資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)

医薬品登録販売者試験の難易度と合格率

登録販売者の資格が欲しいけどすぐに合格できるような試験なのかと気になる人も多いでしょう。合格率はとても高いとは言えませんが、恐れるような試験ではないのが登録販売者の試験です。合格ラインや薬剤師国家試験との難易度の違いなどもご説明します。

関連特集

医薬品登録販売者試験の難易度と合格率 登録販売者試験の合格率は40.6パーセント

登録販売者試験の合格率は、2015年の東京都の場合で40.6%です。都道府県によって試験内容や合格率が変わる試験です。合格率だけで見るとそう簡単な試験ではないように思えますが、対策をしっかりしておけば合格できる試験だと言えます。

登録販売者試験の内容は、医薬品に関する知識を問われるものが大半を占めています。「医薬品に共通する特性と基本的な知識」「人体の働きと医薬品」「主な医薬品とその作用」「薬事関係法規・制度」「医薬品の適正使用・安全対策」といった項目がある試験で、医薬品に対する興味がある人であれば合格しやすいと言えるでしょう。堅苦しい内容のようにも思えますが、「健康」に関する分野に興味がある人にも実はおすすめの資格です。

登録販売者試験の合格ライン

登録販売者試験の合格ラインとしては、2つの基準があります。
まず1つ目は、全ての問題のうち合計して7割をとらなくてはならないという基準です。2つ目は、前述した各項目の点数を、それぞれ3.5割以上または4割以上(各都道府県によって違います)とらなくてはならないという基準です。この2つの基準に当てはまった人が合格者ということになります。 この点について考えると、全ての項目をまんべんなく勉強することが合格のポイントということになるでしょう。また、合格基準に関しては、試験が行われた後に公表されることになっているので、今後変更もあり得ます。

なお、登録販売者の試験は、都道府県によって問題内容や実施時期が違いますので、複数の県の試験をかけもちで受験できる試験です。東京都にあるお店に働く予定があっても、他の県で合格した実績でも有効になります。

他資格との難易度の違い

薬剤師も医薬品を販売できる資格です。薬剤師になるためには、大学の薬学部を卒業して更に国家試験を受けなくてはなりません。国家試験の合格率は、63.17%です。難易度は高く、大学を卒業しても全員が受かる試験ではありません。しかも大学の薬学部は6年制で、誰でも入学できるというわけではありません。しかし登録販売者は、特別な学歴や実務経験がない人でも合格できる試験であり、薬剤師の国家試験ほどの難易度はない試験です。
登録販売者の資格は薬剤師の人手不足を補う資格であるという説もあるぐらいですから、登録販売者と薬剤師は、仕事が重なっている部分もあります。薬剤師に興味がある人は、ぜひこの登録販売者という資格にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

一発合格に向けて

前述したように、登録販売者の試験に合格するためには、出題範囲の全てをまんべんなく、ある一定のレベル以上理解していなくてはなりません。独学でそれをする人もいますが、通信講座を利用するのもおすすめです。なぜなら、通信講座は効率良く学べるようカリキュラムが工夫されているものが多いからです。テキストが分かりやすく編集されていたり、講義DVDが付いているものもあったりします。また、質問票などで講師に分からない部分をたずねることができるシステムが付いているものがほとんどなので、通信講座でも安心です。

一発合格のためには問題演習がとても大事ですが、問題集もだいたいの講座に付いています。繰り返し解いて、解説まで自分のものにすることが合格のポイントです。

登録販売者講座・スクール比較 働きながら登録販売者資格を取得できる? 働きながら取得できる?

登録販売者の資格は、ドラッグストアや薬局で働いている人がスキルアップのために働きながら取得する例も多いです。資格取得のための講座も、働いている人が無理なく勉強を続けられるようにカリキュラムが組まれていることが多いと言えます。自分の都合が良い時間を選んで勉強できる通信講座はもちろんのこと、通学講座でも、完全に働いている人向けの講座になっていることがあるでしょう。

このように、登録販売者の資格は、働きながら取得するのが一般的な資格だと言えます。ドラッグストアなどで働いている場合でも、医薬品に関しては初心者であることが多いでしょう。そうした方のための講座も多いので、安心して勉強が始められます。

おすすめの勉強方法は?

