどのようにおこなうのか知らない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、登録販売者販売従事登録の手順や必要なものについてご紹介します。
事前にしっかり確認しておきましょう。

登録販売従事登録の手続きは就職先が決まったら!

よく勘違いされる方が多いのですが、登録販売者販売従事登録は、就職先が決まってからではないと登録できません>
試験に合格してすぐに登録しようとしてもできないので、忘れないように覚えておきましょう。
試験に合格したら、まずは就職先をしっかりと決め、就職先が決まったあとで、登録販売者販売従事登録となります。

登録販売従事登録の申請先は?

登録販売者販売従事登録の申請先もしっかり覚えておく必要があります。
申請先は、勤務先のある都道府県で申請する必要があります。
よく、試験を受けた都道府県と勘違いをする方がいますが、勤務先がある都道府県ですので注意しましょう。

登録時に必要なもの

申請する際に、必要な書類がいくつかあります。
必要な書類を以下にリストアップします。

・登録販売者販売従事登録申請書
・登録販売者の合格通知書
・戸籍謄本
・病院の診断書
・雇用証明書
・登録手数料

申請書については、各都道府県のサイトや保健所で入手ができます。
戸籍謄本や診断書は準備するまでに時間がかかるので、就職先が決まったらなるべく早めに準備するようにしましょう。
登録手数料については、都道府県によって異なりますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

申請・登録の手順は?流れを解説!

試験に合格したあと、登録販売者として就業するまでにおこなわなければいけない申請から登録までの手順を見ていきましょう。

(1)合格通知書の確認
まず、試験の合格発表後に合格通知書が届きます。
およそ合格から1ヶ月前後で届きますので、慌てずに待ちましょう。
合格通知書が手元に届いたら、同封されている合格通知書の受領証を確認します。
受領証は必要事項を記入し、返送しなければいけません。

(2)就職を希望する企業との採用面接
登録販売者として販売従事登録をする際には、勤務先が所在する都道府県に対して申請する必要があります。
あらかじめ就職したい企業との面接をしておき、就職を決めておきましょう。

(3)販売従事登録申請をおこなう
合格通知証に同封されている販売従事登録申請書に必要事項を記入して申請をおこないます。
万が一、販売従事登録申請書を紛失した場合は、各都道府県のホームページ、もしくは保健所で入手しましょう。
申請に必要な書類は複数ありますので、不備のないよう事前に確認しましょう。

(4)販売従事登録証の交付
申請書の提出から、およそ2週間ほどで販売従事登録証が交付されます。
注意点として、販売従事登録には手数料がいることを覚えておいてください。
各都道府県により異なりますが、約1万円前後かかります。

(5)勤務先の地域を管轄する保健所で登録をおこなう
はじめて登録する際には、勤務先の地域で登録をおこないます。
一度販売従事登録をすれば、以降は他の都道府県でも申請せずに一般用医薬品の販売業務従事が可能になります。

販売従事登録の期限
この販売従事登録ですが、販売従事登録証の交付後であれば期限は気にせずおこなえます。
登録販売者として働く予定がないのであれば、急がなくても構いません。
登録販売者として勤務するうえでは必須となる手続きですが、現在は期限が設けられておらず、自由に登録日を決めることができるようです。

注意すべき点
しかし、注意点として、販売従事登録証交付から登録販売者の求人応募までの期間が空きすぎると、採用される確率が低くなる恐れがあるそうです。

まとめ

ここまで登録販売者について紹介してきました。
登録販売者は人気の高さに加え、近年薬を取り扱うお店が増えているのでニーズが高まっている職業です。

まとめると
・登録販売者になるには、登録販売者試験の合格と販売従事登録が必要
・販売従事登録は、就職先が決まってから
・申請の際には、必要な書類がある
となります。

登録販売者は、求人も多く給料もよいのでおすすめの職業です。
登録販売者になるにはまず、資格試験に合格する必要があります。
しっかり勉強して、資格試験をクリアしていきましょう。
合格さえすれば、あとは自分の希望する職場を探すだけです。

>> 登録販売者の試験について
>> 登録販売者の通信講座を探す
登録販売者のスクール・通学講座を探す(神奈川 / 静岡 / 長野 / 東京都区内 / 千葉
>> その他のエリアで登録販売者のスクール・通学講座を探す

監修者プロフィール

この記事を監修したのは

石川 達也 氏

登録販売者講師:石川 達也

埼玉県生まれ。
登録販売者受験対策・薬膳・漢方医学教育の日本統合医療学園にて教務部長を務める。・・・ [続きを読む]

登録販売者の資料請求

通信講座から探す 都道府県から探す
  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
九州・沖縄

さらに詳しく

最新情報

登録販売者の関連資格
医療事務 介護事務(ケアクラーク) 看護師 調剤事務 歯科助手 登録販売者 歯科衛生士 歯科技工士 看護助手 医師事務作業補助者 臨床検査技師

おすすめスクールレポート