資格・講座の検索サイト。無料で一括資料請求が可能

お電話からの資料請求0120-789-760(9時から21時)掲載のお問い合わせ

介護福祉士実務者研修を受講する際の「服装」について紹介します!

介護福祉士実務者研修を受講する際に気になるのが、どのような服装で参加すべきかということです。通信で学ぶ期間は気にする必要はありませんが、通学で学ぶ期間はそうもいきません。スクールからの指示がなければ、受講者が自分なりに相応しい服装を考えなければなりません。
そこで今回は、実務者研修を受講する上で相応しい服装、避けるべき服装はどのようなものか、服装選びで留意すべき点は何かについて紹介したいと思います。参考にしてみてください。

公開:2019-12-02 17:47 (最終更新:2019-12-10 12:58)

介護福祉士実務者研修を受講する時はどんな服装が良いの?

実務者研修(介護福祉士養成)_clothes

演習などがある日は、動きやすい服装を心掛ける!

通学課程の実務者研修には座学と演習があります。当日の授業内容が座学か演習かによって適切な服装は異なります。
研修が座学で行われる場合、学ぶものとして相応しくないものでなければ、学生のようなカジュアルな格好でOKです。研修だからといってスーツを着る必要はありませんし、着てくる人もほとんどいません。逆にスーツを着ていると周囲から浮いてしまって、気になって研修に集中できない可能性があります。

演習の日もカジュアルな格好でOKですが、動きやすさを最優先に服装選びをしてください。介護の現場では日常生活では行わない動作や作業を行います。スムーズに体を動かせないと、介護に支障をきたします。例えば上はポロシャツやトレーナー、下はストレッチパンツやスラックス、靴はスニーカーなどが良いでしょう。

もう一点心掛けるポイントは清潔さです。現役で働いている介護福祉士や看護士の姿を思い出してください。派手な配色の服装や、汚れた服装で現場に立つ人はいないはずです。健康な人に比べ、要介護者は心身が弱っています。不快な思いをさせ、病気の原因になるような服装は相応しくありません。研修とは言え、清潔さに配慮した服装を心掛けましょう。

実務者研修講座・スクール比較

介護福祉士実務者研修を受講する時にNGとされている服装やアクセサリー、注意点は?

高齢者の方の体を傷つけてしまうようなものなどはNG!

要介護者の体を傷付けてしまう可能性がある服装はNGです。フードがある上着や紐が付いているものは、介護の際に何かを引っ掛けてしまい思わぬ事故につながる可能性があります。また、介護に不要なアクセサリーも避けるべきです。ネックレスや指輪、時計などは外すべきですし、ヘアピンも付けない方が無難です。
また、動きにくい服装もNGです。伸縮性にかけ、介護の動作を妨げるデニムや、上半身にぴったり張り付くような上着は避けましょう。ヒールのある靴は履かないことはもちろんのこと、スニーカーでも厚底のものは避けるべきです。
介護の動作に力が入らなかったり、思わぬタイミングで脱げたりするクロックスやサンダルもやめましょう。

その他、要介護者に不快な思いをさせるものも全般的にNGです。香水や香料の入った整髪料なども不可です。要介護者が不快な思いをすることに加え、要介護者の体調変化に起因する微妙な匂いの変化に気付けなくなります。また、不快感を与える露出の多い服装、ヒョウ柄や黒色など衣服の汚れに気付きにくい服装も避けるようにしましょう。頭髪は短めにする、長い場合は邪魔にならないように縛る、爪を短く切っておくなどの配慮も必要です。

演習の段階では高齢者の方はいないので、「そこまで神経質にならなくても良いのでは」と思うかもしれません。しかし、演習の段階からこうした配慮をすることは、より良い介護人材に必要な心構えを形成してくれます。

実務者研修講座・スクール比較

さらに詳しく

実務者研修(介護福祉士養成)の資料請求

  • 地域を選択
  • 講座を選択
  • お届け先を入力
通信講座 都道府県から探す 北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

最新情報

実務者研修(介護福祉士養成)の関連資格
介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級) 介護福祉士 ガイドヘルパー(移動介護従事者) 実務者研修(介護福祉士養成) 同行援護従業者養成研修 行動援護従業者養成研修 喀痰吸引等研修 認知症ケア 認定介護福祉士

おすすめスクールレポート