登録販売者資格を取得するための講座は、医薬品の知識がない人でも勉強をはじめられるカリキュラムが整っています。また、登録販売者になるには特別な学歴や実務経験は必要ありませんので、比較的初心者が挑戦しやすい資格だと言えます。

勉強方法としておすすめなのは、過去問題集や問題集を繰り返し解くことです。解説まで読み込み自分のものにすることで実力がついてきます。登録販売者の試験は、過去問の類似問題が多く出題されています。出題範囲もはっきりとしているのですから、比較的挑戦しやすい試験なのです。
合格率は2015年の東京都の場合で40.6%と決して高くないですが、きちんと勉強しておけば通る試験だと言えます。

振り替えなどの制度について

通学コースのある三幸医療カレッジでは、平日コースと日曜コースなど日程も多数組まれています。そして仕事などで都合が悪かった場合に他の曜日で振り替え受講が可能です。更に、重複して同じ内容の講義に参加が可能なので、苦手な分野の講義を複数回受けるなどの対策が可能になっています。通信講座では自分のペースで学習ができるので、勉強する曜日や時間も自由に設定できるでしょう。
早朝にやるのか、または仕事から帰ってから勉強するのか、休日を利用するのかなど、合格までのスケジュールをたてながらどこで時間を捻出するのか考えてみるのもおすすめです。

働きながら取得する人が多数なのだということを考えれば、そう恐れることはない試験だと言えます。

一人で勉強する時のコツ

通信講座を利用する場合、自宅で一人で勉強することが多いでしょう。一人で勉強していると、行き詰まることもありがちです。そんな時は、通信講座などの質問システムを利用して講師に質問してみましょう。そうすることで励ましが得られたり、行き詰まりを打破することができます。また、最初から無理のないスケジュールを立てるのも大事です。試験日から逆算して、どれくらいの期間にどれだけの量の勉強をしたらよいのか割り出し、おおまかにでもスケジューリングしていきましょう。なお、同じ資格試験を受ける仲間がいれば励まし合えるので勉強はしやすくなります。

社会人だと、なかなか思ったようにまとまった時間がとれないことが多いですが、細切れでも一日に何回も勉強すれば気がつくと結構進んでいることはあるものです。30分でも時間がとれれば勉強時間に当ててしまいましょう。30分を3回やれば、1日1時間半の時間がとれることになります。

登録販売者講座・スクール比較 登録販売者講座の受講の流れ 講座内容

登録販売者の試験は、「医薬品に共通する特性と基本的な知識」「人体の働きと医薬品」「主な医薬品とその作用」「薬事関係法規・制度」「医薬品の適正使用・安全対策」といった出題範囲があります。合格のためには、この中のどの項目も、まんべんなく勉強する必要があります。試験勉強のための講座には、通信講座と通学講座がありますが、そのどちらもこれらの項目をしっかりと勉強できるような工夫がされています。

合格のために重要である問題演習もしっかりとできるようになっているものが多く、それらを何回も繰り返し解き解説まで読み込むことで、自分のものにすることができます。資格取得後には就職・転職サポートが受けられる講座もあります。

教材・カリキュラム

登録販売者の講座は、テキストが分かりやすく工夫されているものが多いです。専門用語が多い分野なので、分からない言葉があったら調べられるよう、用語集が付いているものもあります。その他、講義が収録されたDVDで勉強できるものもあります。添削指導が無料で受けられるものや、質問票などを通して講師に質問できる講座もあります。問題集は、過去問題集とともに付いているものが多いです。

マナーや接遇についても含まれている講座もあり、自分に合った講座を選べます。まずテキストや講義DVDを通して知識を頭に入れた後に問題演習をするという流れが多数でしょう。インターネットの動画視聴という方法で講義が受けられるものもあります。

費用目安

講座にかかる費用は、通信講座で3万円台から4万円台です。通学講座ですと例えば三幸医療カレッジの場合5万円台です。分割払い制度があったり、クレジットカードが使えたりする場合もありますので、資料をとりよせてみましょう。また、登録販売者の講座は、教育訓練給付制度の指定講座になっている場合が多いです。ある期間雇用保険に入っていたことがあるなど一定の条件を満たしていれば受講料の最大20%が戻されるという仕組みです。

教育訓練給付制度については、講座を運営する会社に問い合わせてみるのもおすすめです。また、講座の中には、合格しなかった場合に返金してもらえる講座や、講座の受講期間を延長してくれるものもあります。

学習期間

通信講座なら最短で3ヶ月の勉強を経て合格を目指すことができます。また、1ヶ月半ぐらいで全部の講座が終わる通学講座もあります。通信講座の中には、約8ヶ月という長い期間を経て合格を目指すものもあり、こちらは一日1時間の勉強時間が目安です。一日のうちでどれくらい勉強時間を捻出できるのか、またどれくらいの期間で合格を目指したいのかということを念頭に置いて講座を選ぶのもおすすめです。

通学講座は、全国どこでも開かれているというわけではないですが、通信講座ならどこに住んでいても勉強ができます。自分のペースで学びたいのか、また実際の講義を受けながら学びたいのかによっても選ぶコースが違ってきます。

登録販売者の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 関東

最新情報

おすすめスクールレポート